便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ

便秘を予防するために 腸内環境について

過度の清潔志向が便秘や腸内環境を悪くする原因に

投稿日:

過度の除菌・抗菌で病気を招きやすくなる

最近になってようやく、「腸内環境」の重要性が、一般の人たちの間でも広く認識されるようになりました。実際に、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えると、腸内環境が悪化して便秘や下痢が起こりやすくなります。同時に免疫(病原体から体を守るしくみ)のバランスもくずれ、食中毒やアレルギー痛が発生しやすくなるのです。

そのためか、近年、日本人の間では「体に有害な細菌を徹底的に排除しよう」という風潮が強まっているように感じられます。その証拠に、公共施設の入口には必ずといっていいほど手のアルコール消毒液が置かれ、薬局やスーパーには除菌・抗菌グッズがあふれています。

日ごろから消毒や殺菌に励む習慣は、いかにも衛生的で、一見すると健康に有益であるかのように思えます。しかし、皮膚の表面や口内に存在する細菌を必要以上に排除すると、腸内細菌など、私たちの体に住み着いている細菌全体のバランスがおかしくなり、かえつて病気にかかりやすくなってしまうことは、あまり知られていません。

例えば、腸の悪玉菌のひとつとされる大腸菌は、心底悪い菌ではなく、野菜に含まれる食物繊維を分解するなど、いい働きをする一面があります。つまり、悪玉菌といえども一定量は体内に必要なのです。もし、腸内の悪玉菌が全く存在しなくなったら、きっと腸の病気が増えることでしょう。

 

 

清潔習慣はほどほどがいい

そもそも、衛生上よくないといわれる細菌でも、人体に本当に有害な細菌はそれほど多くありません。しかも、食中毒を招く病原性大腸菌など病原性の強い細菌は、おおむね生命力が弱く、ほかの細菌の影響ですぐに死滅してしまうものです。

しかし、除菌・抗菌を徹底してほかの細菌がいなくなると、病原性の強い菌は感染した人間の体内でやりたい放題となり、悪さを働くようになるのです。

また、消毒・殺菌をやりすぎると、免疫にかかわる細菌まで死んでしまい、花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギー病が起こりやすい体質にもなります。皮肉なことに、アレルギー病にかかる人は、泥にまみれて育った私のような戦前生まれの世代より、清潔な室内で大事に育てられた現代っ子のほうが圧倒的に多いのです。

もちろん、うがいや手洗いといつた衛生習慣が、インフルエンザなどの病気を防ぐことは疑いのない事実です。要はやりすぎないことです。

 

 

-便秘を予防するために, 腸内環境について

執筆者:

関連記事

快便呼吸法を行い、下着をはかずに眠ることによって、今は便秘とは無縁

鍛えるより、ゆるめる 九州気功協会会長の古屋ネネさんは、福岡県北九州市を中心に気功を教えています。 古屋さんが気功に出会ったのは、今から26年前の事です。その頃の古屋さんは、ボディスーツとレオタードで …

腸内環境を良好に保てば幸せになる

腸内環境の悪化により、幸福ホルモンが出にくい人が増えている 「どうすれば幸せになれますか?」 人類の永遠のテーマとも呼ぶべきこの質問に対する一つの解答が、最近ようやく見つかりました。その答えとは、「お …

便秘の漢方薬は、効きめが緩やかで副作用も少ないわけではない

服用後に腹痛や下帝を起こすこともある 医療の現場では、さまざまな場面で漢方薬を使うことが増えています。漢方薬は、その人の体質・病状・現れている症状などから病気を総合的に判断し、いくつもの生薬(植物や動 …

自分の腸と相性がいい乳酸菌を見つけることが便秘の解消には重要

死んだ乳酸菌は腸内の乳酸菌のエサとなる 便秘と無縁の腸内環境を整えるには、善玉菌を増やして悪玉菌を抑えるのが重要です。そのためには、善玉菌の援軍となる乳酸菌を積極的にとりたいものです。 最近では、ヨー …

腸内環境をよくすれば虫歯や歯周病を防ぐ

腸が唾液の質を左右している 口の中を診ると、腸の健康状態がわかる…。こういうと、まさかと思うかもしれませんが、ほんとうです。口と腸は一見別々に見えますが、実は深い関係があり、お互いに強く影響し合ってい …