便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

1日に1回「うつぶせ寝」するだけで、おなかにたまったガスが排出される

投稿日:

まんべんなくマッサージできる

そんなガス腹に悩む患者さんに、東邦大学の瓜田先生がいつも勧ているのが、1日に1回「うつぶせ寝」をすることです。

やり方は簡単で、10分ほど、床の上でうつぶせに寝た姿勢を保つようにすればいいのです。実は、小腸は複雑に折りたたまれているため、おなかを手でマッサージしても、なかなか刺激ができません。でも、うつぶせに寝るとおなかが圧迫されて刺激が小腸にまで伝わり、まんべんなくマッサージできるのです。

おなかを圧迫することが目的なので、うつぶせ寝は、やわらかいベッドの上よりも、畳やフローリングの床の上で行いましょう。そのとき、おなかの下に枕や、小さいゴムボールを入れて圧迫すると、効果的です。

10分たったら、そのままゴロゴロと左右にゆっくりと寝転がる動きを、5回ほど行いましょう。おなかや腰だけを動かすのではなく、肩も使って全身で左右に転がるのがポイントです。

 

 

たまっている場所からガスを移動させて排出

腸は、おなかの中で複雑に曲がりくねっているのですが、そのなかで曲がっているところ、階段の踊り場のようになっているところに、ガスはたまりやすいのです。

また、ガスは軽いので、立ち姿勢や座り姿勢ばかりで過ごしていると、なかなか肛門に向かって、下にいきません。

そこで、うつぶせに寝ておなかに体重をかけて圧迫をし、ゴロゴロ寝転がって腸の向きを変えましょう。すると、たまっているポイントからガスを移動させ、おならとして排出させやすくなるのです。ガスが抜ければ、ぜん動運動が活発になり、便通も促進されます。

ちなみに、「腰が痛くて、うつぶせになれない」という人もいるでしょう。その場合は、なるべくうつぶせに近い横向きで行うようにしてください。

実践した人のなかには、「これだけのことで、長年悩んでいたガス腹が解消した。便秘も改善した」と喜んでいる人が少なくありません。

→腸内にガスがたまると、腸のぜん動運動が妨げられ、便秘や下痢などを引き起こす

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

しゃがんだ姿勢で便意がもよおす

10分くらいをめどに 便秘、大変です。出ない、出ない、とあせって、精神的にも消耗します。 仕事柄、頻繁に海外に出かけており、時差で頑固な便秘になることがあります。ヨーグルト・バナナ・野菜・オレンジジュ …

長年の悩みだった便秘を解消することができたと好評の「足首つかみ」

日本人に多いねじれ腸を正す! 会津若松市にあるえんどうクリニックでは、1994年の開業時から、月に2回、予約制の「便秘外来」を設けています。便秘外来の目的は、頑固な便秘に悩む患者さんの、便秘の原因を突 …

基礎代謝が上がって便秘が改善する「指ヨガ」のやり方

全身の血流がよくなり、低下していた内臓の機能が活性化 では、指ヨガには、なぜ、こうした効果があるのでしょうか。 東洋医学的にいえば、指先には、内臓や脳と密接な関係があるツボが多く集まっています。 東洋 …

自然に便通が起こるようになった「指ヨガ」で不眠症も解消

スッと眠れる!耳鳴りも解消! Cさん(74歳・男性)は、体を引き締めたいという思いから、指ヨガを始めました。 指ヨガを開始するとまもなく、思わぬ効果を実感したそうです。 Cさんは、もともと寝つきが悪く …

「股関節回し」で胃腸の調子をよくして便秘を改善

骨盤のゆがみを正し胃や腸を活性化! ふだんから姿勢が悪かったり、運動不足が続いたりすると、体にさまざまな悪影響が出てきます。 そうして起こる障害の1つが、骨盤のゆがみです。 そもそも、運動不足のかたや …

PR