便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘について

便秘を専門に診察する「便秘外来」

投稿日:

生活指導だけで大半の便秘は改善

「便秘外来」開設当初は、医師の間でも「便秘で病院へ行くなんて」という意識がまだ色濃くありました。その後、研究が進み、便秘が全身の健康を害する大きな原因となることが明らかになったため、便秘はようやく「たかが」ではすまされない重要な問題と認識されるようになってきたのです。

ところで、医学が進歩した現在も多くの人が便秘に悩む理由は、ストレスの増大や運動不足の蔓延など、さまざまな理由が考えられますが、便秘外来の医師は、便秘に対する不確かな俗説や誤解、誤った対処法が横行しているからではないかと考えています。

実際に、便秘外来を訪れる患者さんでも、自己流で便秘を解消しようとして、逆に悪化させたケースが少なくありません。そうした患者さんには、便秘になるしくみを丁寧に説明し、腸内環境や自律神経(意志とは無関係に血管や内臓の働きを支配する神経)のバランスを整える生活指導をするだけで、大半は改善するものです。

では、便秘とは具体的にどんな状態を指すのでしょうか。日本内科学会は「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」のように定義しています。

とはいえ、便秘は個人差が大きく、排便が何日間なければ便秘であるという明確な診断基準もないため、一般に、症状が1つでもあれば、便秘の可能性が高いと判断していいでしょう。

 

 

便秘外来で多い便秘の3大原因

また、便秘を招く原因としては、主に次の3つがあります。便秘の克服には、まず原因を正確に突き止め、原因に応じた対処を請じることが肝心です。

①腸のぜんどう運動の不全

大腸のぜんどう運動(内容物を先送りする働き)の低下で、滞留便が腐敗して悪玉菌が増え、おなかが張ったり、ガスがたまったりするのが特徴で、適度な運動と食物繊維の摂取が必要。

②肛門括約筋の異常

便が直腸(大腸の最終部分)まで到達しているのに排便できないときの原因。外出時や仕事中などに便意を我慢しつづけると、脳からの排便指令が届かず肛門括約筋の働きが鈍って排便できなくなってしまう。

③自律神経が不安定

過度のストレスなどから自律神経のバランスが乱れ、副交感神経(心身を休息状態に導く神経)の活動が低下すると、腸の動きが悪くなる。リラックスを心がけて副交感神経の働きを高めることが重要。

 

 

-便秘について

執筆者:

関連記事

便秘のかげに重大な病気が隠れていることもある

アレルギー疾患が起こりやすくなる 大腸がんや大腸ポリープなどの腸の病気や、子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科の病気、甲状腺機能の異常、神経疾患などのために便秘が起こることがあります。大腸に憩室(けいしつ …

「下痢のときは水分の摂取を控えたほうがいい」は間違い

食事やストレス、病気など下痢の原因は多様 よく悩ませるおなか不調としては、便秘とともに下痢があります。 小腸で栄養分が吸収された食べ物の残りカスは、さらに大腸で水分が吸収されて便になります。その一方で …

子宮内膜症と便秘

2~5年に一度の大腸内視鏡検査も 子宮内膜症は、20~40代の月経のある女性に多い病気です。月経のある女性の数%から10%が子宮内膜症ではないかと推測されています。 本来なら子宮の内側(子宮内膜)にで …

便秘改善のために下剤を常用するとクセになってしまう

下剤の常用で便秘を悪化させる人が多い 便秘がなかなか改善しないと、つい下剤に頼って排便を無理に促してしまう、という人はいます。そんな人は要注意です。便秘外来を受診する患者さんの中にも、下剤を常用してい …

重症な便秘である「落下腸」の人が増えてきた

ねじれ腸よりさらに重症の落下腸 子供のころからのしつこい便秘は、腸にねじれがある「ねじれ腸」が原因だった! 国立病院機構久里浜医療センター内視鏡検診センター部長の水上健先生が、このことを2013年テレ …

PR