便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘について 便秘を改善する運動・動作

朝ゆったりとした時間を持つことが、快便につながる

投稿日:

朝食をとるとさらに効果的

便意は、リラックスした状態になって、はじめて起こるようにできています。ですから、朝、1分1秒を争っているときには、便意は起こりにくいのです。

朝少し早く起きて、朝食を食べて、しばらくゆっくりした時間を作ると、便意をもよおしてきます。時間がないときは冷たい水を飲むだけでも腸のぜん動運動を起こす効果がありますが、朝食をとるとさらに効果的です。

そうやって、ダメモトでもトイレに座ってみてください。「朝食後にトイレに座ったら、出る」という自己暗示ができれば、しめたものです。

 

 

-便秘について, 便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

便秘と下痢をくり返す場合にも「腸ゆらし」が有効

毎日1~2回便通がある! ねじれ腸が原因の混合型過敏性腺症候群の場合は、便秘と下痢をくり返します。排便時に痛みを伴い、これは、ねじれた部分に引っ掛かって、栓のようになっていた硬い便が出ると、つかえてい …

「腕もみ」をしたら胃腸がとてもスッキリしてお通じが快調

自分でできる対処法として紹介された 東京都にお住いの田中里香さん(仮名・35歳・会社員)は、胃腸の働きがもともとあまり活発ではないようで、以前から、胃が少しもたれた感じがすることがありました。また、お …

その便秘は骨盤のゆがみが原因かも?「骨盤タオル」でゆがみを改善

骨盤のゆがみを調整するのに効果的なエクササイズ 便秘は、さまざまな要因によって引き起こされます。運動不足や、食生活の偏り、ストレスなどー。その中で、一般的にあまり知られていないのが、骨盤のゆがみです。 …

ねじれた腸が原因の便秘を治す「腸ゆらし」のポイント

驚くほど大量の便が出た 「腸ゆらし」は、ねじれ腸が原因の便秘の解消に大変有効です。実は、考案した横須賀・久里浜医療センター内視鏡部長の水上健先生も腸ゆらしの効果を実感した一人。 水上先生は、もともと便 …

健康雑誌の記者も体感!便秘解消に効果のある「顔もみ」

やっと排便してもいつも残便感がある 過敏性腹症候群という病気の名前は、テレビや新聞などで、皆さんもしばしば耳にしたことがあるでしょう。 過敏性腸症候群は、ストレスなどが原因で、慢性的な下痢や便秘、腹痛 …

PR