便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する食べ物・飲み物

カレーが高血圧や糖尿病・便秘に有効と判明!

投稿日:

カレーは健康増進や病気予防に役立つ万能食

「カレーは大好きだけど、刺激が強く、カロリーも高いから、体に悪いのでは?」と考えているかたは、意外に少なくありません。

しかし、それは誤解です。カレーは、健康増進や病気予防に役立つ万能食なのです。

長年、漢方の研究と診療に携わってきた、日本薬科大学の丁宗鐵先生によれば、漢方薬とカレーは、非常に似ているそうです。

まず、漢方薬の原料である生薬は、カレーで使われるスパイスと同じものが多いのです。

生薬とは、植物や動物、鉱物など、さまざまな天然物のなかで、何かしらの薬効を持つものを指します。いくつかの生薬を組み合わせて処方されるのが、いわゆる漢方薬です。

植物由来の生薬には、スパイスとしてカレーに使われているものがたくさんあります。カレー作りに欠かせない、ターメリックとクローブというスパイスを例に挙げると、ターメリックの生薬名は「うこん」、クローブの生薬名は丁子(ちょうじ)です。

ちなみに、日本人になじみが深い、サンシヨウやショウガ、ニラ、ニンニクなども生薬の仲間であり、スパイスの一種なのです。

 

 

また、カレーと漢方は、作り方にも共通点があります。

先述したように、漢方薬は、いくつかの生薬を組み合わせたものです。カレーも、同じように数種類のスパイスをブレンドして作られます。

漢方薬の場合、組み合わせた生薬によって、その薬効も足し算されていきます。これを「相加効果」と呼びますが、それだけにとどまりません。

生薬どうしが相乗的に働き、特定の薬効を高める「相乗効果」。副作用を打ち消す「相殺効果」。また、一つまみの塩が砂糖の甘さを引き立てるのと同じ原理で、味やにおいなどの感覚面に働く「ブレンド効果」もあります。

これらの効果は、カレーにも当てはまります。スパイスを組み合わせて作るカレーは、漢方薬と同じような健康効果を発揮するのです。

実際、カレーを食べることは、高血圧や便秘、糖尿病、肥満、ガン、認知症などの改善に役立ち、脳を活性化することが、近年の研究でも明らかになっています。

→血流をアップさせるカレーで便秘を改善させるには野菜を多めに

 

 

-便秘を改善する食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

便秘解消に大事な乳酸菌と水分補給の話

ヨーグルトに入っている乳酸菌の違い 「乳酸菌」とは、ブドウ糖や乳糖を栄養にして増殖し、乳酸などの有機酸を出し、発酵によって腐敗物質を作らせない性質を持つ細菌の総称です。ですから、「乳酸菌」という特定の …

ごはんをしっかり食べることは便秘解消の第一歩

食事をしたという充実感が ごはんなどの主食をしっかり食べることは、食物繊維やビタミンなどの栄養素をとるために欠かせないだけでなく、食事をしたという充実感が得られます。また、主食をきちんと食べるとおなか …

漫画家の柴田亜美さんが「おからチャーハン」で便秘を克服!トータル14kgの減量にも成功!

イソフラボン効果でバストアップ! 私は体調をくずしたのをきっかけに10kgほど太ってしまい、44歳のときに、ダイエットをしようと一大決心しました。最初は、蒸し野菜やサツマイモ、ラム肉をポン酢で食べると …

大麦ヨーグルトを飲みはじめて3日後の朝には、便通があった

コロコロ便が解消した東京都 32歳 会社員 女性の方の体験談です。 冷房を入れなくても常に体が冷たかった 私は数年前から便秘がちで、便が3、4日出ないことはあたりまえ。たとえ便が出たとしても、硬いコロ …

便秘解消のために、朝に水や牛乳を飲んで朝食を食べる

水や牛乳を飲む まず、”朝、起き抜けに、水や牛乳を飲む”ことから始めてみましょう。 私たちの体は、朝目覚めて起き上がると、起きた動作が刺激となって、脳へ送られる仕組みになっています。すると脳は、「さあ …

PR