便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を予防するために 便秘を改善する食べ物・飲み物

便秘解消に効果のある白湯とヨーグルト

投稿日:

自分のうんこを継続的に観察しよう!

石井先生たちが推奨する、最も手軽な便のチェック法は、「観便」、つまり、自分の便を継続的によく観察することです。

ふだんと比べて明らかに細い便が、1週間以上続く場合は、要注意。大腸に腫瘍ができると、内側に向かって盛り上がるため、腸管が狭くなり、便が細くなるからです。

また、血便が出る、便秘と下痢をくり返す、残便感がある、といった状態も、病気の前兆かもしれません。こうした状態が継続するようなら、ぜひ便潜血検査、いわゆる「検便」を受けてください。

検便は、40歳以上なら無料で受けられるか、補助金が支給されるので、お住まいの都道府県の窓口(保健所など)に問い合わせるといいでしょう。

また、アマゾンなどのインターネット通販サイトでは、民間業者などが大腸ガン検診キットを販売しているので、それを利用する手もあります。

 

 

正直、検便の結果が陽性でも、即「大腸ガンがある」というわけではなく、また逆に、陰性でも、ガンがないとはいい切れません。

それでも検便は、大腸ガンの精密検査が必要な人を振り分けるために有効です。実際に、大腸ガン検診を受けることで、大腸ガンによる死亡率が減少すると、証明されています。

「自分は大腸ガンではない」ということを確かめるために、ぜひ多くの人に受けてもらいたいのです。

大腸ガンと便秘の関係性は証明されていませんが、石井先生は個人的には関連があると思っています。

便秘には白湯とヨーグルトがおすすめ

食事面から便秘を解消したい人に、お勧めなのは、白湯を飲むことです。ぬるいくらいか、常温でもかまいません。ふだんよりも、あと500ml多く飲むよう心がけてください。腸を動かし、便をやわらかくするためには、やはり水分が重要です。

飲むタイミングは、排便タイムを取れる時間帯がベスト。朝にゆっくりできるなら起き抜けに、夜のほうがリラックスできて便意を催しやすいなら、夜に飲みましょう。

逆に、軟便ぎみの人は、ヨーグルトをとるのがお勧めです。

さまざまな種類の菌を使った商品が売られていますが、お好みのものでいいと思います。

ヨーグルトは便秘にいいとしてよく知られているので、「軟便にも効くの?」と、意外に思われるかもしれません。しかし、ヨーグルトには整腸作用が期待できるため、便秘にも軟便にもいいのです。

白湯にしろ、ヨーグルトにしろ、最適な摂取量というのは、人によります。少しずつ試して、自分に合った量を見つけてください。また、一定期間試して、効果を感じなければ、量をふやすか、ヨーグルトなら種類を替えてみてもいいでしょう。

そしてぜひ、次の排便時から、うんこチェックを習慣づけてみましょう。

→「うんこ」をチェックすることで、腸の健康度がわかる

 

 

-便秘を予防するために, 便秘を改善する食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

便秘を改善し腸若返りの特効食としてぜひ毎日とりたいのが「ヨーグルト」

食物繊維で腸のぜんどう運動を促進 腸年齢が実年齢以上に老けていると判定された人は、落ち込んでいるヒマはありません。今すぐ生活習慣の見直しを始めましよう。といっても、難しいことは何もありません。腸年齢の …

腸内環境が乱れているとメタボになりやすい!改善策は多品目の食品を摂取すること

肥満になるかならないかは、腸内フローラが決めている 腸内で腸内細菌が形作る環境を、腸内フローラと呼びます。善玉菌も悪玉菌も含めた、腸内細菌叢の別称です。そして、実は「肥満は感染する」のですが、それには …

腸内フローラを改善し排便力を高める「焼きバナナ」

腸内環境が健全にして大きなウンチが出るようにしよう 食生活の変化によって、戦後、日本人のウンチの量は、戦前に比べると、半分の量になってしまいました。ウンチが半分になったということは、腸内細菌が減少して …

腹筋の衰えが便秘の発症に大きくかかわっている

内臓を支えてその働きを正常に保つ腹筋 高齢者に弛緩性便秘が起こりやすい大きな原因として、加齢による腹筋の衰えや腸壁の弾力性の低下があります。 高齢者の弛緩性便秘を解消に導くには、これらの原因を取り除く …

飲みやすくておいしい「生マッコリ」で絶対に便秘にならない!

  健康維持に欠かせない成分や栄養素もたくさん含まれている 韓国の伝統的なにごり酒「マッコリ」についてはご存知の人も多いでしょう。以前から、日本の飲食店でも幅広く取り扱われており、多くの人に …

PR