便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


腸内環境について

腸にとどまった硬い停滞便を押し出す腸内環境を作る

投稿日:

弛緩性便秘では水分の補給も肝心

少食に陥ることで、腸を刺激してぜんどう運動を促したり、便のカサを増やしたりする働きのある食物繊維が足りなくなれば、便秘は悪循環に陥ってしまいます。

また、少食による水分や植物油の摂取不足も問題です。高齢者は体の機能の衰えによってのどの渇きに気づきにくく水分不足に陥りがちです。また、年とともに油っぼいものをとりたくないと感じる人も多いでしょう。

ただ、弛緩性便秘は、便が長時間にわたって大腸に停滞した結果、便の中の水分が必要以上に奪われて硬い便になるという特徴があります。当然、水分不足に陥ればこうした傾向はさらに助長されます。

また、オリーブ油などの植物油には便の滑りをよくしてスムーズに排便させる作用があります。油の摂取不足に陥れば、こうした効果も得られなくなります。

すでに少食に陥っている高齢者に、「便秘解消効果のある食品をたくさん食べてください」とすすめるのは、あまり現実的ではありません。

ただ、少ない食事量の中でも、腸内の善玉菌を増やしたり腸のぜんどう運動を促したりする効果のある食品をとることで、腸にとどまった硬い停滞便を押し出す腸内環境を作ることも決して難しくはないのです。それには、ふだんの食生活でとる食品選びが非常に重要になるといえるでしょう。

 

 

-腸内環境について

執筆者:

関連記事

腸内環境由来の肌トラブルは腸内の善玉菌を増やさないと解決しない

悪玉菌が増えると肌にシワ、シミ、クスミが増加 全身の健康状態を大きく左右する腸の働きは、当然「美容」にも深くかかわっています。 腸内には善玉菌と悪玉菌が住み着いており、どちらが優勢になるかによって健康 …

腸内環境を良好に保てば中高年の健康不安を一掃する

腸内環境を良好に保つことが健康維持には欠かせない 腸こそ私たち人間の体のいわば根源的な臓器であり、腸内環境の良し悪しこそ心と体の健康状態を大きく左右する決め手であるのです。 つまり、腸が若々しく丈夫で …

腸内環境を良くすれば心の病気も改善する

病巣は人間の根っこである腸にあった! 日本の登校拒否児童(小・中学校)は約17万5000人、うつの患者は約97万人。なぜ、これだけ医療が発達しているのに、うつやひきこもりを治せないのか。アルツハイマー …

腸年齢が衰えている人は腸年齢の若返りに取り組むべき

善玉菌が多ければ腸は若くて健康 私たちの腸内には、無数の腸内細菌が住み着いています。腸内細菌は、ビフィズス菌のように私たちの健康にプラスに作用する善玉菌と、ウェルシュ菌のように体に弊害をもたらす悪玉菌 …

自分の腸と相性がいい乳酸菌を見つけることが便秘の解消には重要

死んだ乳酸菌は腸内の乳酸菌のエサとなる 便秘と無縁の腸内環境を整えるには、善玉菌を増やして悪玉菌を抑えるのが重要です。そのためには、善玉菌の援軍となる乳酸菌を積極的にとりたいものです。 最近では、ヨー …

PR