便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘について 便秘を予防するために

腹筋の衰えが便秘の発症に大きくかかわっている

投稿日:

内臓を支えてその働きを正常に保つ腹筋

高齢者に弛緩性便秘が起こりやすい大きな原因として、加齢による腹筋の衰えや腸壁の弾力性の低下があります。

高齢者の弛緩性便秘を解消に導くには、これらの原因を取り除く必要があります。しかし、老化によって低下してしまった腸壁の弾力性自体を自力で回復させるというのは、難しいといわざるをえないでしょう。そこで必要となるのが、高齢者の弛緩性便秘のもう一つの原因となっている腹筋の衰えを正すということです。

腹筋は、さまざまな内臓を支えたり、その働きが正常に行われるのを助けたりするのに重要な役割を果たしています。

大腸や小腸、胃など、私たちの腹部に収まっている内臓は、主に腹筋の力によって支えられて、本来あるべき位置を保っています。ところが、加齢や運動不足などが原因で腹筋が衰えると、内臓を支える力も弱まっていきます。その結果、大腸の上部にある胃が重力の影響で下垂してくることも相まって、大腸がたるむ「タルミ腸」を引き起こしてしまうのです。

先ほども述べたように、特に高齢者の場合は、若いころに比べると腸壁の弾力性が大きく低下しているため、腹筋の裳えによる大腸のタルミは、さらに起こりやすくなるといえるでしょう。

 

 

腹筋は排便時のいきむ力を生み出す源

また、腹筋は大腸が便を直腸に送り出して排便を促すという点でも、重要な役割を担っています。

よく「いきむ」という言葉が使われますが、排便のさいには、意識をするしないにかかわらず、誰しもおなかにぐっとカを入れた状態で踏んばり、いきんでいるものです。

大腸で作られた便は、ぜんどう運動(内容物を先送りする働き)によって直腸まで運ばれますが、そこから肛門を通じて体外に押し出すには、さらなる力が必要です。

つまり、私たちは腹筋を使っていきみ、おなかの内側に圧力を加えることで、便を体外に押し出しているというわけです。腹筋が衰えると、当然、便を体外にうまく押し出せなくなり、便秘は悪化していくことになります。

このように、腹筋の衰えは、さまざまな意味で便秘の発症や悪化を促します。高齢者が転倒などで一時的にでも寝たきりになり、腹筋などの全身の筋肉が急激に衰えると、それまで便秘のなかつた人でもほぼ例外なく便秘に陥るものです。

こうした事実も、腹筋の衰えが便秘の発症に大きくかかわっていることを如実に示しているといえるでしょう。

 

 

-便秘について, 便秘を予防するために

執筆者:

関連記事

対策を怠れば便秘は難治化の一途をたどります

腸の働きが低下して排便がスムーズにできなくなる 日本中で便秘に悩んでいる人は、約660万人(平成19年度国民生活基礎調査)といわれ、自覚していない人も含めると便秘人口は1000万人を超すのではないかと …

便秘を専門に診察する「便秘外来」

生活指導だけで大半の便秘は改善 「便秘外来」開設当初は、医師の間でも「便秘で病院へ行くなんて」という意識がまだ色濃くありました。その後、研究が進み、便秘が全身の健康を害する大きな原因となることが明らか …

昼食のあとに昼寝をすると腸内環境がよくなり健康増進にも役立つ

驚くほど若々しい腸内環境を維持していた 昔からよく、食べてすぐ寝ると「牛になる」とか、「行儀が悪い」といわれてきました。ところが、『たけしの家庭の医学』(テレビ朝日系列)という番組で、大変興味深い内容 …

過度の清潔志向が便秘や腸内環境を悪くする原因に

過度の除菌・抗菌で病気を招きやすくなる 最近になってようやく、「腸内環境」の重要性が、一般の人たちの間でも広く認識されるようになりました。実際に、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えると、腸内環境が悪化し …

自律神経が乱れが便秘を起こす

腸のぜんどう運動を活発にする 便秘を解消するためには、腸内環境を整えることが重要です。では、そのために、どんなことが大事なのでしょう。 最も重要なポイントは、腸のぜんどう運動です。ぜんどう運動というの …