便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘について 便秘を改善する運動・動作

朝ゆったりとした時間を持つことが、快便につながる

投稿日:

朝食をとるとさらに効果的

便意は、リラックスした状態になって、はじめて起こるようにできています。ですから、朝、1分1秒を争っているときには、便意は起こりにくいのです。

朝少し早く起きて、朝食を食べて、しばらくゆっくりした時間を作ると、便意をもよおしてきます。時間がないときは冷たい水を飲むだけでも腸のぜん動運動を起こす効果がありますが、朝食をとるとさらに効果的です。

そうやって、ダメモトでもトイレに座ってみてください。「朝食後にトイレに座ったら、出る」という自己暗示ができれば、しめたものです。

 

 

-便秘について, 便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

対策を怠れば便秘は難治化の一途をたどります

腸の働きが低下して排便がスムーズにできなくなる 日本中で便秘に悩んでいる人は、約660万人(平成19年度国民生活基礎調査)といわれ、自覚していない人も含めると便秘人口は1000万人を超すのではないかと …

股関節回しで便通が正常になりポッコリおなかも解消

股関節回しで足のしびれも解消した静岡県 37歳 会社員 女性の方の体験談です。 ひどい便秘と下痢にに苦しめられてきた 私は、24歳のときに出産しましたが、それがきっかけとなって、ひどい便秘に悩まされる …

落下腸の人の便秘を改善する方法「腸戻し」のやり方

立つと下腹が出る人は要注意 ねじれ腸の患者さんがへった一方で、2014ごろからふえてきたのが、やはり重症便秘である「落下腸」の患者さんです。落下腺は、ねじれ腸に有効な大腸ゆらしも、運動も、あまり効きま …

便秘と下痢を繰り返すときは

急に便秘が始まった場合は要注意 下痢と便秘を繰り返す場合には、次の3つの原因が考えられます。 ・根底に便秘がある場合…便秘をすると直腸に硬い便がたまり、それより手前の腸で水分吸収できなくて、便が水っぽ …

健康雑誌の記者も体感!便秘解消に効果のある「顔もみ」

やっと排便してもいつも残便感がある 過敏性腹症候群という病気の名前は、テレビや新聞などで、皆さんもしばしば耳にしたことがあるでしょう。 過敏性腸症候群は、ストレスなどが原因で、慢性的な下痢や便秘、腹痛 …

PR