便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


腸内環境について

腸内環境由来の肌トラブルは腸内の善玉菌を増やさないと解決しない

投稿日:

悪玉菌が増えると肌にシワ、シミ、クスミが増加

全身の健康状態を大きく左右する腸の働きは、当然「美容」にも深くかかわっています。

腸内には善玉菌と悪玉菌が住み着いており、どちらが優勢になるかによって健康状態は大きく変わります。善玉菌が優勢なら体調がよく元気はつらつとなり、悪玉菌が優勢だと途端に病気がちになるのです。

腹の中で悪玉菌がはびこるようになると、腸内のたんばく質やアミノ酸(たんばく質の構成成分)が腐敗し、悪臭のもととなるアンモニアやインドール、スカトール、硫化水素などの有書物質が大量に作られます。すると活性酸素(攻撃力の強い酸素)も大量に発生し、老化や病気を招く大きな原因になるのです。

問題は、腸の活性酸素や有害物質が腸壁から吸収されて、血液によって体じゅうに運ばれ、肌や頭皮の細胞の働きが著しく低下することです。すると、肌にシワ、シミ、クスミ、タルミ、吹き出物が現れたり、白髪や抜け毛が増えたり、薄毛を招いたりします。

腸由来の肌トラブルは、皮膚にいくら美容液をつけても改善しません。腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える努力が欠かせないのです。

 

 

健康長寿の実現には、腸の若さを保つことが大事

腸の衰えは、肥満まで招きます。腸のぜんどう運動(内容物を先送りする働き)が滞って便秘になれば、下腹が太くなるのは当然のこととして、腸に便が長くとどまると、糖や脂肪が必要以上に腸壁から吸収されて体脂肪が増加することになるのです。

また、腸内環境の悪化によって有害物質や活性酸素が血液とともに全身に運ばれると、全身の細胞の働きが衰えて基礎代謝(安静にしていても行われるエネルギー消費)が低下します。すると、余分な糖や脂肪が、やはり体脂肪として蓄積されてしまうのです。

実際に、実年齢よりも見た目が若くてスリムな高齢者ほど、腸内環境が良好に保たれていて快便です。便秘に悩まされている人はあまり見かけません。腸の働きが活発なので、若い人に負けないくらい元気で意欲に満ちています。

人間の最大寿命は125歳といわれます。腸が健康なら、その年齢まで生きることも決して夢ではないでしょう。健康長寿の実現には、腸の若さを保つことが最重要であることを覚えておいてください。

 

 

-腸内環境について

執筆者:

関連記事

昼食のあとに昼寝をすると腸内環境がよくなり健康増進にも役立つ

驚くほど若々しい腸内環境を維持していた 昔からよく、食べてすぐ寝ると「牛になる」とか、「行儀が悪い」といわれてきました。ところが、『たけしの家庭の医学』(テレビ朝日系列)という番組で、大変興味深い内容 …

腸にとどまった硬い停滞便を押し出す腸内環境を作る

弛緩性便秘では水分の補給も肝心 少食に陥ることで、腸を刺激してぜんどう運動を促したり、便のカサを増やしたりする働きのある食物繊維が足りなくなれば、便秘は悪循環に陥ってしまいます。 また、少食による水分 …

腸内環境をよくすれば虫歯や歯周病を防ぐ

腸が唾液の質を左右している 口の中を診ると、腸の健康状態がわかる…。こういうと、まさかと思うかもしれませんが、ほんとうです。口と腸は一見別々に見えますが、実は深い関係があり、お互いに強く影響し合ってい …

ふだんからダイズ食品を積極的にとるようにして腸内細菌を活発に

イソフラボンをとるだけでは効果はない 近年、ダイズに含まれるイソフラボンが、女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用があると注目されてきました。肌や髪を若々しく保ったり、血管や骨を丈夫にしたり、更年期障 …

腸内環境を良好に保てば幸せになる

腸内環境の悪化により、幸福ホルモンが出にくい人が増えている 「どうすれば幸せになれますか?」 人類の永遠のテーマとも呼ぶべきこの質問に対する一つの解答が、最近ようやく見つかりました。その答えとは、「お …

PR