便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


腸内環境について

腸にとどまった硬い停滞便を押し出す腸内環境を作る

投稿日:

弛緩性便秘では水分の補給も肝心

少食に陥ることで、腸を刺激してぜんどう運動を促したり、便のカサを増やしたりする働きのある食物繊維が足りなくなれば、便秘は悪循環に陥ってしまいます。

また、少食による水分や植物油の摂取不足も問題です。高齢者は体の機能の衰えによってのどの渇きに気づきにくく水分不足に陥りがちです。また、年とともに油っぼいものをとりたくないと感じる人も多いでしょう。

ただ、弛緩性便秘は、便が長時間にわたって大腸に停滞した結果、便の中の水分が必要以上に奪われて硬い便になるという特徴があります。当然、水分不足に陥ればこうした傾向はさらに助長されます。

また、オリーブ油などの植物油には便の滑りをよくしてスムーズに排便させる作用があります。油の摂取不足に陥れば、こうした効果も得られなくなります。

すでに少食に陥っている高齢者に、「便秘解消効果のある食品をたくさん食べてください」とすすめるのは、あまり現実的ではありません。

ただ、少ない食事量の中でも、腸内の善玉菌を増やしたり腸のぜんどう運動を促したりする効果のある食品をとることで、腸にとどまった硬い停滞便を押し出す腸内環境を作ることも決して難しくはないのです。それには、ふだんの食生活でとる食品選びが非常に重要になるといえるでしょう。

 

 

-腸内環境について

執筆者:

関連記事

腸内環境を良好に保てば幸せになる

腸内環境の悪化により、幸福ホルモンが出にくい人が増えている 「どうすれば幸せになれますか?」 人類の永遠のテーマとも呼ぶべきこの質問に対する一つの解答が、最近ようやく見つかりました。その答えとは、「お …

腸のバリアを正常化すれば免疫反応が改善しアトピー・リウマチを撃退

かゆみと赤みのひどいアトピーが改善 機能性医学の見地から、ナグモクリニックで今注目しているのは、「隠されたアレルギー」です。普通のアレルギーなら、アレルギー原因に即座に反応して、じんましんや下痢などの …

腸内環境を良くすれば心の病気も改善する

病巣は人間の根っこである腸にあった! 日本の登校拒否児童(小・中学校)は約17万5000人、うつの患者は約97万人。なぜ、これだけ医療が発達しているのに、うつやひきこもりを治せないのか。アルツハイマー …

免疫に関係した症状の改善においては、「腸のバリア」の正常化が基本

腸のバリアの異常がアレルギー反応を招く ナグモクリニック アンチエイジング外来では、対症療法だけでは治りにくい慢性疾患に対して、「機能性医学」という治療方針を提唱しています。患者さんそれぞれの病因を探 …

腸内環境をよくすれば虫歯や歯周病を防ぐ

腸が唾液の質を左右している 口の中を診ると、腸の健康状態がわかる…。こういうと、まさかと思うかもしれませんが、ほんとうです。口と腸は一見別々に見えますが、実は深い関係があり、お互いに強く影響し合ってい …

PR