便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘について 便秘を予防するために

排便時は決して無理をせず自然な便意にまかせて、リラックスして排便をしましょう

投稿日:

排便が2~3日なくても気にしない

「毎日、排便がないのは便秘でしょうか」

これは、医師が患者さんからよく受ける質問の一つです。「毎日規則正しい排便があるのが健康のバロメーター」というイメージを、多くの人が持っているためでしょう。実際には、腸がどんなに健康で若々しくても、排便が毎日あるという人は、さほど多くはないのです。

一日でも排便がないと、おなかが張って苦しいという人もいれば、2~3日排便がなくても不快感がないという人もいます。排便が毎日あるのに越したことはありませんが、排便のペースは個人差が大きいので、「毎日の排便」よりも自覚症状のほうを重視しましょう。

例えば、排便できていてもおなかに張りや違和感があつたり、便が出ないために食欲が落ちたり、排便に違和感や不安を伴ったりする場合は、便秘と考えられるので、専門医を受診したほうがいいでしょう。

こうした自覚症状がなければ毎日出なくてもあまり気にする必要はありません。むしろ、「毎日出ないのは不健康」と思い悩んでしまったり、無理に排便しようとしたりする焦りやストレスが、自律神経(意志とは無関係に血管や内臓の働きを支配する神経)の働きを交感神経(心身を緊張状態に導く神経)優位にさせ、便秘を招いてしまうことも少なくありません。

 

 

いきみすぎは痔や脳卒中を引き起こす恐れが

無理に排便しようとして、便意もないのに、トイレに座っていきみすぎてしまうのも、よくありません。なぜなら、いきんで腹圧がかかると、体全体が緊張して交感神経優位となるため、かえって便秘の悪化を招いてしまうからです。

また、いきみすぎて直腸(大腸の最終部分)や肛門に過度の負担がかかり、切れ痔やイボ痔が発生しやすくなります。特に女性は、男性より痔になりやすいことが知られています。女性の3人に1人は痔を経験したことがあるという統計もあるほどです。

そして最も怖いのが、いきむときに息を止めて力を入れてしまうことから起こる脳卒中の発作でしよう。

気温差の激しい冬場に、高齢者がトイレで脳卒中発作を起こす事故がよく起こりますが、高齢でなくても、いきみすぎは全身の血管を収縮させて血圧を上昇させてしまうため、高血圧や脳卒中のリスクが高まってしまいます。

こうしたことをさけるためにも、排便時は決して無理をせず自然な便意にまかせて、リラックスして排便をすますことが肝心です。

 

 

-便秘について, 便秘を予防するために

執筆者:

関連記事

腸内環境を良好に保てば中高年の健康不安を一掃する

腸内環境を良好に保つことが健康維持には欠かせない 腸こそ私たち人間の体のいわば根源的な臓器であり、腸内環境の良し悪しこそ心と体の健康状態を大きく左右する決め手であるのです。 つまり、腸が若々しく丈夫で …

対策を怠れば便秘は難治化の一途をたどります

腸の働きが低下して排便がスムーズにできなくなる 日本中で便秘に悩んでいる人は、約660万人(平成19年度国民生活基礎調査)といわれ、自覚していない人も含めると便秘人口は1000万人を超すのではないかと …

便秘解消に役立つ2つのトレーニングとマッサージ

普通の運動では刺激されない大腸 便秘解消のためには、運動やマッサージで、物理的に外から腸を刺激するのも大事です。 腸は、刺激を受けると、それに反応します。朝一杯の水を飲むと、胃に入った水の重みで腸が刺 …

便秘の改善には腸内環境をよくすることが大事

便秘には、3つのタイプがある 港区赤坂・小林メディカルクリニックの便秘外来は95%以上の改善率を誇りますが、現在、予約で5年待ちの状況です。ですから、今回は、小林弘幸先生の自分でできる便秘改善のポイン …

便秘に影響する腸内環境は生活習慣によって大きく変化する

高齢でも若者以上に腸が若い人がいる 一般に腸は、加齢とともに衰えると考えられがちです。しかし、腸の働きは、腸内環境、つまり腸内細菌のバランスに大きく左右されます。腸内環境は、年齢よりもその人の生活習慣 …

PR