便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ

便秘を改善する食べ物・飲み物 腸内環境について

自分の腸と相性がいい乳酸菌を見つけることが便秘の解消には重要

投稿日:

死んだ乳酸菌は腸内の乳酸菌のエサとなる

便秘と無縁の腸内環境を整えるには、善玉菌を増やして悪玉菌を抑えるのが重要です。そのためには、善玉菌の援軍となる乳酸菌を積極的にとりたいものです。

最近では、ヨーグルトや、乳酸菌が補える栄養補助食品の宣伝の中で、「生きて腸まで届く」というフレーズをよく耳にします。そのため、「乳酸菌は生きたまま腸へ届かなければ、腸内環境の改善には役立たない」と考えている人が多いのではないでしょうか。

しかし、それは誤解です。確かに摂取した乳酸菌の多くは胃酸や胆汁によって、腸に届く前にそのほとんどが死んでしまいます。ただ、死んだ乳酸菌は、すでに腸の中にいる善玉菌のエサとなって、善玉菌を増強させるのに役立つのです。

つまり、乳酸菌をとるさいは、その乳酸菌が生きて腸まで届くかどうかを気にする必要はあまりないといえます。それよりも、自分の腸と相性がいい乳酸菌を見つけることのほうが、便秘の解消には重要でしょう。

 

 

日本人になじみ深い植物性乳酸菌

また、乳酸菌は必ずしもヨーグルトから補わなければならないわけではありません。特に最近では、野菜や米、豆類などの植物性素材を発酵させた食品に含まれる乳酸菌も人気を集めています。これらの乳酸菌は、ヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌を動物性乳酸菌と呼ぶのに対して、植物性乳酸菌と呼ばれています。

実は、日本人は苦から植物性乳酸菌となじみ深い関係にあります。というのも、和食に欠かせないみそやしょうゆ、漬物には植物性乳酸菌がたっぷりと含まれているからです。

実際、便秘外来を訪れる患者さんの中には、漬物をたくさん食べる習慣がある東北地方出身の人は少ないようです。漬物は、植物性乳酸菌が豊富なだけではなく、腸壁を刺激してぜんどう運動(内容物を先送りする働き)を活発にする食物繊維も豊富に含まれているので、腸にとっては一石二鳥の効果が期待できます。

塩分が高いので食べ過ぎに注意

なお、植物性乳酸菌を多く含むほかの食品としては、甘酒、塩麹、ザワークラウト(キャベツを塩漬けにするドイツの漬物)、ザーサイ、キムチなどがあげられます。

もちろん、植物性乳酸菌も生きて腸まで届く必要はあまりありません。ただ、植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べて、酸やアルカリ、高塩分への耐性が強く、生きて腸に届きやすいという特徴があります。

ヨーグルトのほか、これらの食品を毎日の食事でとることで乳酸菌を補うのもおすすめです。ただし、植物性乳酸菌を含む食品は塩分が高い傾向にあるので、高血圧や腎臓病などの病気を患う人は注意しましょう。

 

 

-便秘を改善する食べ物・飲み物, 腸内環境について

執筆者:

関連記事

腸内環境由来の肌トラブルは腸内の善玉菌を増やさないと解決しない

悪玉菌が増えると肌にシワ、シミ、クスミが増加 全身の健康状態を大きく左右する腸の働きは、当然「美容」にも深くかかわっています。 腸内には善玉菌と悪玉菌が住み着いており、どちらが優勢になるかによって健康 …

「朝一番の水のみ」が便秘に効果がある

朝一番の水のみは胃や腸を動かす 人間の体は、寝ている問にも汗や呼吸によって多くの水分を失っているので、寝起きの体は軽い脱水状態に陥っており、血液もドロドロです。朝一番にコップ一杯の水を飲むことは、体の …

腸内環境が悪すれば多くの現代病を引き起こす病気体質になる

腸には免疫細胞の約7割が集中 「腸とは何か?」 この間いに答えられる人がどれだけいるでしょうか。多くの人は、腸のことを、単なる「便の通り道」というくらいの認識しか持っていないかもしれません。「栄養の消 …

便秘を予防し解消する調味料「レモン塩」

漬けて1~2週間で出来上がり 料理研究家の井澤由美子先生は、これまでに、心にも体にも優しい家庭科理を、数多く提案してきました。 井澤先生が家庭科理にこだわるのには、毎日食べるものによって、東洋医学でい …

便秘改善のために下剤を常用するとクセになってしまう

下剤の常用で便秘を悪化させる人が多い 便秘がなかなか改善しないと、つい下剤に頼って排便を無理に促してしまう、という人はいます。そんな人は要注意です。便秘外来を受診する患者さんの中にも、下剤を常用してい …