便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する食べ物・飲み物 腸内環境について

自分の腸と相性がいい乳酸菌を見つけることが便秘の解消には重要

投稿日:

死んだ乳酸菌は腸内の乳酸菌のエサとなる

便秘と無縁の腸内環境を整えるには、善玉菌を増やして悪玉菌を抑えるのが重要です。そのためには、善玉菌の援軍となる乳酸菌を積極的にとりたいものです。

最近では、ヨーグルトや、乳酸菌が補える栄養補助食品の宣伝の中で、「生きて腸まで届く」というフレーズをよく耳にします。そのため、「乳酸菌は生きたまま腸へ届かなければ、腸内環境の改善には役立たない」と考えている人が多いのではないでしょうか。

しかし、それは誤解です。確かに摂取した乳酸菌の多くは胃酸や胆汁によって、腸に届く前にそのほとんどが死んでしまいます。ただ、死んだ乳酸菌は、すでに腸の中にいる善玉菌のエサとなって、善玉菌を増強させるのに役立つのです。

つまり、乳酸菌をとるさいは、その乳酸菌が生きて腸まで届くかどうかを気にする必要はあまりないといえます。それよりも、自分の腸と相性がいい乳酸菌を見つけることのほうが、便秘の解消には重要でしょう。

 

 

日本人になじみ深い植物性乳酸菌

また、乳酸菌は必ずしもヨーグルトから補わなければならないわけではありません。特に最近では、野菜や米、豆類などの植物性素材を発酵させた食品に含まれる乳酸菌も人気を集めています。これらの乳酸菌は、ヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌を動物性乳酸菌と呼ぶのに対して、植物性乳酸菌と呼ばれています。

実は、日本人は苦から植物性乳酸菌となじみ深い関係にあります。というのも、和食に欠かせないみそやしょうゆ、漬物には植物性乳酸菌がたっぷりと含まれているからです。

実際、便秘外来を訪れる患者さんの中には、漬物をたくさん食べる習慣がある東北地方出身の人は少ないようです。漬物は、植物性乳酸菌が豊富なだけではなく、腸壁を刺激してぜんどう運動(内容物を先送りする働き)を活発にする食物繊維も豊富に含まれているので、腸にとっては一石二鳥の効果が期待できます。

塩分が高いので食べ過ぎに注意

なお、植物性乳酸菌を多く含むほかの食品としては、甘酒、塩麹、ザワークラウト(キャベツを塩漬けにするドイツの漬物)、ザーサイ、キムチなどがあげられます。

もちろん、植物性乳酸菌も生きて腸まで届く必要はあまりありません。ただ、植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べて、酸やアルカリ、高塩分への耐性が強く、生きて腸に届きやすいという特徴があります。

ヨーグルトのほか、これらの食品を毎日の食事でとることで乳酸菌を補うのもおすすめです。ただし、植物性乳酸菌を含む食品は塩分が高い傾向にあるので、高血圧や腎臓病などの病気を患う人は注意しましょう。

 

 

-便秘を改善する食べ物・飲み物, 腸内環境について

執筆者:

関連記事

「今、出なくて苦しい」という人は、食物繊維の摂取は控え、まずは消化のいい炭水化物を食べる

食物繊維によって腸の運動を活発にする よく一般に、「便秘の人は食物繊維を多く含む野菜や海藻類、豆類、キノコ類を取ったほうがいい」といわれます。 しかし、これは実は、注意が必要なのです。 食物繊維はビフ …

過度の清潔志向が便秘や腸内環境を悪くする原因に

過度の除菌・抗菌で病気を招きやすくなる 最近になってようやく、「腸内環境」の重要性が、一般の人たちの間でも広く認識されるようになりました。実際に、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えると、腸内環境が悪化し …

プルーンヨーグルトで腸内環境を整えて便秘や停滞腸を改善し病気を予防

排便に問題のある人は1000万人を超える 国民生活基礎調査によると、慢性の便秘で悩んでいる人の数は、1998年には人口1000人当たり、女性46・7人、男性18・6人でした。しかし、2010年には、女 …

腸内環境を良好に保てば中高年の健康不安を一掃する

腸内環境を良好に保つことが健康維持には欠かせない 腸こそ私たち人間の体のいわば根源的な臓器であり、腸内環境の良し悪しこそ心と体の健康状態を大きく左右する決め手であるのです。 つまり、腸が若々しく丈夫で …

納豆に植物油を加えてとると便秘解消の効果が高まる

油が便のすべりをよくして排便をうながす 弛緩(しかん)性便秘の改善・解消には、納豆菌やマグネシウム、食物繊維、オリゴ糖などの快便栄養を豊富に含む納豆の常食が有効です。ただ、その効果をさらに高める方法と …