便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する食べ物・飲み物

便秘の改善・解消に納豆を食べるなら、アマニ油を大さじ一杯程度かけると効果的

投稿日:

医療現場でも注目を集めるα-リノレン酸

リノール酸のとりすぎの害を被ることなく便秘退治に植物油を活用するには、3種類の脂肪酸のうち、α-リノレン酸を主とする油をとるべきです。α-リノレン酸酸はリノール酸の弊害を打ち消し、さまざまな健康効果をもたらしてくれる善玉脂肪酸です。

具体的に、α-リノレン酸には次のような効果が認められています。

①血小板が固まって血栓(血液の塊)が生じるのを防ぐ。

②赤血球の変形能(微細な血管を通り抜けるために形を変える能力)を高め、血流を促す。

③血管を拡張させて血流を促し、高い血圧を低下させる。

④血液中の悪玉コレステロール値や中性脂肪値を低く保つ。

⑤コレステロールの酸化を抑え、動脈硬化を防ぐ。

⑥血管壁の弾力性を高める。

さらに、α-リノレン酸酸には炎症を起こす物質の産出を抑える働きのあることがさまざまな研究で確認されており、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患の治療現場でも注目を集めています。実

際、北海道の厚生病院グループや、慈恵医科大学病院、順天堂大学医学部小児科などでは、炎症性腸疾患の治療にα-リノレン酸の豊富な油が活用されています。

 

 

アマニ油はα-リノレン酸が豊富な健康油

α-リノレン酸が多く含まれる植物油の代表格は、現在、その健康効果が世界中で注目されている「アマニ油(フラツタス油とも呼ばれる)」です。

アマニとは和名で亜麻と呼ばれるアマ科の一年草の種子で、このアマニから搾った油がアマニ油で、構成する脂肪酸全体の50~60%をα-リノレン酸酸が占めています。

便秘の改善・解消に納豆を食べるさいは、ぜひこのアマニ油を大さじ一杯程度かけてください。納豆にアマニ油をかけた「アマニ納豆」なら、納豆の味がまろやかになってとてもおいしく食べられます。納豆のうまみが引き立つので、加える調味料の量も減らせます。

また、ふだんの料理にもアマニ納豆を活用しましょう。ただし、アマニ油は長い時間、高温で加熱する調理には向かないので注意が必要です。

→納豆に植物油を加えてとると便秘解消の効果が高まる

 

 

-便秘を改善する食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

アガベの球茎のしぼり汁を粉末にした「アガベイヌリン」でビフィズス菌がふえて悪玉菌の増殖を抑制!

善玉菌をふやす働きが非常に優れている とはいえ、先述したように、水溶性食物繊維が豊富な食材は、あまり多くありません。小林先生は、便秘の患者さんにお勧めできる、水溶性食物繊維を探し求めてきました。 そし …

「腸活カレー」を食べ始めたら、きれいにやせることができ、体力もついた

ウエストやお尻が引き締まり、足も細くなった そして、肝心の体重も、すぐに変化が現れました。「腸活カレー」を食べ始めてから、毎月3~4kgずつ体重が落ち続けたのです。 そして、半年後には、なんと20kg …

納豆に植物油を加えてとると便秘解消の効果が高まる

油が便のすべりをよくして排便をうながす 弛緩(しかん)性便秘の改善・解消には、納豆菌やマグネシウム、食物繊維、オリゴ糖などの快便栄養を豊富に含む納豆の常食が有効です。ただ、その効果をさらに高める方法と …

「今、出なくて苦しい」という人は、食物繊維の摂取は控え、まずは消化のいい炭水化物を食べる

食物繊維によって腸の運動を活発にする よく一般に、「便秘の人は食物繊維を多く含む野菜や海藻類、豆類、キノコ類を取ったほうがいい」といわれます。 しかし、これは実は、注意が必要なのです。 食物繊維はビフ …

プルーンヨーグルトで腸内環境を整えて便秘や停滞腸を改善し病気を予防

排便に問題のある人は1000万人を超える 国民生活基礎調査によると、慢性の便秘で悩んでいる人の数は、1998年には人口1000人当たり、女性46・7人、男性18・6人でした。しかし、2010年には、女 …

PR