便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

「足の三里」のツボへの刺激が便秘にも下痢にも効果を発揮

投稿日:

過敏性腹症候群の改善効果も期待できる

「足の三里」は、ひざ下の、すねの外側部分に位置します。便秘や下痢などをはじめとした胃腸の不調や、ひざ痛などの足の不調を改善するとともに、全身を元気にするツボです。

足の三里は、ツボの代名詞ともいえるほど、一般にも浸透しています。古くは、『おくのほそ道』にも登場し、桧尾芭蕉が足の三里に灸をして、体調を整えたという記述もあるほどです。

実際に、足の三里の刺激によって、腸のぜん動運動が促進することが判明しています。

ヒトを対象とした実験で、足の三里を刺激したあとの、腸の音の変化を視覚化したものがあります。上下の振れ幅が大きいほど、腸の動きが活発になったことを表します。

ツボを刺激したあと、腸の動きが活発になったことが明白になりました。さらに、この実験で、足の三里を刺激すれば、過敏性腹症候群の改善効果も期待できることが判明しました。

 

 

便のかたさは78%、排便量は56%が改善

また、次のような臨床研究も行いました。排便に不快感がある男女22名を対象に、足の三里を刺激するAグループと、刺激をしないBグループに分けて、「排便回数」「排便量」「便性状(便のかたさ)」「残便感」「排便時の腹痛」「ウサギ便の有無」を比較した実験です。

その結果、Bグループは、実験前彼の変化が、ほとんどありませんでした。

一方のAグループは、排便量は約56%、便性状は78指%、ウサギ便の有無は約67%の改善率という結果が出ました。また、排便時の腹痛も、治療前の平均値が42・5%に対し、治療中26・2%、治療後24・1%と減少したのです。さらに、排便回数や残便感にも改善傾向が確認されました。

この結果から、足の三里の刺激が、どのタイプの機能性便秘も改善する傾向が認められたのです。特に、排便量や便性状に影響を及ぼし、それに付随する残便感や腹痛などの軽減にもつながったのだと考えられます。

つまり、腸のバランスが調整されて、便秘にも下痢にも力を発揮しました。これこそが、体のひずみを治す、という鍼灸治療の真骨頂です。

これらの実験では、足の三里に鍼治療を施しましたが、指圧による刺激でも、同等の効果が得られます。また、市販されている家庭用の簡易灸を用いてもいいでしょう。1日2~3回、1回5分を目安に刺激してください。きっと、便秘や下痢の改善に役立つはずです。

→「足の三里」と呼ばれるツボの刺激が機能性便秘を改善する

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

落下腸の便秘の改善に効果のある「腸戻し」で便の通過もスムーズに

大腸内視鏡検査に30~40分もかかるケースがある ねじれ腸の患者さんがへった一方で、2014ごろからふえてきたのが、やはり重症便秘である「落下腸」の患者さんです。落下腺は、ねじれ腸に有効な大腸ゆらしも …

原因不明の症状や不定愁訴をは便秘や下痢など腸の問題が原因

腸の問題の根本は「冷え」 突発的な痛みやだるさ、体の重さなど、不定愁訴といわれる症状で悩む人は少なくありません。不定愁訴がやっかいなのは、病院へ行ってもハッキリとした原因がわからず、投薬や治療でもなか …

便秘を改善する呼吸法「おじぎ呼吸」でスタイルも良くなる

1~2分で便通に効く! ボイストレーナーで洗足学園音楽大学講師の安ますみ先生は、ミュージカル、ポップス、オペラ歌手、俳優、声優、狂言師といった「声を使うプロ」に対し、ボイストレーニングを長年続けてきま …

おなかペタンコ体操のやり方とコツ

背筋を伸ばして腹全体をへこませる おなかペタンコ体操の具体的なやり方については、下記を参照してください。以下、体操を行うさいのコツと注意点を述べます。 おなかペタンコ体操では、おなか全体をへこませる必 …

「乾布摩擦」がおなかの働きを活発にし便秘解消に役立つ

数多くの方法から見つけ出した健康法 「乾布摩擦」が便秘の予防や解消に役立つことをご存知ですか? ヘルス&ダイエットエキスパートの和田清香先生は、これまでに、古今東西の250ものダイエット法、健康法をた …

PR