便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘について 腸内環境について

便秘改善のために下剤を常用するとクセになってしまう

投稿日:

下剤の常用で便秘を悪化させる人が多い

便秘がなかなか改善しないと、つい下剤に頼って排便を無理に促してしまう、という人はいます。そんな人は要注意です。便秘外来を受診する患者さんの中にも、下剤を常用しているうちに便秘が悪化してしまった人はおおぜいいます。

便秘を招く原因は、腸のぜんどう運動が滞ったり、腸内環境が悪化したり、自律神経(意志とは無関係に血管や内臓の働きを支配する神経)のバランスがくずれたりとさまざまです。

こうした根本的な原因には目をつむり、排便だけを薬に頼っても一時しのぎの効果しか得られず、すぐにまた便秘になってしまうでしょう。すると、下剤を使うのがクセになり、そのうちに使用回数が増えて依存するようになってしまうのです。

排便を促す作用が強い下剤は、腸を直接刺激してぜんどう運動を活発にするように働きかけます。つまり、強力な刺激剤なので、常用していると腸が炎症を起こしやすくなるのです。その結果、炎症ではれた腸は悪玉菌の温床になってしまい、最悪の場合には腸の動きが止まってしまうことさえあります。

 

 

まず食物繊維の多い食事と水分補給を心がける

便秘外来では、重症の便秘の患者さんでも基本的に下剤を処方することはありません。便秘治療の目的は、腸内環境を整えて腸のぜんどう運動が自然に行えるようにすることなので、まず食物繊維の多い食事と水分補給を心がけることから指導します。

そして、腸に適度な刺激を与えて自力で排便ができるよう促すために、腹筋を鍛える運動や快便のツボマッサージも実行してもらいます。

こうした基本的な指導を行っても、重度の便秘の患者さんは、腸内環境がそうたやすく改善できません。そこで、便秘薬の力を借りるのですが、処方するのは下剤ではなく、乳酸菌を主成分とする整腸剤です。つまり、腸内の善玉菌に加勢する助っ人(乳酸菌)を大量に送り込んでやるわけです。

作用の弱い下剤を少量から試すのがポイント

整腸剤によって腸内環境が善玉菌優勢になれば、食事や運動の効果が増して自律神経の乱れも整ってくるので、薬に頼らなくても自力で排便ができるようになってくるでしょう。

また、市販の下剤の中には、便を軟らかくする緩下剤もあります。このタイプの下剤は腸壁から水分を引き出し、硬くなった便を軟らかくすることで排便を促してくれるのですが、腸を刺激するタイプに比べれば効きめが緩やかでクセになりにくいという利点があります。

こうした作用の弱い下剤を少量から試し、1~2週間で排便ができるようになったら服用を中止するのもひとつの方法です。

 

 

-便秘について, 腸内環境について

執筆者:

関連記事

便秘の改善には副交感神経の働きを高めること

現代人の夜型生活が便秘を招いている 自律神経のバランスを整えるためには、朝の過ごし方がとても重要です。そして、充実した朝を過ごせるかどうかは、夜の過ごし方にかかっているともいえます。では、夜は、どのよ …

腸年齢が衰えている人は腸年齢の若返りに取り組むべき

善玉菌が多ければ腸は若くて健康 私たちの腸内には、無数の腸内細菌が住み着いています。腸内細菌は、ビフィズス菌のように私たちの健康にプラスに作用する善玉菌と、ウェルシュ菌のように体に弊害をもたらす悪玉菌 …

免疫に関係した症状の改善においては、「腸のバリア」の正常化が基本

腸のバリアの異常がアレルギー反応を招く ナグモクリニック アンチエイジング外来では、対症療法だけでは治りにくい慢性疾患に対して、「機能性医学」という治療方針を提唱しています。患者さんそれぞれの病因を探 …

腸にとどまった硬い停滞便を押し出す腸内環境を作る

弛緩性便秘では水分の補給も肝心 少食に陥ることで、腸を刺激してぜんどう運動を促したり、便のカサを増やしたりする働きのある食物繊維が足りなくなれば、便秘は悪循環に陥ってしまいます。 また、少食による水分 …

原因不明の症状や不定愁訴をは便秘や下痢など腸の問題が原因

腸の問題の根本は「冷え」 突発的な痛みやだるさ、体の重さなど、不定愁訴といわれる症状で悩む人は少なくありません。不定愁訴がやっかいなのは、病院へ行ってもハッキリとした原因がわからず、投薬や治療でもなか …