便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

「足の三里」と呼ばれるツボの刺激が機能性便秘を改善する

投稿日:3月 28, 2018 更新日:

ウサギのふんのようなコロコロ便にも効果大

便秘とは、その人の健康時に比べて、排便回数が減少し、水分が少なくかたい便を排出する状態を指します。また、残便感や腹部膨満感などの不快な症状を伴います。とはいえ、排便感覚は、個人の体質や環境によって変わるため、完全には定義できません。

便秘は、「症候性便秘」「機能性便秘」の二つに分けることができます。

症候性便秘は、大腸ガンなどの病変や、薬の副作用などが原困の便秘です。こちらは、鍼灸治療だけでは対応が難しく、薬物や外科的な処置が必要になります。

機能性便秘は、腸の働きの低下(腸内環境の悪化)、排便習慣の乱れなどが原因となる便秘のことです。さらに、「弛緩性便秘」「直腸性便秘」「痙攣性便秘」の三つに分けられます。

 

 

弛緩性便秘は、大腸のぜん動運動(便を肛門に送り出す動き)の低下によって、便が腸内に停滞し、便がかたくなって、排出するまでに時間を要する状態です。食物繊維の不足、老化による便秘が当てはまります。

直腸性便秘は、排便習慣の乱れにより、便意がおさえられてしまった状態です。例えば、旅行に出かけたとき、便秘に陥った経験はないでしょうか。直腸性便秘は、便意を我慢することで引き起こされます。便意を我慢し続けると、私たちの体は、便意を催さなくなるのです。

痙攣性便秘は、過剰なぜん動運動や、そのリズムの乱れによって引き起こされます。ウサギのふんのようなコロコロした便が特徴で、心理的ストレスが要因です。近年、増加している過敏性腸症候群も、このタイプが多く見られます。

さて、機能性便秘は、どのタイプであっても、鍼灸治療の対象となり、その改善に役立ちます。なかでも、効果的なのが、「足の三里」と呼ばれるツボの刺激でしょう。

→「足の三里」のツボへの刺激が便秘にも下痢にも効果を発揮

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

手の甲刺激で冷えが取れ便秘や下痢が解消し腸の働きが回復していく

多くの慢性的な病態にも影響を及ぼす 手の甲心刺激は、大津接骨院院長である石橋輝美先生の経験から生まれたもので、これに患者さんへの治療経験を積み重ねて体系化した治療法です。その方法は、手の甲にある、全身 …

便もれを改善し肛門の締まりをよくするエクササイズ「肛門しぼり」

だれにも相談できず、一人で悩みを抱え込んでいる 新宿大腸クリニックには、便秘や下痢など、さまざまな排便の悩みを抱えた人が来院します。そのなかで、近年急速にふえているのが、便もれ(便失禁)についての悩み …

便秘を改善する呼吸法「おじぎ呼吸」でスタイルも良くなる

1~2分で便通に効く! ボイストレーナーで洗足学園音楽大学講師の安ますみ先生は、ミュージカル、ポップス、オペラ歌手、俳優、声優、狂言師といった「声を使うプロ」に対し、ボイストレーニングを長年続けてきま …

翌朝の便通が快適になる「快便のツボマッサージ」

便がたまりやすい場所をマッサージする 強くいきみすぎるのは便秘を助長することになりますが、ほかにも思わぬ大病を招くことがあります。 それは、脳卒中や心筋梗塞です。強くいきむと交感神経が優位になり血圧は …

ねじれた腸が原因の便秘を治す「腸ゆらし」のポイント

驚くほど大量の便が出た 「腸ゆらし」は、ねじれ腸が原因の便秘の解消に大変有効です。実は、考案した横須賀・久里浜医療センター内視鏡部長の水上健先生も腸ゆらしの効果を実感した一人。 水上先生は、もともと便 …

PR