便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

快便のツボマッサージのやり方

投稿日:

8秒かけて息を吐くときに指で押しもむ

リラックス呼吸の後、便が溜まりやすい右下わき腹・右の肋骨の下あたり・左の肋骨の下あたり・左下わき腹の順に、刺激していきます。この順番は決まっていて、大腸を通る便の動きと同じにします。

この4ヶ所を、それぞれ片手の指の腹で押しもみます。まず、小指から人さし指をそろえ、そろえた指の腹を右下わき腹に当てます。ピンポイントではなく、だいたいの位置に指の腹が当たればいいでしょう。

次に、手の指の腹を回しながら押し込んでいきます。このとき、硬く感じるところがあれば、そこを重点的にもみほぐすようにしてください。

こうして、右下わき腹への刺激が終わったら右の肋骨の下あたり・左の肋骨の下あたり・左下わき腹を同様に刺激します。

なお、それぞれ手の指の腹で押し込んでいくときは、息を吐いてください。リラックス呼吸をしているので、各部8秒ずつ刺激することになります。

快便のツボマッサージのやり方は、以上のとおりです。全部で4ヶ所刺激するにしても、1分かからないくらいで終わります。少しいきんで便が出ないときにやってみてください。やり終わったあと、きっと便意を催し、らくに排便できるようになるはずです。

ただし、快便のツボマツサージは、おなかが痛むときには行わないようにしましょう。

→快便のツボマッサージを行う前に行うリラックス呼吸

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

便秘に即効性のある「股関節回し」の効果とやり方

50代の女性の身長が3cm伸びた! 今回は、腸を活発にして、便秘を解消する方法として股関節回しをご紹介していますが、実は、それ以外の健康効果も見逃せません。 骨盤や背骨のゆがみが調整され、筋肉のコリが …

「乾布摩擦」がおなかの働きを活発にし便秘解消に役立つ

数多くの方法から見つけ出した健康法 「乾布摩擦」が便秘の予防や解消に役立つことをご存知ですか? ヘルス&ダイエットエキスパートの和田清香先生は、これまでに、古今東西の250ものダイエット法、健康法をた …

つらい便秘を「腸ゆらし」で改善し毎日排便があるように

トイレに長時間こもって苦しんだ 慢性便秘では、ねじれた腸が便秘の原因である場合が少なくありません。30~40年もの間、便秘に悩まされている人も珍しくないのです。そうしたつらい便秘を、「腸ゆらし」で改善 …

便秘と下痢をくり返す場合にも「腸ゆらし」が有効

毎日1~2回便通がある! ねじれ腸が原因の混合型過敏性腺症候群の場合は、便秘と下痢をくり返します。排便時に痛みを伴い、これは、ねじれた部分に引っ掛かって、栓のようになっていた硬い便が出ると、つかえてい …

便秘改善のために腹筋を鍛えられる、高齢者にお勧めの「おなかペタンコ体操」

らくに腹筋が強められる優れた運動 高齢者が行う運動という点から考えると、ウォーキングもベストな運動法としておすすめはできないでしょう。というのも、高齢者の中には、足腰に痛みがあつたり体力が低下していた …