便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ

便秘について 腸内環境について

便秘改善のために下剤を常用するとクセになってしまう

投稿日:

下剤の常用で便秘を悪化させる人が多い

便秘がなかなか改善しないと、つい下剤に頼って排便を無理に促してしまう、という人はいます。そんな人は要注意です。便秘外来を受診する患者さんの中にも、下剤を常用しているうちに便秘が悪化してしまった人はおおぜいいます。

便秘を招く原因は、腸のぜんどう運動が滞ったり、腸内環境が悪化したり、自律神経(意志とは無関係に血管や内臓の働きを支配する神経)のバランスがくずれたりとさまざまです。

こうした根本的な原因には目をつむり、排便だけを薬に頼っても一時しのぎの効果しか得られず、すぐにまた便秘になってしまうでしょう。すると、下剤を使うのがクセになり、そのうちに使用回数が増えて依存するようになってしまうのです。

排便を促す作用が強い下剤は、腸を直接刺激してぜんどう運動を活発にするように働きかけます。つまり、強力な刺激剤なので、常用していると腸が炎症を起こしやすくなるのです。その結果、炎症ではれた腸は悪玉菌の温床になってしまい、最悪の場合には腸の動きが止まってしまうことさえあります。

 

 

まず食物繊維の多い食事と水分補給を心がける

便秘外来では、重症の便秘の患者さんでも基本的に下剤を処方することはありません。便秘治療の目的は、腸内環境を整えて腸のぜんどう運動が自然に行えるようにすることなので、まず食物繊維の多い食事と水分補給を心がけることから指導します。

そして、腸に適度な刺激を与えて自力で排便ができるよう促すために、腹筋を鍛える運動や快便のツボマッサージも実行してもらいます。

こうした基本的な指導を行っても、重度の便秘の患者さんは、腸内環境がそうたやすく改善できません。そこで、便秘薬の力を借りるのですが、処方するのは下剤ではなく、乳酸菌を主成分とする整腸剤です。つまり、腸内の善玉菌に加勢する助っ人(乳酸菌)を大量に送り込んでやるわけです。

作用の弱い下剤を少量から試すのがポイント

整腸剤によって腸内環境が善玉菌優勢になれば、食事や運動の効果が増して自律神経の乱れも整ってくるので、薬に頼らなくても自力で排便ができるようになってくるでしょう。

また、市販の下剤の中には、便を軟らかくする緩下剤もあります。このタイプの下剤は腸壁から水分を引き出し、硬くなった便を軟らかくすることで排便を促してくれるのですが、腸を刺激するタイプに比べれば効きめが緩やかでクセになりにくいという利点があります。

こうした作用の弱い下剤を少量から試し、1~2週間で排便ができるようになったら服用を中止するのもひとつの方法です。

 

 

-便秘について, 腸内環境について

執筆者:

関連記事

マイクロバイオームの研究で腸内環境が改善される

マイクロバイオームが人体に大きな影響を及ぼす 人は、一人ひとり顔も違えば、姿形、性格、健康状態、寿命も異なります。今までは、その違い (個性)を生むのは、約60兆個の細胞のもととなる、遺伝子だと考えら …

排便時は決して無理をせず自然な便意にまかせて、リラックスして排便をしましょう

排便が2~3日なくても気にしない 「毎日、排便がないのは便秘でしょうか」 これは、医師が患者さんからよく受ける質問の一つです。「毎日規則正しい排便があるのが健康のバロメーター」というイメージを、多くの …

便秘は、「たかが」ではすまされない「万病の元凶」

高血糖・高血圧・ボケ・ウツとも関連 「便秘は万病のもと」。こういわれるのは、腸が消化・吸収や排泄だけでなく、免疫(病原体から体を守るしくみ)を担う重要な臓器だからです。 便秘が高じて免疫力が低下すれば …

昼食のあとに昼寝をすると腸内環境がよくなり健康増進にも役立つ

驚くほど若々しい腸内環境を維持していた 昔からよく、食べてすぐ寝ると「牛になる」とか、「行儀が悪い」といわれてきました。ところが、『たけしの家庭の医学』(テレビ朝日系列)という番組で、大変興味深い内容 …

自律神経が乱れが便秘を起こす

腸のぜんどう運動を活発にする 便秘を解消するためには、腸内環境を整えることが重要です。では、そのために、どんなことが大事なのでしょう。 最も重要なポイントは、腸のぜんどう運動です。ぜんどう運動というの …