便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘について

便秘で肌トラブルが生じ口臭や体臭がひどくなる

投稿日:

血液がドロドロになり肌トラブルが生じる

腸内には、100種類以上、100兆個もの腸内細菌が住み着き、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌と、ウェルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌が、常に勢力争いをしています。便秘の人の腸内環境は、ほぼ例外なく悪玉菌優位となっています。

善玉菌が多くて腸内環境が良好であれば、便秘も下痢も起こりにくく、便の腐敗も最小限に抑えられ、健康状態を良好に保つことにつながります。ところが、悪玉菌が優勢になると、便秘や下痢が起こりやすいだけでなく、腐敗した健から、アンモニアやインドール、スカトール、アミン、硫化水素などの有害物質(毒素)が大量に発生してしまうのです。

これらの有害物質は、腸壁から体内に吸収されて血液に溶け込み、全身へと運ばれることがわかっています。その影響で、血液がドロドロに汚れるため、肌からツヤやハリが失われ、ニキビや吹き出物、シワ、シミ、クスミといった肌トラブルが生じるわけです。

それだけでなく、便の腐敗により、便やおならが強くにおうようになり、そのにおいは呼気や毛穴からも発散され、口臭や体臭となって現れるのです。

 

 

-便秘について

執筆者:

関連記事

便秘を解消する水溶性の食物繊維

便が水分を含みスルッと出る 便秘を解消するには、毎日の食生活が重要です。それでは、便秘対策として勧められる食品はなんでしょうか。 まず、最初に取り上げたいのが、食物繊維です。食物繊維には、水に溶けない …

便秘に影響する腸内環境は生活習慣によって大きく変化する

高齢でも若者以上に腸が若い人がいる 一般に腸は、加齢とともに衰えると考えられがちです。しかし、腸の働きは、腸内環境、つまり腸内細菌のバランスに大きく左右されます。腸内環境は、年齢よりもその人の生活習慣 …

重症な便秘である「落下腸」の人が増えてきた

ねじれ腸よりさらに重症の落下腸 子供のころからのしつこい便秘は、腸にねじれがある「ねじれ腸」が原因だった! 国立病院機構久里浜医療センター内視鏡検診センター部長の水上健先生が、このことを2013年テレ …

自律神経が乱れが便秘を起こす

腸のぜんどう運動を活発にする 便秘を解消するためには、腸内環境を整えることが重要です。では、そのために、どんなことが大事なのでしょう。 最も重要なポイントは、腸のぜんどう運動です。ぜんどう運動というの …

「うんこ」をチェックすることで、腸の健康度がわかる

小腸を大腸のように変形させることができる 消化器外科医師の石井洋介先生は、中学3年生のころ、何度か血便が出たのですが、なんだか怖くて、黙っていました。すると高校生になってすぐ、治療法がない難病の潰瘍性 …

PR