便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を予防するために

トイレでいきみすぎると頑固な便秘になってしまう可能性が

投稿日:2月 16, 2018 更新日:

交感神経が優位になり便が出にくくなる

朝、トイレで便がなかなか出ず、強くいきんで便を出そうという人は少なくありません。全くいきまずにスルッと便を出すというのは無理がありますが、強くいきみすぎる状態が毎日続くと、便がさらに出にくくなり、ひいては頑固な便秘になってしまう可能性があります。

そもそも、強くいきむという行為は、自律神経(意志とは無関係に血管や内臓の働きを調整する神経)の一種で、体を活動的にする交感神経を優位にさせます。

自律神経は、交感神経と体を安静にする副交感神経がバランスを取りながら成り立っています。交感神経は、車でいえばアクセルに相当し、この働きが優位になると血管が収縮して血圧も上がります。副交感神経は、車でいうとブレーキに相当し、この働きが優位になると血管が拡張して血圧は低下します。

この交感神経と副交感神経は、うまくバランスを取りながら作用していますが、現代生活においてそのバランスがくずれがちです。自律神経のバランスがくずれると心と体の不調が起こりやすくなってしまいます。

 

 

話を戻しますが、トイレで便を出すときは、本来、副交感神経が優位であるべきです。副交感神経が優位なときは、腸の働きが活発になってぜんどう運動(内容物を先に送る運動)が活発になるためです。

それが、強くいきみすぎていると交感神経が優位になってぜんどう運動がうまく行われず、便が出にくい状態になってしまうのです。

また、強くいきんで硬い便を無理に出そうとすると、切れ痔が起こりやすくなります。切れ痔があると、痛みで排便をためらいがちになり、便がいっそう出にくい状態に陥ってしまいます。

さらに、強くいきみすぎると、直腸瘤ができる恐れもあります。直腸瘤とは、出産経験のある更年期の女性に多い病状で、肛門近くの直腸下部にコブが生じ、そこに便がつまって排便がしにくくなります。

→翌朝の便通が快適になる「快便のツボマッサージ」

 

 

-便秘を予防するために

執筆者:

関連記事

腸内環境が悪すれば多くの現代病を引き起こす病気体質になる

腸には免疫細胞の約7割が集中 「腸とは何か?」 この間いに答えられる人がどれだけいるでしょうか。多くの人は、腸のことを、単なる「便の通り道」というくらいの認識しか持っていないかもしれません。「栄養の消 …

医者が教えてくれるちょっとした快便術

東邦大学医療センター大森病院、瓜田純久医師の便秘にならないためのヒントです。 適量のビールは便秘を防ぐ お酒を飲むと、翌日におなかがゆるくなるという人がいます。これはおそらく、お酒が進んで水分摂取量が …

食事の間を8時間開けると排便がスムーズになる

食べてから約8時間後にぜんどう運動が活発に 口から入った食べ物が食道を経て、胃、小腸、大腸と進み、消化吸収され、便となって排泄される。 その過程は、神経系や内分泌系(ホルモンを分泌するしくみ)が複雑に …

食事量を減らすのは、便秘解消には逆効果

3度の食事で腸を刺激し排便を促す 便秘で悩む人は、食事のたびに、食べるべきか、控えるべきか悩んでしまうことでしょう。そして、多くの人が、便が腸内にたまったりおなかが張ったりすることを気にして、食べる量 …

快便呼吸法を行い、下着をはかずに眠ることによって、今は便秘とは無縁

鍛えるより、ゆるめる 九州気功協会会長の古屋ネネさんは、福岡県北九州市を中心に気功を教えています。 古屋さんが気功に出会ったのは、今から26年前の事です。その頃の古屋さんは、ボディスーツとレオタードで …

PR