便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘について

便秘は、「たかが」ではすまされない「万病の元凶」

投稿日:

高血糖・高血圧・ボケ・ウツとも関連

「便秘は万病のもと」。こういわれるのは、腸が消化・吸収や排泄だけでなく、免疫(病原体から体を守るしくみ)を担う重要な臓器だからです。

便秘が高じて免疫力が低下すれば、カゼやインフルエンザ、肺炎、結核、胃腸炎などの感染症、アトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギー病、食中毒などを招きやすくなります。

そのうえ、ガンも免疫力が低下したときに発生しやすくなります。便秘によって発ガンを促す有害物質が腸内に増えることもわかつており、便秘の解消はガン予防の決め手ともいえます。

また、大腸の粘膜に慢性炎症を起こし、腹痛・血便・下痢が生じる難病として知られる慢性大腸炎も、実は免疫異常によるものではないかと考えられています。

 

 

一日も早く解消する手立てを講じる

さらに、悪玉菌が作り出すアンモニアは、肝臓で解毒されますが、便秘が何週間も続いてアンモニアが大量に増えると肝機能が低下したり、解毒が追いつかずに高アンモニア血症を招いたりします。

アンモニアは神経毒性の強い物質なので、最悪の場合には、脳の神経細胞の働きが著しく低下して意識障害を起こす肝性脳症を招く心配もあります。

しかも最近は、腸内環境を良好に保つことが、高血糖や高血圧、脂質異常(高脂血)、メタボリックシンドローム、動脈硬化といった生活習慣病のほか、認知症(ボケ)やウツの予防につながることを示唆する研究結果も、多数報告されています。

以上のように、便秘は、「たかが」ではすまされない「万病の元凶」であることがおわかりいただけたでしょう。便秘はまさに「百害あって一理なし」。一日も早く解消する手立てを講じることが、全身を元気で若々しく、そしてすこやかに保つ最大の秘訣といえるでしょう。

 

 

-便秘について

執筆者:

関連記事

対策を怠れば便秘は難治化の一途をたどります

腸の働きが低下して排便がスムーズにできなくなる 日本中で便秘に悩んでいる人は、約660万人(平成19年度国民生活基礎調査)といわれ、自覚していない人も含めると便秘人口は1000万人を超すのではないかと …

子宮筋腫と便秘

婦人科の検査を含めた全身の検査を 子宮筋腫は20~50代の女性に見られる良性の腫瘍です。40代女性の3人に1人が子宮筋腫を持っているといわれます。 過多月経、不正出血、貧血、月経困難などがおもな症状で …

「うんこ」をチェックすることで、腸の健康度がわかる

小腸を大腸のように変形させることができる 消化器外科医師の石井洋介先生は、中学3年生のころ、何度か血便が出たのですが、なんだか怖くて、黙っていました。すると高校生になってすぐ、治療法がない難病の潰瘍性 …

朝ゆったりとした時間を持つことが、快便につながる

朝食をとるとさらに効果的 便意は、リラックスした状態になって、はじめて起こるようにできています。ですから、朝、1分1秒を争っているときには、便意は起こりにくいのです。 朝少し早く起きて、朝食を食べて、 …

重症な便秘である「落下腸」の人が増えてきた

ねじれ腸よりさらに重症の落下腸 子供のころからのしつこい便秘は、腸にねじれがある「ねじれ腸」が原因だった! 国立病院機構久里浜医療センター内視鏡検診センター部長の水上健先生が、このことを2013年テレ …

PR