便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


腸内環境について

パンツを脱いで寝ると腸が活性化し便秘も解消!やせやすい体に

投稿日:

腸が活性化してやせやすい体になる!

パンツのゴムの締めつけにより、自律神経の働きがおかしくなります。すると、腸の調子が乱れて、腹痛や便秘、下痢などが起こってきます。さらに、胃潰瘍や潰瘍性大腸炎の引き金になることも珍しくありません。

パンツストレスによって便通が悪くなることは、体に大きな影響を及ぼします。

食べ物は、胃や腸で吸収されて排泄されますが、腸のぜん動運動によって、その内容物が送り出されていきます。このとき、たくさんの熱が生まれ、エネルギーを消費します。

ここで産生された熱は、基礎代謝を高めることにつながりますから、便通がよく、腸のぜん動運動が活発であるということは、基礎代謝も高いということです。

 

 

一方、便秘になると、ぜん動運動が悪くなり、基礎代謝も落ちてしまうのです。また、便秘は、いろいろな器官の働きを悪くする毒素を発生させ、代謝能力を低下させます。しかも、便秘で腸に便が滞留する時間が長くなれば、それだけ余分なカロリーを取り込んでしまいます。

つまり、便秘がちな人は、基礎代謝が落ちたうえに、余分なカロリーを摂取するため、太りやすく、やせにくい体になってしまうということです。

こうした悪循環から脱却する一つの手段としても、脱パンツ睡眠をお勧めします。

脱パンツ睡眠を実践すれば、寝ている間に副交感神経がよく働きます。そうなれば、朝まで熟睡できるようになるだけでなく、腸が活性化して便秘も解消します。そのうえ、やせやすい体になる効果も期待できるのです。

→パンツをはいて寝ると自律神経のバランスが崩れる

 

 

-腸内環境について

執筆者:

関連記事

便秘改善のために下剤を常用するとクセになってしまう

下剤の常用で便秘を悪化させる人が多い 便秘がなかなか改善しないと、つい下剤に頼って排便を無理に促してしまう、という人はいます。そんな人は要注意です。便秘外来を受診する患者さんの中にも、下剤を常用してい …

パンツをはいて寝ると自律神経のバランスが崩れる

睡眠障害はストレスから引き起こされる 五輪橋産婦人科の丸山淳二先生は、20年ほど前から、「脱パンツ睡眠」を提唱してきました。これは、下着を身につけずに眠る健康法です。 「寝つきが悪い」「眠りが浅い」「 …

腸内環境を良好に保てば幸せになる

腸内環境の悪化により、幸福ホルモンが出にくい人が増えている 「どうすれば幸せになれますか?」 人類の永遠のテーマとも呼ぶべきこの質問に対する一つの解答が、最近ようやく見つかりました。その答えとは、「お …

腸内環境が乱れているとメタボになりやすい!改善策は多品目の食品を摂取すること

肥満になるかならないかは、腸内フローラが決めている 腸内で腸内細菌が形作る環境を、腸内フローラと呼びます。善玉菌も悪玉菌も含めた、腸内細菌叢の別称です。そして、実は「肥満は感染する」のですが、それには …

原因不明の症状や不定愁訴をは便秘や下痢など腸の問題が原因

腸の問題の根本は「冷え」 突発的な痛みやだるさ、体の重さなど、不定愁訴といわれる症状で悩む人は少なくありません。不定愁訴がやっかいなのは、病院へ行ってもハッキリとした原因がわからず、投薬や治療でもなか …