便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

便もれを改善し肛門の締まりをよくするエクササイズ「肛門しぼり」

投稿日:9月 14, 2018 更新日:

だれにも相談できず、一人で悩みを抱え込んでいる

新宿大腸クリニックには、便秘や下痢など、さまざまな排便の悩みを抱えた人が来院します。そのなかで、近年急速にふえているのが、便もれ(便失禁)についての悩みです。

尿もれに比べ、便もれや便失禁という言葉は、あまり聞いたことがないかもしれません。

というのも、便もれの症状がある患者さんは、その大半がだれにも相談できず、一人で悩みを抱え込んでいるからです。便もれしているのは、自分だけと思い込む人もいるほどです。

しかし、日本では現在、便もれに悩む人が約500万人いるとされています。将来的にもっと多くの人が、便もれの悩みに直面すると予想されます。

便もれが起こる原因は、下痢や軟便、肛門括約筋の衰え、痔などの肛門の病気、神経障害などさまざまです。意外にも、便秘も便もれの原因となります。直腸にたまった便が硬くなり、肛門を押し広げて、硬い便と腸壁のすきまから便汁が出てしまうことがあるのです。

 

 

●40代でも肛門の締まりが緩い人がいる!

さまざまな原因のなかで、圧倒的に多いのは、肛門括約筋の衰えによるものでしょう。

消化器が専門の後藤先生は、これまでに4万人以上の患者さんに、腹の中を観察する内視鏡を肛門に入れる仕事をしてきました。内視鏡を入れる前に、肛門に指先を入れ、直腸を触診します。

その経験からいえるのは、70歳を過ぎても肛門がキュッと締まっている人もいれば、まだ40代なのに締まりが緩くなっている人もいるということです。

そして、肛門の締まりが悪い人に、便もれがないかと尋ねると、大半の人が「実は」と悩みを打ち明けてくれます。

便もれを改善するには、肛門括約筋を強化し、肛門の締まりをよくすることです。そこで、後藤先生は、肛門括約筋を鍛えて強化する「肛門しぼり」というエクササイズを考案しました。

→肛門を締めるエクササイズ「肛門しぼり」で尿失禁まで改善!

→肛門の締まりをよくするエクササイズ「肛門しぼり」のやり方

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

足の裏マッサージでリラックスした状態になり腸の動が活発に

男女問わず便秘に悩む皆さんにお勧め 女性は、男性に比べると便秘になりやすいものですが、特に出産後は、その傾向が顕著になります。産後は腹壁がゆるみ、腹圧が弱くなるうえ、慣れない育児や、不規則な生活による …

便秘解消やダイエットに効果がある「耳ツボ刺激」の具体的なやり方

食事の15分前がベストのタイミング 赤坂ビューティークリニック院長の青山秀和先生が、便秘解消と脂肪燃焼・ダイエットに効果的な耳ツボを紹介してくれます。 では、耳ツボ刺激の具体的なやり方をお教えしましょ …

便秘と下痢をくり返す場合にも「腸ゆらし」が有効

毎日1~2回便通がある! ねじれ腸が原因の混合型過敏性腺症候群の場合は、便秘と下痢をくり返します。排便時に痛みを伴い、これは、ねじれた部分に引っ掛かって、栓のようになっていた硬い便が出ると、つかえてい …

便秘の改善には有酸素運動が効果的

便秘改善のためには有酸素運動がおすすめ 便秘気味でヨーグルトなど試してみても、なかなか効果が出ないで太りはじめたりします。 ある人が、かかりつけの婦人科の先生に相談したら、「運動して全身を動かすと大腸 …

腹痛を伴う便秘に効果のある「腸ゆらし」の成果

なんでも試したがどれも効果はなかった ねじれ腸が原因の便秘の特徴は、腹痛を伴う便秘。これは、便秘型過敏性腸症候群の典型的な症状の一つです。ストレスが原因ではない場合に、「腸ゆらし」がよく効きます。患者 …

PR