便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する食べ物・飲み物

大麦ヨーグルトの乳酸菌と食物繊維の2大成分の効果で、腸が若くなり便秘がたちまち解消する

投稿日:

食物繊維を1日に17~20gほどとるように推奨されている

第2に活躍するのが、大麦に含まれる食物繊維です。食物繊維は、腸から吸収されずに便とともに排泄される成分で、以前は栄養にならない不要なものと見なされていました。ところが、研究が進むにつれて腸の健康を守る重要な成分であることが明らかになったのです。

具体的にいうと、食物繊維には、便のカサを増やして排便を促したり、腸内の余分な脂肪や糖、塩分、あるいは発ガン作用のある有害物質を吸着して体外に排出したりする有益な働きがあります。そのため、厚生労働省も食物繊維を1日に17~20gほどとるように推奨しているのです。

こうした食物繊維は、厳密にいうと、水に溶けやすい「水溶性の食物繊維」と、水に溶けにくい「不溶性の食物繊維」の2種類に大別できます。

水溶性の食物繊維は海藻やコンニャク、熟した果実などに多く含まれていて、もう一方の不溶性の食物繊維は野菜や穀物、未熟の果実などに多く含まれています。

 

 

水溶性の食物繊維が不足しがち

消火器科の医師によると、不溶性の食物繊維も、水溶性の食物繊維も、どちらもとる必要がありますが、理想的な便の硬さや形、重さにするには、「不溶性2:水溶性1」の割合でとるようにいわれています。これは、それぞれの食物繊維が腸で担っている役割が違うからです。

不溶性の食物繊維は、便のカサを増して腸壁に適度な刺激を与えぜんどう運動を促します。それに対し、水溶性の食物繊維は消化物をゲル状(ゼリーのような状態)に軟らかくして排便しやすくするほか、余分な糖や脂肪をからめとって便といっしょに排泄する働きがあります。

2つの食物繊維のうち、現代人に不足しがちなのは水溶性の食物繊維のほうです。

私たちがよく食べる穀物・野菜・豆類には、不溶性の食物繊維が多く、海藻などをとる機会が減ってしまった現代の日本人の食事では、どうしても水溶性の食物繊維が不足してしまうわけです。

食物繊維の理想的な摂取比率のバランスに近い

そこで、大麦が注目されるのです。大麦100g当たりに含まれる水溶性の食物繊維の量は6.0gで、不溶性の食物繊稚の曇は3.6g。水溶性の食物繊維が、不溶性の食物繊維よりも約1.7倍も多いのです。

つまり、大麦ヨーグルトを毎日とれば、特に不足しやすい水溶性の食物繊維を手軽に補え、食物繊維の理想的な摂取比率である「不溶性2:水溶性1」のバランスに近づけることができます。

こうしたことから、大麦ヨーグルトをとれば、乳酸菌と食物繊維の2大成分の効果で腸が著しく若くなり便秘がたちまち解消するのです。

→大麦ヨーグルトは腸の善玉菌を増やし便秘解消効果がある

 

-便秘を改善する食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

血流をアップさせるカレーで便秘を改善させるには野菜を多めに

野菜を多く使うとますます腸が活性化! 現代人は、腸が衰えているかたがたくさんいます。生活が便利になり、加工食品や甘いもの、冷たいものを過剰に摂取していることが原因です。 腸は、「第2の脳」と呼ばれるほ …

便秘解消に効果抜群!女医が勧める「リンゴミルク」

便通は1日2回!還暦を過ぎても超美肌 今回の「腸カアップ」のために、里見英子クリニック院長の里見英子先生がお勧めするのは、「リンゴミルク」です。手軽に作れてとっても美味で、便秘解消に効果抜群! ぜひと …

腸内フローラをよくするため夏でもお風呂に入り玉ネギを食べる

夏でも湯ぶねにつかって体を温める 末永く健康で元気に生きるために、私たちが最も気を使うベき相手は腸内細菌です。そのことは、近年の研究によって明らかになりつつあります。 腸内細菌は、病原菌を排除して食物 …

キウイフルーツが便秘解消にとても効果的

3つの作用で便秘を改善する キウイフルーツが、便秘解消にとても効果的なのをご存じでしょうか。 ここでは、2009年に金沢大学大学院医学系研究科の鈴木信孝特任教授らの研究グループが発表した、キウイの便通 …

便秘改善に効果のある「大根スープ」で花粉症も体臭も軽減

いろいろな治療法を試したがどれも効果がなかった マクロビオティック研究家の 中 美恵先生が、長年悩まされてきた花粉症などの不調や、ぽっちゃり体型から抜け出せたのは、マクロビオティック(日本の伝統食が基 …