便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ

便秘を改善する食べ物・飲み物

「朝一番の水のみ」が便秘に効果がある

投稿日:

朝一番の水のみは胃や腸を動かす

人間の体は、寝ている問にも汗や呼吸によって多くの水分を失っているので、寝起きの体は軽い脱水状態に陥っており、血液もドロドロです。朝一番にコップ一杯の水を飲むことは、体の水分不足を補って脳梗塞発作を防ぐのに役立つ力水ともいわれています。

さらに、朝一番の水飲みは、便秘予防にもとても効果的です。というのも、水を飲むとぜんどう運動(内容物を先送りする働き)が作動を始めるからです。これを「胃・結腸反射」といい、朝一番の水飲みは胃や腸を動かすいわばスイッチとなります。

そのあとに朝食をとることで、胃や腸が本格的に動きだすため、朝食の20分後くらいに便意が現れてくるのです。目覚めの一杯の水は、快便にとって値千金で、この習慣だけで便秘が解消した患者さんも少なくありません。

心と体が最もいい状態で働くのは、交感神経(心身を緊張状態に導く神経)と副交感神経(心身を休息状態に導く神経)の両方のバランスが安定しているときです。一日の活動が始まる朝は休息モードの副交感神経優位の状態から、活動モードの交感神経優位の状態に切り替わるタイミングです。

水を飲むことで胃腸を活動させると、それぞれの神経のバランスを保ちやすくなるという利点もあります。

 

 

むくみの原因は体の水分不足

ところで、顔や体がむくみがちの人の中には、朝に水を飲むとさらにむくみが悪化するのではないかと誤解して、敬遠してしまう入がいるようです。

むくみは、水の飲みすぎが直接的な原因で起こるわけではなく、むしろ体の水分不足が原因で起こるのです。

人間の体の60~70%は水分で、生命を維持するのに大切な役割をしており、汗や尿で排出された水分を補給しなければ、体は水分不足に陥ってしまいます。こうして脱水状態に陥ると、細胞は限りある水分をため込もうと反応し、水分の排出を滞らせます。

その結果、細胞が水分で膨らんでしまうのが、むくみの正体です。つまり、むくみの解消には、水分をしっかりとつて体の水分不足を防ぐことが重要なのです。

朝一番の水飲みでは、コップ一杯の常温の水をゆっくりと飲おといいでしよう。体の冷えが気になる人は、人肌程度に温めた白湯を飲んでください。

一日の中では、朝一番と朝・昼・晩の食後、就寝前など、意識して水を補給するといいでしょう。そのためには、ペットボトルや水筒を携帯して、こまめに水分補給を心がけてください。

また、炭酸水を飲むのもおすすめです。気泡が消化器を刺激して、腸のぜんどう運動を活発にしてくれる効果が期待できるので、ぜひ試してみてください。

 

 

-便秘を改善する食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

便秘改善に効果のある「大根スープ」で花粉症も体臭も軽減

いろいろな治療法を試したがどれも効果がなかった マクロビオティック研究家の 中 美恵先生が、長年悩まされてきた花粉症などの不調や、ぽっちゃり体型から抜け出せたのは、マクロビオティック(日本の伝統食が基 …

便秘解消のために相性のいいヨーグルトを探しましょう

ヨーグルトの製造に使う乳酸菌は多種多様 ヨーグルトを食べる習慣は、毎日の排便を促すのに非常に有効です。ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、腸の善玉菌を増強する作用や、腸のぜんどう運動(内容物を先送りする働 …

ストレス知らずで便秘知らず!緑黄色野菜たっぷりのスープで腸内環境が整う

腸の状態がよいと医師にほめられた 年を取ると、便秘がちになる女性が多いそうですが、女優の松原智恵子さんはこれまで一度も、便秘で悩んだことがありません。今年で70歳になりましたが、たいてい毎日、気持ちよ …

便秘を予防し解消する調味料「レモン塩」

漬けて1~2週間で出来上がり 料理研究家の井澤由美子先生は、これまでに、心にも体にも優しい家庭科理を、数多く提案してきました。 井澤先生が家庭科理にこだわるのには、毎日食べるものによって、東洋医学でい …

食物繊維豊富な食事は、便秘を予防する基本

腸の健康は食材の選び方しだい 便秘が続くと、おなかが張ったり、ガスのにおいがきつくなったりと不快になります。さらに、肌荒れや痔の原因になったり、ひいては腸の病気を引き起こしたりもします。 現在、ガンに …