便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する食べ物・飲み物 腸内環境について

便秘の人は水溶性食物繊維をとるべし!

投稿日:8月 21, 2018 更新日:

腸こそが健康を維持・増進するための「重要拠点」

腸は、「第2の脳」と呼ばれるほど、重要な部位です。

まず、腸は、脳の支配を受けず自発的に働き、ホルモン分泌などを行っています。また、免疫細胞の多くが腸に存在し、異物から体を守るという重要な役割も担っています。さらには、自分の意志とは無関係に、血管や臓器の働きを調整する自律神経にも、腸が深くかかわっているのです。

順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生は、腸こそが、私たちの健康を維持・増進するための「重要拠点」だと考えています。

その重要拠点に、老廃物が滞留した状態が便秘です。便秘が全身に悪影響を与えることは、想像に難くありません。

小林先生は、便秘外来を受診する患者さんに、腸内環境を整える、さまざまな方法を指導しています。なかでも、食生活については、必ず次の二つを実践してもらっています。

 

 

便をやわらかくし、排出をスムーズに

一つめは、ヨーグルトや納豆、漬物などの発酵食品を食べること。発酵食品は、腸内の善玉菌をふやし、腸内環境を整えてくれます。

二つめは、食物繊維をたっぷりとること。食物繊維は、腸内の善玉菌のえさとなり、腸内環境の整備に役立ちます。

さて、現代人に注意してほしいのが、食物繊維の摂取についてです。腸内環境を整えるうえで欠かせない栄養素ですが、その摂取量は大幅に不足しています。厚生労働省は、成人の食物繊維摂取量の目安を、1日当たり17~19gとしていますが、実際のところ、14~15gしかとっていないのが現状です。

さらに、摂取する食物繊維の種類にも偏りがあります。

食物繊維には、水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維があります。

不溶性食物繊維は、水分を吸って膨らみ、便のかさを増すことで、腸の動きを活発にする働きがあります。

水溶性食物繊維は、水に溶けてヌルヌルとしたゲル状になり、老廃物や毒素を吸着すると同時に、便をやわらかくし、排出をスムーズにします。

不溶性食物繊維をとりすぎるとさらに出にくくなる

食物繊維は、不溶性と水溶性を2対1で摂取するのが理想的です。しかし、食材に含まれる食物繊維の割合は、不溶性に偏りがちです。

例えば、サツマイモに含まれる食物繊維の比率は、不溶性3に対して、水溶性が1。レタスは、不溶性10に対し、水溶性が1です。水溶性食物繊維の割合が高い食品は、海藻類やゴボウなど、少数に限られます。

便秘の人が、不溶性食物繊維をとりすぎると、滞留していた便が、水分を吸収されてかたくなり、さらに出にくくなることがあります。だからこそ、便秘の人は、水溶性食物繊維を多くとることが必要なのです。

→アガベの球茎のしぼり汁を粉末にした「アガベイヌリン」でビフィズス菌がふえて悪玉菌の増殖を抑制!

 

 

-便秘を改善する食べ物・飲み物, 腸内環境について

執筆者:

関連記事

「腸活カレー」を食べ始めたら、きれいにやせることができ、体力もついた

ウエストやお尻が引き締まり、足も細くなった そして、肝心の体重も、すぐに変化が現れました。「腸活カレー」を食べ始めてから、毎月3~4kgずつ体重が落ち続けたのです。 そして、半年後には、なんと20kg …

青っぽいバナナのほうが便秘に効く

難消化性でんぷんが豊富 バナナには、腸の善玉菌のエサになるオリゴ糖がたくさん含まれています。また、便秘の解消には不溶性と水溶性の食物繊維をバランスよくとることが大切ですが、不溶性食物繊維のセルロースと …

腸内フローラを改善し排便力を高める「焼きバナナ」

腸内環境が健全にして大きなウンチが出るようにしよう 食生活の変化によって、戦後、日本人のウンチの量は、戦前に比べると、半分の量になってしまいました。ウンチが半分になったということは、腸内細菌が減少して …

食物繊維の多い野菜をたくさん使う「腸活カレー」

ダイエット専用のカレーのレシピを考えた 埼玉県にお住いの岡本利一さん(仮名・28歳)は、3~4年前、自宅でF Xトレード(外国の通貨を売買して利益を出す取引)を始めてから、運動不足とストレスのせいで、 …

「桑の葉ふりかけ」が便秘解消や血糖値のコントロールに役立つと人気

ヨーグルトにふりかけてもおいしい 近年、糖の吸収を抑える桑の葉のDNJの研究が進んだことで、DNJを極めて豊富に含むシマグワが脚光を浴びていますが、もともとシマグワは鹿児島県ではとてもポピュラーな日常 …

PR