便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


腸内環境について

パンツを脱いで寝ると腸が活性化し便秘も解消!やせやすい体に

投稿日:

腸が活性化してやせやすい体になる!

パンツのゴムの締めつけにより、自律神経の働きがおかしくなります。すると、腸の調子が乱れて、腹痛や便秘、下痢などが起こってきます。さらに、胃潰瘍や潰瘍性大腸炎の引き金になることも珍しくありません。

パンツストレスによって便通が悪くなることは、体に大きな影響を及ぼします。

食べ物は、胃や腸で吸収されて排泄されますが、腸のぜん動運動によって、その内容物が送り出されていきます。このとき、たくさんの熱が生まれ、エネルギーを消費します。

ここで産生された熱は、基礎代謝を高めることにつながりますから、便通がよく、腸のぜん動運動が活発であるということは、基礎代謝も高いということです。

 

 

一方、便秘になると、ぜん動運動が悪くなり、基礎代謝も落ちてしまうのです。また、便秘は、いろいろな器官の働きを悪くする毒素を発生させ、代謝能力を低下させます。しかも、便秘で腸に便が滞留する時間が長くなれば、それだけ余分なカロリーを取り込んでしまいます。

つまり、便秘がちな人は、基礎代謝が落ちたうえに、余分なカロリーを摂取するため、太りやすく、やせにくい体になってしまうということです。

こうした悪循環から脱却する一つの手段としても、脱パンツ睡眠をお勧めします。

脱パンツ睡眠を実践すれば、寝ている間に副交感神経がよく働きます。そうなれば、朝まで熟睡できるようになるだけでなく、腸が活性化して便秘も解消します。そのうえ、やせやすい体になる効果も期待できるのです。

→パンツをはいて寝ると自律神経のバランスが崩れる

 

 

-腸内環境について

執筆者:

関連記事

腸壁にこびりついた古い便を掃除する

水分を多くとる 便秘外来にやってきた患者さんには、腹部に超音波をあてて検査をします。すると、腸壁に古い便がこびりついているのがわかります。 乳酸菌の多い食品や水分を多くとったり、便をふやかす作用のある …

腸内環境由来の肌トラブルは腸内の善玉菌を増やさないと解決しない

悪玉菌が増えると肌にシワ、シミ、クスミが増加 全身の健康状態を大きく左右する腸の働きは、当然「美容」にも深くかかわっています。 腸内には善玉菌と悪玉菌が住み着いており、どちらが優勢になるかによって健康 …

腸年齢が衰えている人は腸年齢の若返りに取り組むべき

善玉菌が多ければ腸は若くて健康 私たちの腸内には、無数の腸内細菌が住み着いています。腸内細菌は、ビフィズス菌のように私たちの健康にプラスに作用する善玉菌と、ウェルシュ菌のように体に弊害をもたらす悪玉菌 …

原因不明の症状や不定愁訴をは便秘や下痢など腸の問題が原因

腸の問題の根本は「冷え」 突発的な痛みやだるさ、体の重さなど、不定愁訴といわれる症状で悩む人は少なくありません。不定愁訴がやっかいなのは、病院へ行ってもハッキリとした原因がわからず、投薬や治療でもなか …

昼食のあとに昼寝をすると腸内環境がよくなり健康増進にも役立つ

驚くほど若々しい腸内環境を維持していた 昔からよく、食べてすぐ寝ると「牛になる」とか、「行儀が悪い」といわれてきました。ところが、『たけしの家庭の医学』(テレビ朝日系列)という番組で、大変興味深い内容 …

PR