便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

おなかペタンコ体操のやり方とコツ

投稿日:

背筋を伸ばして腹全体をへこませる

おなかペタンコ体操の具体的なやり方については、下記を参照してください。以下、体操を行うさいのコツと注意点を述べます。

おなかペタンコ体操では、おなか全体をへこませる必要がありますが、実際に行うと下腹だけをへこませる人がいます。ヘソの上のあたりを手前に引き込むように意識すると、うまくおなか全体をへこませることができます。

立った状態や座った状態でおなかペタンコ体操を行うさいは、背すじを伸ばして、背中が丸まらないようにしてください。背中が丸まった状態ではおなかの筋肉を強める効果が得られません。

また、肩に余計な力を込めて、肩が上がらないように注意しましょう。おなかをへこませた状態を30秒保っている間は、呼吸を止めてはいけません。腹筋の力でおなかをへこませた状態を保ちつつ、呼吸はふだんどおり行いましょう。

体操中に腰に疲れを感じやすい人は、おなかをへこませるとともにお尻の穴を締めてください。そうすれば、腰にかかる負担がうまく分散されます。

 

 

おなかペタンコ体操を行えば、おなかの表面に近いところにある腹直筋や外腹斜筋はもちろん、おなかの深部にある内腹斜筋や腹横筋も鍛えられます。おなかの深部筋肉は内臓を支えるコルセットのような役割を担っているので、タルミ腸の改善に重要な筋肉といえます。

おなかペタンコ体操の効果は腹筋強化だけにとどまりません。おなかをへこませる運動は、直接、大腸にマッサージ刺激を加えることになります。その刺激によって、当然、衰えた大腸の働きも回復していくと期待できます。

おなかペタンコ体操を家事の間やテレビを見ているときなど、あいた時間があれば一日に何度でも積極的に行いましょう。ただし、食後すぐに行うのはやめてください。

そうして、毎日の生活でおなかペタンコ体換を実践することで、頑固な便秘が治る人は多いものです。慢性的な便秘に悩んでいる人心ぜひ試してみてください。

おなかペタンコ体操のやり方

①背すじをしっかりと伸ばした状態で、おなか全体をへこませながら、口からゆっくりと息を吐く。このとき、肩に余計な力を込めて、肩が上がらないように注意する。

②おなかを限界までへこませたら、その状態を30秒保つ。その間は息を止めず、ふだんどおりの呼吸を行う。

・体操中に腰に疲れを感じやすい人は、おなかをへこませるとともにお尻の穴を締めると、腰にかかる負担を減らせる。

・おなかペタンコ体操は家事の合間やテレビを見ているときなど、あいた時間に何度でも積極的に行う。ただし、食後はさける。

おなかペタンコ体操は、座った状態やあおむけに寝た状態で行ってもいい。座って行うさいは、立って行う場合と同様に、背すじをしっかり伸ばすことを意識する。

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

腹痛を伴う便秘に効果のある「腸ゆらし」の成果

なんでも試したがどれも効果はなかった ねじれ腸が原因の便秘の特徴は、腹痛を伴う便秘。これは、便秘型過敏性腸症候群の典型的な症状の一つです。ストレスが原因ではない場合に、「腸ゆらし」がよく効きます。患者 …

便秘と下痢をくり返す場合にも「腸ゆらし」が有効

毎日1~2回便通がある! ねじれ腸が原因の混合型過敏性腺症候群の場合は、便秘と下痢をくり返します。排便時に痛みを伴い、これは、ねじれた部分に引っ掛かって、栓のようになっていた硬い便が出ると、つかえてい …

つらい便秘を「腸ゆらし」で改善し毎日排便があるように

トイレに長時間こもって苦しんだ 慢性便秘では、ねじれた腸が便秘の原因である場合が少なくありません。30~40年もの間、便秘に悩まされている人も珍しくないのです。そうしたつらい便秘を、「腸ゆらし」で改善 …

手の甲刺激で冷えが取れ便秘や下痢が解消し腸の働きが回復していく

多くの慢性的な病態にも影響を及ぼす 手の甲心刺激は、大津接骨院院長である石橋輝美先生の経験から生まれたもので、これに患者さんへの治療経験を積み重ねて体系化した治療法です。その方法は、手の甲にある、全身 …

1日に1回「うつぶせ寝」するだけで、おなかにたまったガスが排出される

まんべんなくマッサージできる そんなガス腹に悩む患者さんに、東邦大学の瓜田先生がいつも勧ているのが、1日に1回「うつぶせ寝」をすることです。 やり方は簡単で、10分ほど、床の上でうつぶせに寝た姿勢を保 …

PR