便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘について

子宮内膜症と便秘

投稿日:

2~5年に一度の大腸内視鏡検査も

子宮内膜症は、20~40代の月経のある女性に多い病気です。月経のある女性の数%から10%が子宮内膜症ではないかと推測されています。

本来なら子宮の内側(子宮内膜)にできるはずの細胞が、体のあちこちで発生して活動し、そのために痛みや出血などが起こります。子宮内膜症が発生しやすい部位は、おもに骨盤の内部で、腹膜や、腸・卵巣・子宮などの臓器の表面などによくできます。

子宮内膜症になると、臓器同士が癒着(くっつくこと)しやすくなります。腸が癒着すると腸の動きが悪くなって、便秘が起こります。また、直腸に子宮内膜症が起こると、月経時に下痢をしやすくなります。

なお、腸の検査は、年に一度の便潜血検査に加えて、2~5年に一度、大腸内視鏡検査か注腸エックス線検査を受けておくとよいですね。

 

 

-便秘について

執筆者:

関連記事

便秘のかげに重大な病気が隠れていることもある

アレルギー疾患が起こりやすくなる 大腸がんや大腸ポリープなどの腸の病気や、子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科の病気、甲状腺機能の異常、神経疾患などのために便秘が起こることがあります。大腸に憩室(けいしつ …

「うんこ」をチェックすることで、腸の健康度がわかる

小腸を大腸のように変形させることができる 消化器外科医師の石井洋介先生は、中学3年生のころ、何度か血便が出たのですが、なんだか怖くて、黙っていました。すると高校生になってすぐ、治療法がない難病の潰瘍性 …

自律神経が乱れが便秘を起こす

腸のぜんどう運動を活発にする 便秘を解消するためには、腸内環境を整えることが重要です。では、そのために、どんなことが大事なのでしょう。 最も重要なポイントは、腸のぜんどう運動です。ぜんどう運動というの …

腹筋の衰えが便秘の発症に大きくかかわっている

内臓を支えてその働きを正常に保つ腹筋 高齢者に弛緩性便秘が起こりやすい大きな原因として、加齢による腹筋の衰えや腸壁の弾力性の低下があります。 高齢者の弛緩性便秘を解消に導くには、これらの原因を取り除く …

便秘を解消する水溶性の食物繊維

便が水分を含みスルッと出る 便秘を解消するには、毎日の食生活が重要です。それでは、便秘対策として勧められる食品はなんでしょうか。 まず、最初に取り上げたいのが、食物繊維です。食物繊維には、水に溶けない …

PR