便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する食べ物・飲み物

腸内フローラを改善し排便力を高める「焼きバナナ」

投稿日:

腸内環境が健全にして大きなウンチが出るようにしよう

食生活の変化によって、戦後、日本人のウンチの量は、戦前に比べると、半分の量になってしまいました。ウンチが半分になったということは、腸内細菌が減少していることを意味します。しかも、それは、腸だけの問題だけにとどまりません。

腸内細菌がへれば、免疫力が低下し、ガンの発症率が上がり、アトピーなどのアレルギー疾患がふえるなど、さまざまな疾患や症状が起こりやすくなるからです。うつ病などの心の病がふえてきたことも、それと無縁ではありません。

私たちが健康に暮らすためには、腸内細菌をふやし、腸内細菌が棲息する環境をよくしなければなりません。この「腸内フローラ」と呼ばれる腸内環境が健全になると、便秘もなくなり、大きなウンチが出るようになります。

では、そのために何が必要でしょうか。

 

 

腸内フローラを改善する「焼きバナナ」

ここでは、腸内フローラを健全化するためのさまざまな方法の一つとして、「焼きバナナ」をお勧めします。

戦前と戦後の食生活の大きな違いの一つが、食物繊維の摂取量です。戦後すぐの日本人の食物繊維の摂取量は27g。現在は、12gと半分以下になっています。食物繊維の摂取量の激減が、ウンチの量の減少と、腸内フローラの悪化をもたらしたといってもよいでしょう。

腸内フローラを良好なものにして、よいウンチを出すためには、じゅうぶんな食物繊維を摂取することが不可欠です。食物繊維は、腸内フローラを改善し、排便力を高めるうえでの強い味方となってくれます。バナナには、その大切な食物繊維が含まれています。

それに加えて、バナナには、オリゴ糖も含まれています。オリゴ糖の「オリゴ」とは、ギリシア語の「少ない」という意味です。一般に果糖などの単糖類が2~10個結びついたものを総称して、オリゴ糖と呼んでいます。

このオリゴ糖が特に優れているのは、胃腸で消化されずに大腸まで届き、そこで、腸内細菌のえさとなる点です。

善玉菌の数がふえ腸内フローラが整う!

腸内細菌は、主に三つのタイプに分けられます。善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種です。

善玉菌としては、ビフィズス菌や乳酸菌などがあり、悪玉菌としては、大腸菌やウェルシュ菌などがあります。三つめの日和見菌は、優勢なほうに味方する菌で、善玉菌が優勢なときは善玉菌に加勢しますが、体調が悪くなったりして、悪玉菌がふえると、たちまち悪玉菌に豹変してしまいます。

さて、腸内フローラがよい状態とは、善玉菌がたくさんいて優勢、日和見菌はほどほど、悪玉菌が少数という状態です。

そこで役立つのがオリゴ糖。これは、善玉菌の大好物なのです。バナナのオリゴ糖は、ビフィズス菌のえさとなるので、善玉菌の数がふえます。さらに日和見菌も味方につくため、腸内フローラが良好になるのです。このように、食物繊維とオリゴ糖の働きで、便通がスムーズになるというわけです。

→高血圧の人にもお勧め「焼きバナナ」の作り方と効果

 

 

-便秘を改善する食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

「腸活カレー」を食べ始めたら、きれいにやせることができ、体力もついた

ウエストやお尻が引き締まり、足も細くなった そして、肝心の体重も、すぐに変化が現れました。「腸活カレー」を食べ始めてから、毎月3~4kgずつ体重が落ち続けたのです。 そして、半年後には、なんと20kg …

飲みやすくておいしい「生マッコリ」で絶対に便秘にならない!

  健康維持に欠かせない成分や栄養素もたくさん含まれている 韓国の伝統的なにごり酒「マッコリ」についてはご存知の人も多いでしょう。以前から、日本の飲食店でも幅広く取り扱われており、多くの人に …

便秘の漢方薬は、効きめが緩やかで副作用も少ないわけではない

服用後に腹痛や下帝を起こすこともある 医療の現場では、さまざまな場面で漢方薬を使うことが増えています。漢方薬は、その人の体質・病状・現れている症状などから病気を総合的に判断し、いくつもの生薬(植物や動 …

納豆のマグネシウムが便秘解消に効果あり!

弛緩性便秘の改善・解消にマグネシウムの摂取は重要 納豆の第二の快便栄養として注目したいのが、マグネシウムというミネラル(無機栄養素)です。 マグネシウムには、腹の中の水分が体内に吸収されるのを防ぐ役割 …

青っぽいバナナのほうが便秘に効く

難消化性でんぷんが豊富 バナナには、腸の善玉菌のエサになるオリゴ糖がたくさん含まれています。また、便秘の解消には不溶性と水溶性の食物繊維をバランスよくとることが大切ですが、不溶性食物繊維のセルロースと …

PR