便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する食べ物・飲み物

「腸括カレー」で毎日快便!おなかもペタンコに!

投稿日:6月 23, 2018 更新日:

いわゆる「オバサン体型」になってしまった

埼玉県にお住いの岡本陽子さん(仮名・50歳・主婦)は、「腸括カレー」を食べ続けて、なんと20kgを超えるダイエットに成功しました。

岡本さんが太り始めたのは40歳ごろからで、ある病気にかかったことがきっかけでした。

幸いにも、病気自体は治りましたが、ほとんど体を動かさない生活が続いたせいで、体重は少しずつ増加。54kgだった体重は、ついに65kgにまで達したのです(身長は155cm)。

下半身がどっしりとした、いわゆる「オバサン体型」になりました。

とはいえ、自分では体重がふえたことを、気にしていませんでした。というよりも、太っていることを自覚していなかったのです。

 

 

野菜を大きめにカットすることがポイント

しかし、今から2年前のある日のことでした。岡本さんの姿をまじまじと見た、息子さんから「けっこう、太ったね」といわれたのです。

その言葉にショックを受けた岡本さんは、ついにダイエットをすることを決意しました。

そこで、もともとは息子さんから相談されて作った「腸括カレー」を、私も食べてみることにしたのです。

「腸括カレー」は、サラサラしていて、ほとんどスープに近いカレーです。白米がなくても、おなかがいっぱいになるよう、野菜をたくさん入れました。

ポイントは、野菜を大きめにカットすることです。こうすることで、よくかんで食べるようになって、自然と満腹感が得られます。

息子さんは朝食だけでしたが、岡本さんは、朝食と夕食に「腸括カレー」を一皿ずつ食べました。ちなみに、昼食は、好きなものを普通に食べ、ときには、外食することもありました。

腸がギュルギュル動き頑固な便秘が解消!

「腸活カレー」は、一皿だけでも、じゅうぶんな食べごたえがあります。それまでの普通の食事より、抜群に腹持ちがいいのです。おかげで、ダイエットにつきものである、ひもじさや、ストレスを感じたことは、ほとんどありません。

市販のカレールウに加え、カレー粉を多めに入れて、辛口に仕上げたので、食べるとすぐに体がポカポカしてきます。

岡本さんは、おかげで、あっという間に、筋金入りの冷え症と低体温が治りました。あんなに冷えていた手足がポカポカになり、34・5度しかなかった平熱が、なんと37・2度まで上がったのです。

さらに、1週間便通がないのがあたりまえだった、頑固な便秘も解消しました。

腸がギュルギュルと活発に動くようになり、宿便がドッサリ出たのです。気づいたときには、毎日快便になり、いつも張りぎみで、膨らんでいたおなかがペタンコになりました。

→「腸活カレー」を食べ始めたら、きれいにやせることができ、体力もついた

 

 

-便秘を改善する食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

納豆は腸の善玉菌を増やし便秘解消に優れた食品

納豆菌は腸内の悪玉菌を抑える物質もつくる 高齢者が陥りやすい弛緩(しかん)性便秘を正すには、乱れた腸内環境を整えたり、大腸の中で停浄した硬い便を押し出したりする効果が見つかっている食品を、ふだんの食生 …

「腸活カレー」を食べ始めたら、きれいにやせることができ、体力もついた

ウエストやお尻が引き締まり、足も細くなった そして、肝心の体重も、すぐに変化が現れました。「腸活カレー」を食べ始めてから、毎月3~4kgずつ体重が落ち続けたのです。 そして、半年後には、なんと20kg …

「夜ヨーグルト」で便秘や冷え症、不眠が解消!

夜は腸内で乳酸菌が繁殖するのに最適! 私たちの体の諸機能は、私たちの意志とは関係なく、自律神経という神経によって、コントロールされています。自律神経は、緊張状態のときに優位になる交感神経と、リラックス …

血流をアップさせるカレーで便秘を改善させるには野菜を多めに

野菜を多く使うとますます腸が活性化! 現代人は、腸が衰えているかたがたくさんいます。生活が便利になり、加工食品や甘いもの、冷たいものを過剰に摂取していることが原因です。 腸は、「第2の脳」と呼ばれるほ …

発芽玄米で便秘改善

発芽によってミネラルの吸収がよくなっている 発芽玄米は、玄米に発芽に必要な水分と温度を与えて、0・5~1mmほど発芽させたもので、ビタミンやミネラル、食物繊維などを豊富に含んでいます。 発芽によって玄 …

PR