便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


腸内環境について

腸のバリアを正常化すれば免疫反応が改善しアトピー・リウマチを撃退

投稿日:

かゆみと赤みのひどいアトピーが改善

機能性医学の見地から、ナグモクリニックで今注目しているのは、「隠されたアレルギー」です。普通のアレルギーなら、アレルギー原因に即座に反応して、じんましんや下痢などの症状を引き起こすので、原因を特定できます。

しかし、直接的な症状が発現せず、時間をかけて全身の炎症反応として現れるので、本人でさえ原因を自覚しにくい、厄介なアレルギーがあるのです。

実際、何十種類もの食品たんぱく質に対する、アレルギーの有無を調べてみると、やはり、慢性疾患をもつ患者さんほど、多くの種類で高い数倍を示します。そして、それらの食品は、知らない間に、腸のバリアを刺激して傷つけ、その機能を低下させているのです。

アトピーなどの皮膚炎も、リウマチなどの関節炎も、炎症反応のひとつです。そこで、ナグモクリニックでは、腸のバリアの免疫機能を障害する「隠されたアレルギー」の原因を特定し、それに基づいた食事指導を行っています。

 

 

そのうえで、腸活性食品によって腸のバリアの破綻を修復しているのです。実際、そうした食生活を数カ月続けた患者さんは、アレルギー反応が全体的に低下することがわかってきました。

例えば、30歳のアトピー性皮膚炎の男性の場合、乳製品や卵に、高いアレルギー反応を示しました。そこで、それらを除いた食事をしながら、腸活性食品を併用したところ、それぞれのアレルギー反応がかなり低くなりました。腸のバリアが、正常になってきたのです。その過程で、かゆみと赤みのひどかった皮膚炎も改善されました。

リウマチに悩まされていた31歳の女性も、複数の食品にアレルギー反応がある、腸のバリア破綻型でした。

しかし、食事指導のほか、腸活性食品を取り入れたところ、飲み薬をへらせるほど、ひざとひじの関節痛が治まったのです。便秘も解消したそうですから、腸のバリアが正常化し、免疫反応が改善したことが、関節の炎症を鎮めたのだと思われます。

腸こそが、健康の源です。皆さんも、腸のバリアの免疫力をアップして、不快な症状を撃退してください。

→免疫に関係した症状の改善においては、「腸のバリア」の正常化が基本

 

 

-腸内環境について

執筆者:

関連記事

腸内環境を良好に保てば中高年の健康不安を一掃する

腸内環境を良好に保つことが健康維持には欠かせない 腸こそ私たち人間の体のいわば根源的な臓器であり、腸内環境の良し悪しこそ心と体の健康状態を大きく左右する決め手であるのです。 つまり、腸が若々しく丈夫で …

腸内環境をよくすれば虫歯や歯周病を防ぐ

腸が唾液の質を左右している 口の中を診ると、腸の健康状態がわかる…。こういうと、まさかと思うかもしれませんが、ほんとうです。口と腸は一見別々に見えますが、実は深い関係があり、お互いに強く影響し合ってい …

腸にとどまった硬い停滞便を押し出す腸内環境を作る

弛緩性便秘では水分の補給も肝心 少食に陥ることで、腸を刺激してぜんどう運動を促したり、便のカサを増やしたりする働きのある食物繊維が足りなくなれば、便秘は悪循環に陥ってしまいます。 また、少食による水分 …

「うんこ」をチェックすることで、腸の健康度がわかる

小腸を大腸のように変形させることができる 消化器外科医師の石井洋介先生は、中学3年生のころ、何度か血便が出たのですが、なんだか怖くて、黙っていました。すると高校生になってすぐ、治療法がない難病の潰瘍性 …

過度の清潔志向が便秘や腸内環境を悪くする原因に

過度の除菌・抗菌で病気を招きやすくなる 最近になってようやく、「腸内環境」の重要性が、一般の人たちの間でも広く認識されるようになりました。実際に、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えると、腸内環境が悪化し …

PR