便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を予防するために 便秘を改善する食べ物・飲み物

玄米・レタスのとりすぎは便秘を悪化させる?

投稿日:

食物繊維はとり方しだいで逆効果になる

「便秘の解消に有効な栄養はなんでしょう」という質問の答えとして、みなさんの頭に一番に思い浮かぶのは、おそらく食物繊維ではないでしょうか。

もちろん、この答えは大正解です。食物繊維には腸壁を刺激してぜんどう運動を活発にするほか、便を軟らかくしたり便のカサを増やしたりして排便を促す働きがあり、便秘を解消に導くのに非常に有効な栄養です。

そのため、ふだんの食事では、食物繊維が豊富なレタスやゴボウ、サツマイモなどを積極的に食べるのがおすすめです。

また、主食についても、白米ではなく玄米や雑穀米、食パンよりもライ麦パンや全粒粉パンといったように、食物繊維が多く含まれるものを選ぶといいでしょう。実際、主食を白米にした場合には、100g中で0.5gの食物繊維しかとれませんが、玄米にすれば100g中に3gと6倍の量を補うことができます。

ただ、食物繊維のとり方には注意が必要です。というのも、食物繊維は正しくとらなければ、かえって便秘を悪化させてしまうことがあるからです。

 

 

便を軟らかくする水溶繊維

食物繊維には水に溶けない「不溶性食物繊維」と、水に溶ける「水溶性食物繊維」の2種類があります。このうち、腸のぜんどう運動を活発にしたり便のカサを増やしたりするのが不溶性食物繊維で、野菜や穀物に含まれるセルロースやリグニン、イヌリンが代表的です。

一方、水溶性食物繊維は、水を含むとゲル状になり、便を軟らかくするよう働きます。主なものとして、リンゴなどの果物に含まれるペクチン、コンニャクのマンナン、海藻類の7コイダンがあげられます。

便秘の人が不溶性食物繊維の多い食品をとりすぎると、便秘が悪化したりおなかにガスがたまったりすることがあります。これは、不溶性食物繊維に備わる高い吸水性によって腸内にとどまる便から水分が吸収されてしまい、便が硬くなってしまうためです。

こうした症状に見舞われる人は、水溶性食物繊維が豊富なリンゴやコンニャク、海藻類を意識してとるといいでしょう。そうすれば、便が軟らかくなって排便が促されるはずです。

ちなみに、便秘の解消に食物繊維を補う場合は、不溶性と水溶性を2対1の割合でとるといいようです。また、便に含まれる水分が不溶性食物繊維に奪われすぎないためにも、ふだんから水分をよくとるように心がけましょう。

 

 

-便秘を予防するために, 便秘を改善する食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

冷房で冷えると便秘になりやすい!おなかを温めて腸を元気に

おなかの温度は、腸の調子を反映している 東京都立川市の松生クリニックには、便秘の人を専門に診る「便秘外来」があります。患者さんは重症な便秘の人が多く、なかには1日50錠、100錠という、とんでもない量 …

アガベの球茎のしぼり汁を粉末にした「アガベイヌリン」でビフィズス菌がふえて悪玉菌の増殖を抑制!

善玉菌をふやす働きが非常に優れている とはいえ、先述したように、水溶性食物繊維が豊富な食材は、あまり多くありません。小林先生は、便秘の患者さんにお勧めできる、水溶性食物繊維を探し求めてきました。 そし …

「夜ヨーグルト」で便秘や冷え症、不眠が解消!

夜は腸内で乳酸菌が繁殖するのに最適! 私たちの体の諸機能は、私たちの意志とは関係なく、自律神経という神経によって、コントロールされています。自律神経は、緊張状態のときに優位になる交感神経と、リラックス …

食事量を減らすのは、便秘解消には逆効果

3度の食事で腸を刺激し排便を促す 便秘で悩む人は、食事のたびに、食べるべきか、控えるべきか悩んでしまうことでしょう。そして、多くの人が、便が腸内にたまったりおなかが張ったりすることを気にして、食べる量 …

サツマイモヨーグルトで腸をきれいにすれば、便秘が解消しダイエットや美肌に効果的

きれいな腸がダイエツトヘの近道! 管理栄養士の岡田明子先生は8年ほど前に、13kgのダイエットに成功しました。管理栄養士として、この経験を生かして、これまでに何千人ものかたのダイエットや、食事改善のサ …

PR