便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘について 便秘を予防するために

排便時は決して無理をせず自然な便意にまかせて、リラックスして排便をしましょう

投稿日:

排便が2~3日なくても気にしない

「毎日、排便がないのは便秘でしょうか」

これは、医師が患者さんからよく受ける質問の一つです。「毎日規則正しい排便があるのが健康のバロメーター」というイメージを、多くの人が持っているためでしょう。実際には、腸がどんなに健康で若々しくても、排便が毎日あるという人は、さほど多くはないのです。

一日でも排便がないと、おなかが張って苦しいという人もいれば、2~3日排便がなくても不快感がないという人もいます。排便が毎日あるのに越したことはありませんが、排便のペースは個人差が大きいので、「毎日の排便」よりも自覚症状のほうを重視しましょう。

例えば、排便できていてもおなかに張りや違和感があつたり、便が出ないために食欲が落ちたり、排便に違和感や不安を伴ったりする場合は、便秘と考えられるので、専門医を受診したほうがいいでしょう。

こうした自覚症状がなければ毎日出なくてもあまり気にする必要はありません。むしろ、「毎日出ないのは不健康」と思い悩んでしまったり、無理に排便しようとしたりする焦りやストレスが、自律神経(意志とは無関係に血管や内臓の働きを支配する神経)の働きを交感神経(心身を緊張状態に導く神経)優位にさせ、便秘を招いてしまうことも少なくありません。

 

 

いきみすぎは痔や脳卒中を引き起こす恐れが

無理に排便しようとして、便意もないのに、トイレに座っていきみすぎてしまうのも、よくありません。なぜなら、いきんで腹圧がかかると、体全体が緊張して交感神経優位となるため、かえって便秘の悪化を招いてしまうからです。

また、いきみすぎて直腸(大腸の最終部分)や肛門に過度の負担がかかり、切れ痔やイボ痔が発生しやすくなります。特に女性は、男性より痔になりやすいことが知られています。女性の3人に1人は痔を経験したことがあるという統計もあるほどです。

そして最も怖いのが、いきむときに息を止めて力を入れてしまうことから起こる脳卒中の発作でしよう。

気温差の激しい冬場に、高齢者がトイレで脳卒中発作を起こす事故がよく起こりますが、高齢でなくても、いきみすぎは全身の血管を収縮させて血圧を上昇させてしまうため、高血圧や脳卒中のリスクが高まってしまいます。

こうしたことをさけるためにも、排便時は決して無理をせず自然な便意にまかせて、リラックスして排便をすますことが肝心です。

 

 

-便秘について, 便秘を予防するために

執筆者:

関連記事

トイレでいきみすぎると頑固な便秘になってしまう可能性が

交感神経が優位になり便が出にくくなる 朝、トイレで便がなかなか出ず、強くいきんで便を出そうという人は少なくありません。全くいきまずにスルッと便を出すというのは無理がありますが、強くいきみすぎる状態が毎 …

油はどんなものをとったら便秘によいのか?

魚の油やオリーブオイルをとる 便秘にいいのは、乳酸菌に食物繊維が代表格ですが、盲点なのが「油分」です。結局はバランスのよい食事にかぎるのですが、良質の油分をとってください。 便秘だからといって必死で食 …

便秘のかげに重大な病気が隠れていることもある

アレルギー疾患が起こりやすくなる 大腸がんや大腸ポリープなどの腸の病気や、子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科の病気、甲状腺機能の異常、神経疾患などのために便秘が起こることがあります。大腸に憩室(けいしつ …

肉類を好んで食べる人は便秘をしやすくなる

毎日排便があっても悪玉菌が多くなっていることが 近年、便秘や大腸がん、大腸ポリープなどの腸の病気が急増していますが、これは肉食を中心とした欧米風の食生活が原因していると考えられています。肉食をすると動 …

昼食のあとに昼寝をすると腸内環境がよくなり健康増進にも役立つ

驚くほど若々しい腸内環境を維持していた 昔からよく、食べてすぐ寝ると「牛になる」とか、「行儀が悪い」といわれてきました。ところが、『たけしの家庭の医学』(テレビ朝日系列)という番組で、大変興味深い内容 …

PR