便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を予防するために 腸内環境について

過度の清潔志向が便秘や腸内環境を悪くする原因に

投稿日:

過度の除菌・抗菌で病気を招きやすくなる

最近になってようやく、「腸内環境」の重要性が、一般の人たちの間でも広く認識されるようになりました。実際に、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えると、腸内環境が悪化して便秘や下痢が起こりやすくなります。同時に免疫(病原体から体を守るしくみ)のバランスもくずれ、食中毒やアレルギー痛が発生しやすくなるのです。

そのためか、近年、日本人の間では「体に有害な細菌を徹底的に排除しよう」という風潮が強まっているように感じられます。その証拠に、公共施設の入口には必ずといっていいほど手のアルコール消毒液が置かれ、薬局やスーパーには除菌・抗菌グッズがあふれています。

日ごろから消毒や殺菌に励む習慣は、いかにも衛生的で、一見すると健康に有益であるかのように思えます。しかし、皮膚の表面や口内に存在する細菌を必要以上に排除すると、腸内細菌など、私たちの体に住み着いている細菌全体のバランスがおかしくなり、かえつて病気にかかりやすくなってしまうことは、あまり知られていません。

例えば、腸の悪玉菌のひとつとされる大腸菌は、心底悪い菌ではなく、野菜に含まれる食物繊維を分解するなど、いい働きをする一面があります。つまり、悪玉菌といえども一定量は体内に必要なのです。もし、腸内の悪玉菌が全く存在しなくなったら、きっと腸の病気が増えることでしょう。

 

 

清潔習慣はほどほどがいい

そもそも、衛生上よくないといわれる細菌でも、人体に本当に有害な細菌はそれほど多くありません。しかも、食中毒を招く病原性大腸菌など病原性の強い細菌は、おおむね生命力が弱く、ほかの細菌の影響ですぐに死滅してしまうものです。

しかし、除菌・抗菌を徹底してほかの細菌がいなくなると、病原性の強い菌は感染した人間の体内でやりたい放題となり、悪さを働くようになるのです。

また、消毒・殺菌をやりすぎると、免疫にかかわる細菌まで死んでしまい、花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギー病が起こりやすい体質にもなります。皮肉なことに、アレルギー病にかかる人は、泥にまみれて育った私のような戦前生まれの世代より、清潔な室内で大事に育てられた現代っ子のほうが圧倒的に多いのです。

もちろん、うがいや手洗いといつた衛生習慣が、インフルエンザなどの病気を防ぐことは疑いのない事実です。要はやりすぎないことです。

 

 

-便秘を予防するために, 腸内環境について

執筆者:

関連記事

便秘改善のために下剤を常用するとクセになってしまう

下剤の常用で便秘を悪化させる人が多い 便秘がなかなか改善しないと、つい下剤に頼って排便を無理に促してしまう、という人はいます。そんな人は要注意です。便秘外来を受診する患者さんの中にも、下剤を常用してい …

食事の間を8時間開けると排便がスムーズになる

食べてから約8時間後にぜんどう運動が活発に 口から入った食べ物が食道を経て、胃、小腸、大腸と進み、消化吸収され、便となって排泄される。 その過程は、神経系や内分泌系(ホルモンを分泌するしくみ)が複雑に …

肉類を好んで食べる人は便秘をしやすくなる

毎日排便があっても悪玉菌が多くなっていることが 近年、便秘や大腸がん、大腸ポリープなどの腸の病気が急増していますが、これは肉食を中心とした欧米風の食生活が原因していると考えられています。肉食をすると動 …

腹筋の衰えが便秘の発症に大きくかかわっている

内臓を支えてその働きを正常に保つ腹筋 高齢者に弛緩性便秘が起こりやすい大きな原因として、加齢による腹筋の衰えや腸壁の弾力性の低下があります。 高齢者の弛緩性便秘を解消に導くには、これらの原因を取り除く …

腸内環境を良くすれば心の病気も改善する

病巣は人間の根っこである腸にあった! 日本の登校拒否児童(小・中学校)は約17万5000人、うつの患者は約97万人。なぜ、これだけ医療が発達しているのに、うつやひきこもりを治せないのか。アルツハイマー …

PR