便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘について 便秘を予防するために

肉類を好んで食べる人は便秘をしやすくなる

投稿日:

毎日排便があっても悪玉菌が多くなっていることが

近年、便秘や大腸がん、大腸ポリープなどの腸の病気が急増していますが、これは肉食を中心とした欧米風の食生活が原因していると考えられています。肉食をすると動物性脂肪をたくさんとりやすくなります。

そうすると、膵臓で作られる脂肪を分解する酵素の製造が間に合わなくなって、消化不良のままで大腸まで届くことになります。そうやって十分に消化されていない脂肪が大腸に入ってくると、腸内に悪玉菌が多くなって、便秘をしやすくなります。

肉類を好んで食べるという人は、毎日排便があっても悪玉菌が多くなっていることがあります。乳酸菌や食物繊維の多い食事で、腸内環境を善玉菌優位に保ってください。

果物ではパパイアが便秘に効いた人がいるということですが、トロピカルフルーツに特有のタンパク質分解酵素の働きによって、消化がよくなったのかもしれません。

 

 

-便秘について, 便秘を予防するために

執筆者:

関連記事

便秘の人は便や体臭ににおい物質が大量発生する

便秘の人はくさい便やオナラになる 便、オナラ、息や汗のにおい。こうした体のにおいの大本は、腸でつくられます。 腸では、食べたもののカスが腸内細菌によって分解され、その際に、におい物質を発生します。炭水 …

「うんこ」をチェックすることで、腸の健康度がわかる

小腸を大腸のように変形させることができる 消化器外科医師の石井洋介先生は、中学3年生のころ、何度か血便が出たのですが、なんだか怖くて、黙っていました。すると高校生になってすぐ、治療法がない難病の潰瘍性 …

油はどんなものをとったら便秘によいのか?

魚の油やオリーブオイルをとる 便秘にいいのは、乳酸菌に食物繊維が代表格ですが、盲点なのが「油分」です。結局はバランスのよい食事にかぎるのですが、良質の油分をとってください。 便秘だからといって必死で食 …

子宮内膜症と便秘

2~5年に一度の大腸内視鏡検査も 子宮内膜症は、20~40代の月経のある女性に多い病気です。月経のある女性の数%から10%が子宮内膜症ではないかと推測されています。 本来なら子宮の内側(子宮内膜)にで …

便秘解消に役立つ2つのトレーニングとマッサージ

普通の運動では刺激されない大腸 便秘解消のためには、運動やマッサージで、物理的に外から腸を刺激するのも大事です。 腸は、刺激を受けると、それに反応します。朝一杯の水を飲むと、胃に入った水の重みで腸が刺 …

PR