便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する食べ物・飲み物 腸内環境について

便秘の漢方薬は、効きめが緩やかで副作用も少ないわけではない

投稿日:

服用後に腹痛や下帝を起こすこともある

医療の現場では、さまざまな場面で漢方薬を使うことが増えています。漢方薬は、その人の体質・病状・現れている症状などから病気を総合的に判断し、いくつもの生薬(植物や動物、鉱物の一部をそのままか、少し手を加えた薬の材料)を組み合わせて、オーダーメイドの処方をするのが基本です。

便秘の治療においても、体質や生活習慣を重視して処方するので、一種類の漢方薬によって複数の症状が改善するケースも珍しくありません。

とはいえ、漢方薬だからといって、一般に考えられているように、効きめが緩やかで副作用も少ない、というわけではないのです。実は、腸を刺激するタイプの強力な下剤は、漢方薬で使われている生薬の大黄(だいおう)やセンナに含まれているものとよく似た成分で構成されています。

また、漢方薬の下剤の大半に含まれているセンノシド(センナの有効成分)という成分は腸刺激作用が強すぎて、服用後に腹痛や下痢を起こすこともあります。

このように、漢方薬といっても、決して作用が穏やかなものばかりではないので、服用のさいは西洋薬の下剤と同様の注意が必要です。

 

 

腸内環境をよくすることが大事

しかし、どうしても便が出ないときや、おなかの張りで苦しいときの窮余の一策として使うのなら、漢方薬は強い味方になってくれるでしょう。

その場合には、大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)をおすすめします。大黄甘草湯は、漢時代の便秘薬として古典書にも載っているほど有名な処方で、現衣でも便秘の標準治療に活用されています。

大腸刺激性の下剤成分を含んだ大黄と、便秘による腹痛や排便痛を緩和する甘草という2種類の生薬を組み合わせたシンプルな処方ですが、初日に8~9割の人の便秘が改善するほど速効性を発揮しています。

しかし、漢方薬を使った治療の場合も、腸内環境がよくならないかぎり、便秘が根本的に治ったとはいえません。病医院の治療のほかに、患者さん自身もふだんから食物繊維が多く栄養のバランスが取れた食事をとり、腸に適度な刺激を与えるストレッチなどの運動を習慣にすることも必要です。

漢方医や専門の薬剤師に処方してもらおう

さらに、漢方薬といえども常用するのは禁物です。大黄甘草湯は顆粒タイプのエキス剤としてドラッグストアでも市販されていますが、漢方薬は体質や症状に合わせて正しく処方してもらうのが原則です。

薬である以上、持病のある場合や体調が患いときなどは副作用の危険もあるため、漢方医や専門の薬剤師がいる薬局で処方してもらい、ましよう。

また、デトックス(毒出し)効果があるとされているお茶やサプリメント(栄養補助食品)にも生薬成分が含まれている場合があるので、安易に飲むのは要注意です。その点をよく調べてから利用することをおすすめします。

 

 

-便秘を改善する食べ物・飲み物, 腸内環境について

執筆者:

関連記事

美川憲一さんは食前に食べるキャベツのおかげで便秘知らず

「キレイになるのよ」という母のひと言 私がキャベツ好きになったのは、育ての母の影響なんです。小学校のころ、学校から帰ってくると、どんぶり1杯のせん切りキャベツが置いてあって、それを毎日、おやつ代わりに …

便秘改善のために下剤を常用するとクセになってしまう

下剤の常用で便秘を悪化させる人が多い 便秘がなかなか改善しないと、つい下剤に頼って排便を無理に促してしまう、という人はいます。そんな人は要注意です。便秘外来を受診する患者さんの中にも、下剤を常用してい …

ケフィアを飲み始めて3日めには便通があり毎日快便に

4つあった腸のポリープが消えてキレイな腸になった東京都 51歳 食品販売会社経営 男性の方の体験談です。 3日程度便が出ないことがよくあった 私は現在、51歳ですが、若いころから腸内ポリープに悩まされ …

食物繊維豊富な食事は、便秘を予防する基本

腸の健康は食材の選び方しだい 便秘が続くと、おなかが張ったり、ガスのにおいがきつくなったりと不快になります。さらに、肌荒れや痔の原因になったり、ひいては腸の病気を引き起こしたりもします。 現在、ガンに …

腸にとどまった硬い停滞便を押し出す腸内環境を作る

弛緩性便秘では水分の補給も肝心 少食に陥ることで、腸を刺激してぜんどう運動を促したり、便のカサを増やしたりする働きのある食物繊維が足りなくなれば、便秘は悪循環に陥ってしまいます。 また、少食による水分 …