便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する食べ物・飲み物

カレーが高血圧や糖尿病・便秘に有効と判明!

投稿日:

カレーは健康増進や病気予防に役立つ万能食

「カレーは大好きだけど、刺激が強く、カロリーも高いから、体に悪いのでは?」と考えているかたは、意外に少なくありません。

しかし、それは誤解です。カレーは、健康増進や病気予防に役立つ万能食なのです。

長年、漢方の研究と診療に携わってきた、日本薬科大学の丁宗鐵先生によれば、漢方薬とカレーは、非常に似ているそうです。

まず、漢方薬の原料である生薬は、カレーで使われるスパイスと同じものが多いのです。

生薬とは、植物や動物、鉱物など、さまざまな天然物のなかで、何かしらの薬効を持つものを指します。いくつかの生薬を組み合わせて処方されるのが、いわゆる漢方薬です。

植物由来の生薬には、スパイスとしてカレーに使われているものがたくさんあります。カレー作りに欠かせない、ターメリックとクローブというスパイスを例に挙げると、ターメリックの生薬名は「うこん」、クローブの生薬名は丁子(ちょうじ)です。

ちなみに、日本人になじみが深い、サンシヨウやショウガ、ニラ、ニンニクなども生薬の仲間であり、スパイスの一種なのです。

 

 

また、カレーと漢方は、作り方にも共通点があります。

先述したように、漢方薬は、いくつかの生薬を組み合わせたものです。カレーも、同じように数種類のスパイスをブレンドして作られます。

漢方薬の場合、組み合わせた生薬によって、その薬効も足し算されていきます。これを「相加効果」と呼びますが、それだけにとどまりません。

生薬どうしが相乗的に働き、特定の薬効を高める「相乗効果」。副作用を打ち消す「相殺効果」。また、一つまみの塩が砂糖の甘さを引き立てるのと同じ原理で、味やにおいなどの感覚面に働く「ブレンド効果」もあります。

これらの効果は、カレーにも当てはまります。スパイスを組み合わせて作るカレーは、漢方薬と同じような健康効果を発揮するのです。

実際、カレーを食べることは、高血圧や便秘、糖尿病、肥満、ガン、認知症などの改善に役立ち、脳を活性化することが、近年の研究でも明らかになっています。

→血流をアップさせるカレーで便秘を改善させるには野菜を多めに

 

 

-便秘を改善する食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

「腸括カレー」で毎日快便!おなかもペタンコに!

いわゆる「オバサン体型」になってしまった 埼玉県にお住いの岡本陽子さん(仮名・50歳・主婦)は、「腸括カレー」を食べ続けて、なんと20kgを超えるダイエットに成功しました。 岡本さんが太り始めたのは4 …

便秘の人は便や体臭ににおい物質が大量発生する

便秘の人はくさい便やオナラになる 便、オナラ、息や汗のにおい。こうした体のにおいの大本は、腸でつくられます。 腸では、食べたもののカスが腸内細菌によって分解され、その際に、におい物質を発生します。炭水 …

納豆のマグネシウムが便秘解消に効果あり!

弛緩性便秘の改善・解消にマグネシウムの摂取は重要 納豆の第二の快便栄養として注目したいのが、マグネシウムというミネラル(無機栄養素)です。 マグネシウムには、腹の中の水分が体内に吸収されるのを防ぐ役割 …

スポーツキャスター陣内貴美子さんはアーモンドで便秘が解消

選手時代にも食べていた アーモンドは、バドミントン選手を引退した後、40歳を過ぎたころから、毎日欠かさず食べるようにしています。 引退後は、テレビのスポーツキャスターや、タレントの仕事をさせていただい …

「バナナ茶」を飲んだら、何十年もため込んだ便が全部出た!

数日出ないことが当たり前だった 長野県にお住いの和田美智子さん(51歳・仮名)が、「バナナ茶」を飲み始めたのは、昨年末です。大げさでなく、生まれて初めて快便の爽快感を体験できました。 和田さんは子ども …