便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作 便秘改善グッズ

長年の悩みだった便秘や肩こり、腰痛などがすべて改善した「骨盤タオル」

投稿日:

便通が規則的にくるように

静岡県にお住いの鈴木陽子さん(仮名・37歳・主婦)は、昔から便秘と下痢に悩まされてきました。3日くらい便通がないことはあたりまえで、やっとお通じがあったかと思うと、今度は下痢になってしまうのです。

そんな鈴木さんに「骨盤タオル」を教えてくれたのは、さくら堂はり灸指圧整骨院の八木愛子先生でした。それ以来、たいてい就寝前に行うようにしています。

始めて間もないころは、動作を行うと、お尻に痛みを感じました。ひざを右側に倒す動作も、どうもうまくできません。しかし毎日続けているうちに、痛みは和らいでいき、今では気持ちよく感じるほどです。右側にも難なく倒せます。

そして、骨盤タオルを始めて10日ほどたったころから、便通が規則的にくるようになりました。

便秘がひどかったときは、便意を感じると、きまっておなかが痛くなったものです。そして急いでトイレに駆け込むと、不健康な下痢状の便しか出ませんでした。

立ち仕事によるひどいむくみも解消!

しかし、今は違います。おなかが痛くなることもなく、規則的にお通じがあります。便の状態も、下痢ではなく、健康的なものです。

また鈴木さんは、ひどい肩こりや腰痛にも悩まされていたのが、それもすっかり楽になりました。

以前は、足のむくみも悩みの種でした。昼間のパートが立ち仕事なため、夕方になると、ひどく足がむくんでしまうのです。

ところが、骨盤タオルを毎日行うようになってからは、足のむくみも解消し、そのおかげか、体も疲れにくくなりました。体全身が軽く感じられ、仕事だけでなく家事も以前より楽に行えます。加えて、ひどかった冷えも、改善したように感じます。

タオルを使った単純な動作で、長年の悩みだった便秘や肩こり、腰痛などが、すべて改善したのですから、その効果には目を見張るばかり。鈴木さんは、骨盤タオルには、ほんとうに感謝しています。

さくら堂はり灸指圧整骨院 八木愛子先生の解説

骨盤タオルの動作で、左右どちらかだけにやりづらさを感じる人は、骨盤がゆがんでいる証拠です。鈴木さんも初めはそうでした。

骨盤タオルを毎日くり返すことによって、このような骨盤のゆがみは、徐々に調整されていきます。すると、骨盤のゆがみから生じていた腰痛や体のむくみ、冷え、そして腸の不調などがしだいに解消されていくのです。

-便秘を改善する運動・動作, 便秘改善グッズ

執筆者:

関連記事

ねじれた腸が原因の便秘を治す「腸ゆらし」のポイント

驚くほど大量の便が出た 「腸ゆらし」は、ねじれ腸が原因の便秘の解消に大変有効です。実は、考案した横須賀・久里浜医療センター内視鏡部長の水上健先生も腸ゆらしの効果を実感した一人。 水上先生は、もともと便 …

便秘と下痢をくり返す場合にも「腸ゆらし」が有効

毎日1~2回便通がある! ねじれ腸が原因の混合型過敏性腺症候群の場合は、便秘と下痢をくり返します。排便時に痛みを伴い、これは、ねじれた部分に引っ掛かって、栓のようになっていた硬い便が出ると、つかえてい …

腹式呼吸は吐く時間を吸う時間の2倍にする

半身浴をすると腸の働きが改善する 腹式呼吸はおなかをふくらましたり引っ込めたりして空気を出し入れするため、胸式呼吸に比べて腹筋をよく使います。 ヨガの呼吸法では、吸うよりも吐く時間が長くなっています。 …

美人女医も実感!便秘を改善する「腸マッサージ」」と「腰回し」

便秘が引き起こす症状も悪化していた 桶狭間病院精神科医の高木希奈先生の便秘歴は、医学部に進学した18歳のころにまで、さかのぼります。その主な原因は、1人暮らしを始めて食生活が乱れたことでしょう。 高木 …

腸の3か所をゆらして便秘を改善する「腸ゆらし」のやり方

1日3分ですぐに便秘に効果が現れます! 左腹部の腸ゆらし(下行結腸をゆらす) ① あおむけに寝て、足を肩幅くらいに開いてリラックスする。クッション(または座ぶとん)をお尻の下に敷くと、下がっていた腸が …

PR