便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


「 便秘を改善する運動・動作 」 一覧

腹式呼吸は吐く時間を吸う時間の2倍にする

半身浴をすると腸の働きが改善する 腹式呼吸はおなかをふくらましたり引っ込めたりして空気を出し入れするため、胸式呼吸に比べて腹筋をよく使います。 ヨガの呼吸法では、吸うよりも吐く時間が長くなっています。 …

朝ゆったりとした時間を持つことが、快便につながる

朝食をとるとさらに効果的 便意は、リラックスした状態になって、はじめて起こるようにできています。ですから、朝、1分1秒を争っているときには、便意は起こりにくいのです。 朝少し早く起きて、朝食を食べて、 …

歩くことで腹筋が鍛えられ排便力が増す

こまめに掃除することも効果あり 腹筋力は便を押し出すために重要なものですが、歩くことでも腹筋が鍛えられます。さらに、血液循環がよくなったり、気分がリフレッシュしたりしてきます。また、中高年の人が気にな …

肛門の締まりをよくするエクササイズ「肛門しぼり」のやり方

①両足を肩幅に広げ、やや内またぎみにして、背すじを伸ばし、まっすぐ立つ。両手で握りこぶしを作り、左右の腕を胸の前で交差させる。 ②肛門とへそ下7cmにあるツボ「丹田(たんでん)を意識して、深く息を吸い …

肛門を締めるエクササイズ「肛門しぼり」で尿失禁まで改善!

ヨガと空手の名人の教えから考案! 肛門しぼりは、呼吸に合わせて、肛門を締めるエクササイズです。 新宿大腸クリニックの後藤先生が、肛門しぼりを考案するに至ったのには、二つのルーツがあります。 一つは、日 …

便もれを改善し肛門の締まりをよくするエクササイズ「肛門しぼり」

だれにも相談できず、一人で悩みを抱え込んでいる 新宿大腸クリニックには、便秘や下痢など、さまざまな排便の悩みを抱えた人が来院します。そのなかで、近年急速にふえているのが、便もれ(便失禁)についての悩み …

1日に1回「うつぶせ寝」するだけで、おなかにたまったガスが排出される

まんべんなくマッサージできる そんなガス腹に悩む患者さんに、東邦大学の瓜田先生がいつも勧ているのが、1日に1回「うつぶせ寝」をすることです。 やり方は簡単で、10分ほど、床の上でうつぶせに寝た姿勢を保 …

腸内にガスがたまると、腸のぜん動運動が妨げられ、便秘や下痢などを引き起こす

腸内のガスをうまく排出できないとガス腹に 皆さんは、おなかが張って苦しいという、ガス腹の経験をしたことがありませんか。 腹の中には、健康な人でも常に200mlくらいのガスがたまっています。それらのガス …

パンツをはいて寝ると自律神経のバランスが崩れる

睡眠障害はストレスから引き起こされる 五輪橋産婦人科の丸山淳二先生は、20年ほど前から、「脱パンツ睡眠」を提唱してきました。これは、下着を身につけずに眠る健康法です。 「寝つきが悪い」「眠りが浅い」「 …

「腕もみ」をしたら胃腸がとてもスッキリしてお通じが快調

自分でできる対処法として紹介された 東京都にお住いの田中里香さん(仮名・35歳・会社員)は、胃腸の働きがもともとあまり活発ではないようで、以前から、胃が少しもたれた感じがすることがありました。また、お …

PR