便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘について 腸内環境について

便秘改善のために下剤を常用するとクセになってしまう

投稿日:

下剤の常用で便秘を悪化させる人が多い

便秘がなかなか改善しないと、つい下剤に頼って排便を無理に促してしまう、という人はいます。そんな人は要注意です。便秘外来を受診する患者さんの中にも、下剤を常用しているうちに便秘が悪化してしまった人はおおぜいいます。

便秘を招く原因は、腸のぜんどう運動が滞ったり、腸内環境が悪化したり、自律神経(意志とは無関係に血管や内臓の働きを支配する神経)のバランスがくずれたりとさまざまです。

こうした根本的な原因には目をつむり、排便だけを薬に頼っても一時しのぎの効果しか得られず、すぐにまた便秘になってしまうでしょう。すると、下剤を使うのがクセになり、そのうちに使用回数が増えて依存するようになってしまうのです。

排便を促す作用が強い下剤は、腸を直接刺激してぜんどう運動を活発にするように働きかけます。つまり、強力な刺激剤なので、常用していると腸が炎症を起こしやすくなるのです。その結果、炎症ではれた腸は悪玉菌の温床になってしまい、最悪の場合には腸の動きが止まってしまうことさえあります。

 

 

まず食物繊維の多い食事と水分補給を心がける

便秘外来では、重症の便秘の患者さんでも基本的に下剤を処方することはありません。便秘治療の目的は、腸内環境を整えて腸のぜんどう運動が自然に行えるようにすることなので、まず食物繊維の多い食事と水分補給を心がけることから指導します。

そして、腸に適度な刺激を与えて自力で排便ができるよう促すために、腹筋を鍛える運動や快便のツボマッサージも実行してもらいます。

こうした基本的な指導を行っても、重度の便秘の患者さんは、腸内環境がそうたやすく改善できません。そこで、便秘薬の力を借りるのですが、処方するのは下剤ではなく、乳酸菌を主成分とする整腸剤です。つまり、腸内の善玉菌に加勢する助っ人(乳酸菌)を大量に送り込んでやるわけです。

作用の弱い下剤を少量から試すのがポイント

整腸剤によって腸内環境が善玉菌優勢になれば、食事や運動の効果が増して自律神経の乱れも整ってくるので、薬に頼らなくても自力で排便ができるようになってくるでしょう。

また、市販の下剤の中には、便を軟らかくする緩下剤もあります。このタイプの下剤は腸壁から水分を引き出し、硬くなった便を軟らかくすることで排便を促してくれるのですが、腸を刺激するタイプに比べれば効きめが緩やかでクセになりにくいという利点があります。

こうした作用の弱い下剤を少量から試し、1~2週間で排便ができるようになったら服用を中止するのもひとつの方法です。

 

 

-便秘について, 腸内環境について

執筆者:

関連記事

腹筋の衰えが便秘の発症に大きくかかわっている

内臓を支えてその働きを正常に保つ腹筋 高齢者に弛緩性便秘が起こりやすい大きな原因として、加齢による腹筋の衰えや腸壁の弾力性の低下があります。 高齢者の弛緩性便秘を解消に導くには、これらの原因を取り除く …

腸内環境が悪すれば多くの現代病を引き起こす病気体質になる

腸には免疫細胞の約7割が集中 「腸とは何か?」 この間いに答えられる人がどれだけいるでしょうか。多くの人は、腸のことを、単なる「便の通り道」というくらいの認識しか持っていないかもしれません。「栄養の消 …

「腸クレンジング」は本当に良いのか?

かえって便秘を悪くさせることも 最近、腸の中に大量の水などを入れて腸を洗浄する「腸クレンジング」が話題になっています。人にしてもらうもののほかに、器具を買って自分で行うものもあります。 大腸内視鏡検査 …

腸内環境が乱れているとメタボになりやすい!改善策は多品目の食品を摂取すること

肥満になるかならないかは、腸内フローラが決めている 腸内で腸内細菌が形作る環境を、腸内フローラと呼びます。善玉菌も悪玉菌も含めた、腸内細菌叢の別称です。そして、実は「肥満は感染する」のですが、それには …

「ふんばり過ぎ」は危険!3分がんばって駄目だったらあきらめる

直腸が下に落ち込みやすくなる 便秘の人はなんとかして便を出そうと、トイレに長時間こもりがちです。 しかし、東邦大学医療センター大森病院総合診療科教授の瓜田純久先生は、「3分以上はトイレにいないように」 …

PR