便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

歩くことで腹筋が鍛えられ排便力が増す

投稿日:

こまめに掃除することも効果あり

腹筋力は便を押し出すために重要なものですが、歩くことでも腹筋が鍛えられます。さらに、血液循環がよくなったり、気分がリフレッシュしたりしてきます。また、中高年の人が気になる血圧や血清脂質などを安定させたり、骨密度を増やしたりします。

誰でも安全に、思い立ったらすぐにできることも魅力です。1日1時間くらい歩くように心がけましょう。掃除などの家事でも腹筋を使いますから、こまめに掃除することも便秘解消に役立ちます。

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

朝ゆったりとした時間を持つことが、快便につながる

朝食をとるとさらに効果的 便意は、リラックスした状態になって、はじめて起こるようにできています。ですから、朝、1分1秒を争っているときには、便意は起こりにくいのです。 朝少し早く起きて、朝食を食べて、 …

腸内にガスがたまると、腸のぜん動運動が妨げられ、便秘や下痢などを引き起こす

腸内のガスをうまく排出できないとガス腹に 皆さんは、おなかが張って苦しいという、ガス腹の経験をしたことがありませんか。 腹の中には、健康な人でも常に200mlくらいのガスがたまっています。それらのガス …

股関節回しで便通が正常になりポッコリおなかも解消

股関節回しで足のしびれも解消した静岡県 37歳 会社員 女性の方の体験談です。 ひどい便秘と下痢にに苦しめられてきた 私は、24歳のときに出産しましたが、それがきっかけとなって、ひどい便秘に悩まされる …

快便のツボマッサージのやり方

8秒かけて息を吐くときに指で押しもむ リラックス呼吸の後、便が溜まりやすい右下わき腹・右の肋骨の下あたり・左の肋骨の下あたり・左下わき腹の順に、刺激していきます。この順番は決まっていて、大腸を通る便の …

「足の三里」と呼ばれるツボの刺激が機能性便秘を改善する

ウサギのふんのようなコロコロ便にも効果大 便秘とは、その人の健康時に比べて、排便回数が減少し、水分が少なくかたい便を排出する状態を指します。また、残便感や腹部膨満感などの不快な症状を伴います。とはいえ …

PR