便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


「 腸内環境について 」 一覧

パンツを脱いで寝ると腸が活性化し便秘も解消!やせやすい体に

2018/05/09   -腸内環境について

腸が活性化してやせやすい体になる! パンツのゴムの締めつけにより、自律神経の働きがおかしくなります。すると、腸の調子が乱れて、腹痛や便秘、下痢などが起こってきます。さらに、胃潰瘍や潰瘍性大腸炎の引き金 …

パンツをはいて寝ると自律神経のバランスが崩れる

睡眠障害はストレスから引き起こされる 五輪橋産婦人科の丸山淳二先生は、20年ほど前から、「脱パンツ睡眠」を提唱してきました。これは、下着を身につけずに眠る健康法です。 「寝つきが悪い」「眠りが浅い」「 …

腸のバリアを正常化すれば免疫反応が改善しアトピー・リウマチを撃退

2018/05/02   -腸内環境について

かゆみと赤みのひどいアトピーが改善 機能性医学の見地から、ナグモクリニックで今注目しているのは、「隠されたアレルギー」です。普通のアレルギーなら、アレルギー原因に即座に反応して、じんましんや下痢などの …

免疫に関係した症状の改善においては、「腸のバリア」の正常化が基本

2018/04/30   -腸内環境について

腸のバリアの異常がアレルギー反応を招く ナグモクリニック アンチエイジング外来では、対症療法だけでは治りにくい慢性疾患に対して、「機能性医学」という治療方針を提唱しています。患者さんそれぞれの病因を探 …

腸にとどまった硬い停滞便を押し出す腸内環境を作る

2018/01/11   -腸内環境について

弛緩性便秘では水分の補給も肝心 少食に陥ることで、腸を刺激してぜんどう運動を促したり、便のカサを増やしたりする働きのある食物繊維が足りなくなれば、便秘は悪循環に陥ってしまいます。 また、少食による水分 …

過度の清潔志向が便秘や腸内環境を悪くする原因に

過度の除菌・抗菌で病気を招きやすくなる 最近になってようやく、「腸内環境」の重要性が、一般の人たちの間でも広く認識されるようになりました。実際に、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えると、腸内環境が悪化し …

「下痢のときは水分の摂取を控えたほうがいい」は間違い

食事やストレス、病気など下痢の原因は多様 よく悩ませるおなか不調としては、便秘とともに下痢があります。 小腸で栄養分が吸収された食べ物の残りカスは、さらに大腸で水分が吸収されて便になります。その一方で …

便秘の漢方薬は、効きめが緩やかで副作用も少ないわけではない

服用後に腹痛や下帝を起こすこともある 医療の現場では、さまざまな場面で漢方薬を使うことが増えています。漢方薬は、その人の体質・病状・現れている症状などから病気を総合的に判断し、いくつもの生薬(植物や動 …

便秘改善のために下剤を常用するとクセになってしまう

下剤の常用で便秘を悪化させる人が多い 便秘がなかなか改善しないと、つい下剤に頼って排便を無理に促してしまう、という人はいます。そんな人は要注意です。便秘外来を受診する患者さんの中にも、下剤を常用してい …

自分の腸と相性がいい乳酸菌を見つけることが便秘の解消には重要

死んだ乳酸菌は腸内の乳酸菌のエサとなる 便秘と無縁の腸内環境を整えるには、善玉菌を増やして悪玉菌を抑えるのが重要です。そのためには、善玉菌の援軍となる乳酸菌を積極的にとりたいものです。 最近では、ヨー …

PR