便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

便もれを改善し肛門の締まりをよくするエクササイズ「肛門しぼり」

投稿日:9月 14, 2018 更新日:

だれにも相談できず、一人で悩みを抱え込んでいる

新宿大腸クリニックには、便秘や下痢など、さまざまな排便の悩みを抱えた人が来院します。そのなかで、近年急速にふえているのが、便もれ(便失禁)についての悩みです。

尿もれに比べ、便もれや便失禁という言葉は、あまり聞いたことがないかもしれません。

というのも、便もれの症状がある患者さんは、その大半がだれにも相談できず、一人で悩みを抱え込んでいるからです。便もれしているのは、自分だけと思い込む人もいるほどです。

しかし、日本では現在、便もれに悩む人が約500万人いるとされています。将来的にもっと多くの人が、便もれの悩みに直面すると予想されます。

便もれが起こる原因は、下痢や軟便、肛門括約筋の衰え、痔などの肛門の病気、神経障害などさまざまです。意外にも、便秘も便もれの原因となります。直腸にたまった便が硬くなり、肛門を押し広げて、硬い便と腸壁のすきまから便汁が出てしまうことがあるのです。

 

 

●40代でも肛門の締まりが緩い人がいる!

さまざまな原因のなかで、圧倒的に多いのは、肛門括約筋の衰えによるものでしょう。

消化器が専門の後藤先生は、これまでに4万人以上の患者さんに、腹の中を観察する内視鏡を肛門に入れる仕事をしてきました。内視鏡を入れる前に、肛門に指先を入れ、直腸を触診します。

その経験からいえるのは、70歳を過ぎても肛門がキュッと締まっている人もいれば、まだ40代なのに締まりが緩くなっている人もいるということです。

そして、肛門の締まりが悪い人に、便もれがないかと尋ねると、大半の人が「実は」と悩みを打ち明けてくれます。

便もれを改善するには、肛門括約筋を強化し、肛門の締まりをよくすることです。そこで、後藤先生は、肛門括約筋を鍛えて強化する「肛門しぼり」というエクササイズを考案しました。

→肛門を締めるエクササイズ「肛門しぼり」で尿失禁まで改善!

→肛門の締まりをよくするエクササイズ「肛門しぼり」のやり方

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

自然に便通が起こるようになった「指ヨガ」で不眠症も解消

スッと眠れる!耳鳴りも解消! Cさん(74歳・男性)は、体を引き締めたいという思いから、指ヨガを始めました。 指ヨガを開始するとまもなく、思わぬ効果を実感したそうです。 Cさんは、もともと寝つきが悪く …

久しぶりにスルリと便が出た!「指ヨガ」で便秘が改善した例を紹介

1分でスルリと快便!毎朝りっぱなバナナ便 指ヨガの魅力は、持と指を押し合うだけで、体のさまざまな症状や悩みが改善する点でしょう。やせた、ボディラインが美しくなった、ひざの痛み、腰の痛みが軽くなった、高 …

力を抜いて、ゆっくり息を吐く「便秘呼吸」で重症便秘が改善

便秘呼吸で残便感が消えた佐賀県 66歳 会社社長 男性の方の体験談です。 事故で腸を傷つけ慢性便秘で悩んでいた 私は、30代最後の年の事故で、腸を傷つけてしまいました。それ以来、慢性的に便が出にくく、 …

便秘に即効性あり!耳鳴りや高血圧も改善する「指ヨガ」

時と場所を選ばずに実行できダイエット効果も ヨガというと、「体がやわらかくないとできない、難しいもの」と思っている人が多いのではないでしょうか。 そもそもヨガは、5000年ほど前に、肉体や精神の鍛練を …

健康雑誌の記者も体感!便秘解消に効果のある「顔もみ」

やっと排便してもいつも残便感がある 過敏性腹症候群という病気の名前は、テレビや新聞などで、皆さんもしばしば耳にしたことがあるでしょう。 過敏性腸症候群は、ストレスなどが原因で、慢性的な下痢や便秘、腹痛 …

PR