便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

翌朝の便通が快適になる「快便のツボマッサージ」

投稿日:

便がたまりやすい場所をマッサージする

強くいきみすぎるのは便秘を助長することになりますが、ほかにも思わぬ大病を招くことがあります。

それは、脳卒中や心筋梗塞です。強くいきむと交感神経が優位になり血圧は上がりますが、このとき息を止めたりおなかに力を入れたりすることで血圧はいっそう高くなるため、脳卒中や心筋梗塞が起こり、最悪は命を落とすこともあるのです。

そのことから、便秘にならない・便秘を悪化させないためには、強くいきみすぎるのをやめることです。とはい、え、便を出したいのだからしかたないと思う人もいるでしょう。そうした人は、ぜひとも、快便のツボマッサージを行ってください。

快便のツボマッサージといっても、東洋医学でいうツボをマッサージするわけではありません。ここでいうのは、便がたまりやすく、マッサージすることでたまった便を速やかに先に送れる場所を示します。

そのいわば快便の急所(ツボ)は、大腸の四隅です。その四カ所は、便がたまりやすいとわかっています。では、その位置を具体的に述べましよう。

 

 

大腸は、小腸から続く器官で、厳密にいうと盲腸・結腸・直腸の3部に区別されます。このうち、上行結腸の下
部である右下わき腹、上行結腸の上部である右の肋骨の下あたり、横行結腸の終わりである左の肋骨の下あたり、そして下行結腸の下である左下わき腹の四隅が、快便のツボです。

なお、この4ヶ所のうち、特に上行結腸の下部と横行結腸の終わりの2ヶ所は、便がたまりやすいスペシャルポイントともいえます。

入浴後に行うと翌朝の便通が快適に

この快便のツボマッサージを行うと、四隅にたまって硬くなっている便がほぐれて先送りされやすくなります。そのため、便が出やすくなるわけです。

快便のツボマッサージを行うのは、朝のトイレの中がいいでしょう。これまで強くいきんでいたとき、たとえるならおなかに不快感があるのに便が出ないというときに、気分を落ち着かせて行います。快便のツボマッサージをやり終わったあと、少しいきむだけですんなり排便できるようになる人が多いはずです。

なお、快便のツボマッサージの効果を高めるコツもあります。それは、入浴後にも行うことです。体が温まっているときに快便のツボマッサーシを行うと、たまった便が非常に柔らかくなって、翌朝の便通をいっそう快適にすることでしょう。

→トイレでいきみすぎると頑固な便秘になってしまう可能性が

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

現在便秘中の人は、炭水化物→たんぱく質→食物繊維の順番で食べましょう

野菜は生野菜よりも温野菜のほうがよい! 最近、食べる順番を工夫することで、肥満や血糖値の上昇を防ぐというダイエットが話題になっています。 具体的には、食物繊維を多く含む野菜などをまず食べ、次に肉や魚な …

長年の悩みだった便秘を解消することができたと好評の「足首つかみ」

日本人に多いねじれ腸を正す! 会津若松市にあるえんどうクリニックでは、1994年の開業時から、月に2回、予約制の「便秘外来」を設けています。便秘外来の目的は、頑固な便秘に悩む患者さんの、便秘の原因を突 …

朝ゆったりとした時間を持つことが、快便につながる

朝食をとるとさらに効果的 便意は、リラックスした状態になって、はじめて起こるようにできています。ですから、朝、1分1秒を争っているときには、便意は起こりにくいのです。 朝少し早く起きて、朝食を食べて、 …

パンツをはいて寝ると自律神経のバランスが崩れる

睡眠障害はストレスから引き起こされる 五輪橋産婦人科の丸山淳二先生は、20年ほど前から、「脱パンツ睡眠」を提唱してきました。これは、下着を身につけずに眠る健康法です。 「寝つきが悪い」「眠りが浅い」「 …

しゃがんだ姿勢で便意がもよおす

10分くらいをめどに 便秘、大変です。出ない、出ない、とあせって、精神的にも消耗します。 仕事柄、頻繁に海外に出かけており、時差で頑固な便秘になることがあります。ヨーグルト・バナナ・野菜・オレンジジュ …

PR