便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する食べ物・飲み物

大麦ヨーグルトは腸の善玉菌を増やし便秘解消効果がある

投稿日:1月 28, 2018 更新日:

善玉菌優勢の腸内環境にしてくれる

大麦ヨーグルトというものをご存じでしょうか。これは、プレーンヨーグルト(甘味料や香料などが加えられていないヨーグルト)と大麦(ゆでた押麦)に、果物を加えてミキサーにかけた食べ物のこと。テレビやインターネットで続々と紹介され、現在、主婦や若い女性の間でブームになっています。

大麦ヨーグルトが人気となっている理由の一つとして、便秘解消効果があります。大麦ヨーグルトを常食すれば、毎日、決まった時間に通じがあるようにり、しかも、バナナのように形のいい便になる、というのです。

でも、いったいどうして大麦ヨーグルトで便秘がそれほどよく解消されるのでしょうか。これは、大麦ヨーグルトに含まれる成分のためで、まず活躍するのが、ヨーグルトに含まれている乳酸菌です。

 

 

乳酸菌とは、糖を分解して乳酸や酢酸を作り出す菌の総称で、ブルガリア菌・サーモフィラス菌・カゼイ菌などの種類があります。ヨーグルトをとると、乳酸菌によって腸の働きが断然活発になります。具体的に述べましょう。

そもそも、私たちの腸内には細菌がすみついており、善玉菌と悪玉菌に分かれ、お互いに勢力争いをしています。

善玉菌とは、腸の働きを促す腸内細菌で、ぜんどう運動(内容物を先送りする運動)を活発にさせて、便秘の解消に効果があります。乳酸菌も、この善玉菌の一種です。

一方、悪玉菌とは、腸内細菌の中でも腸の働きを衰えさせる菌です。悪玉菌が多くなると、相対的に善玉菌が少なくなってしまい、便秘になったり、便に悪臭が生じたりします。

ヨーグルトを食べて乳酸菌を体内に取り入れれば、それが腸の善玉菌の数を増やすことにつながり、結果的に悪玉菌の増加を抑えて、善玉菌優勢の腸内環境にしてくれるわけです。

→大麦ヨーグルトの乳酸菌と食物繊維の2大成分の効果で、腸が若くなり便秘がたちまち解消する

 

 

-便秘を改善する食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

「夜ヨーグルト」で便秘や冷え症、不眠が解消!

夜は腸内で乳酸菌が繁殖するのに最適! 私たちの体の諸機能は、私たちの意志とは関係なく、自律神経という神経によって、コントロールされています。自律神経は、緊張状態のときに優位になる交感神経と、リラックス …

漫画家の柴田亜美さんが「おからチャーハン」で便秘を克服!トータル14kgの減量にも成功!

イソフラボン効果でバストアップ! 私は体調をくずしたのをきっかけに10kgほど太ってしまい、44歳のときに、ダイエットをしようと一大決心しました。最初は、蒸し野菜やサツマイモ、ラム肉をポン酢で食べると …

便秘の改善・解消に納豆を食べるなら、アマニ油を大さじ一杯程度かけると効果的

医療現場でも注目を集めるα-リノレン酸 リノール酸のとりすぎの害を被ることなく便秘退治に植物油を活用するには、3種類の脂肪酸のうち、α-リノレン酸を主とする油をとるべきです。α-リノレン酸酸はリノール …

納豆のマグネシウムが便秘解消に効果あり!

弛緩性便秘の改善・解消にマグネシウムの摂取は重要 納豆の第二の快便栄養として注目したいのが、マグネシウムというミネラル(無機栄養素)です。 マグネシウムには、腹の中の水分が体内に吸収されるのを防ぐ役割 …

「朝一番の水のみ」が便秘に効果がある

朝一番の水のみは胃や腸を動かす 人間の体は、寝ている問にも汗や呼吸によって多くの水分を失っているので、寝起きの体は軽い脱水状態に陥っており、血液もドロドロです。朝一番にコップ一杯の水を飲むことは、体の …

PR