便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘について

対策を怠れば便秘は難治化の一途をたどります

投稿日:

腸の働きが低下して排便がスムーズにできなくなる

日本中で便秘に悩んでいる人は、約660万人(平成19年度国民生活基礎調査)といわれ、自覚していない人も含めると便秘人口は1000万人を超すのではないかと推測されます。

特に、高齢になると、大腸の機能低下に加、え、食欲も減退して便の材料が不足したり、運動不足で腸の動きが悪くなったりして、男女ともに便秘に悩む人が急増します。

便秘に縁のない人から見れば、「たかが便秘」と思いがちですが、膨満感や下腹部の痛み、排便時の苦痛といった異常にとどまらず、食欲不振や頭痛、口臭や体臭、肌荒れ、倦怠感、不眠など、多くのトラブルが実は便秘に端を発しているのです。


便秘とは、ひと言でいえば、腸の働きが低下して排便がスムーズにできなくなる状態のこと。とりわけ深くかかわつているのが、腸壁のリズミカルな筋肉収縮が内容物を先送りする腸のぜんどう運動です。

口から入った食べ物は、まず胃で消化されて、小腸で消化と栄養の吸収が行われます。大腸では内容物から水分が除去されて便となり、肛門より排泄されます。

小腸と大腸を合わせると6m以上もの長さになり、なんらかの原因で腸のぜんどう運動が滞ると、腸内のあちこちに便が停滞しやすくなり、便秘を招きます。すると、停滞した便が腸の動きをさらに滞らせるという悪循環に陥り、便秘はどんどん慢性化、難治化していきます。

そればかりでなく、便が長時間停滞していることで、便の腐敗が進んでしまうのです。

 

 

-便秘について

執筆者:

関連記事

便秘を専門に診察する「便秘外来」

生活指導だけで大半の便秘は改善 「便秘外来」開設当初は、医師の間でも「便秘で病院へ行くなんて」という意識がまだ色濃くありました。その後、研究が進み、便秘が全身の健康を害する大きな原因となることが明らか …

「ふんばり過ぎ」は危険!3分がんばって駄目だったらあきらめる

直腸が下に落ち込みやすくなる 便秘の人はなんとかして便を出そうと、トイレに長時間こもりがちです。 しかし、東邦大学医療センター大森病院総合診療科教授の瓜田純久先生は、「3分以上はトイレにいないように」 …

便秘に影響する腸内環境は生活習慣によって大きく変化する

高齢でも若者以上に腸が若い人がいる 一般に腸は、加齢とともに衰えると考えられがちです。しかし、腸の働きは、腸内環境、つまり腸内細菌のバランスに大きく左右されます。腸内環境は、年齢よりもその人の生活習慣 …

重症な便秘である「落下腸」の人が増えてきた

ねじれ腸よりさらに重症の落下腸 子供のころからのしつこい便秘は、腸にねじれがある「ねじれ腸」が原因だった! 国立病院機構久里浜医療センター内視鏡検診センター部長の水上健先生が、このことを2013年テレ …

便秘改善のために下剤を常用するとクセになってしまう

下剤の常用で便秘を悪化させる人が多い 便秘がなかなか改善しないと、つい下剤に頼って排便を無理に促してしまう、という人はいます。そんな人は要注意です。便秘外来を受診する患者さんの中にも、下剤を常用してい …

PR