便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


腸内環境について

腸内環境を良好に保てば幸せになる

投稿日:

腸内環境の悪化により、幸福ホルモンが出にくい人が増えている

「どうすれば幸せになれますか?」

人類の永遠のテーマとも呼ぶべきこの質問に対する一つの解答が、最近ようやく見つかりました。その答えとは、「お金」でも「地位」でも「名誉」でもありません。ズバリ「腸内環境を良好に保つこと」です。

腸内環境がよければ、脳のニューロン(神経細胞)どうしをつなぐシナプス(接合部)から、セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質が放出されやすくなることがわかっています。実際に、動物試験でも、セロトニンやドーパミンの前駆体(もとになる物質)が腸で作られることが確認されています。

脳には無数のニューロンがあり、さまざまな神経伝達物質を介して情報のやり取りをしています。このうち、セロトニンとドーパミンを介したとき、私たちは幸福感を覚えるのです。

これら幸福ホルモンの働きは多様で、セロトニンには、怒りやストレスを感じたときに気持ちを鎮めるほか、脳や体を覚醒させて落ち込みを解消したり、心身に活力を生み出したりする働きがあります。一方のドーパミンには、歓喜・快楽・興奮を高めて幸福感を増幅したり、気持ちを前向きに切り替えたりする働きがあるのです。

 

 

ところで今、日本人には、心を病む人が増えて大きな社会問題となっています。日本は自殺者数が世界でも極めて多く、毎年3万人前後がみずから命を絶っています。なぜ自殺者がこれほどまでに多いのでしょうか。

原因はいろいろありますが、その一つは、腸内環境の悪化により、幸福ホルモンが出にくい人が増えているせいではないか、と推測されています。

幸福ホルモンが出にくくなると、不眠やウツに陥りやすくなります。ウツは自殺を招く直接の引き金になります。さらに、脳内で幸福ホルモンが不足すると、自制心を失って急に逆上することがあるほか、意欲が低下して認知症(ボケ)が起こりやすくもなるのです。

腸内環境の良し悪しは、善玉菌を増やす土壌となる食物繊維を日々の食生活でいかにたくさんとるかにかかっています。現在の日本人の食物繊維の摂取量は、戦前と比べて半減しています。そのせいで、腸内環境が表えて自殺者が激増したと考えられるのです。

世界で食物繊維を最も多くとる国はメキシコで、日本の3倍です。同時にメキシコは、自殺者が世界で最も少ない国でもあります。毎日の食事で食物繊維をたっぷりとるメキシコ人の腸は健康で、心が幸福感で満たされているのかもしれません。

 

 

-腸内環境について

執筆者:

関連記事

「下痢のときは水分の摂取を控えたほうがいい」は間違い

食事やストレス、病気など下痢の原因は多様 よく悩ませるおなか不調としては、便秘とともに下痢があります。 小腸で栄養分が吸収された食べ物の残りカスは、さらに大腸で水分が吸収されて便になります。その一方で …

腸内環境が乱れているとメタボになりやすい!改善策は多品目の食品を摂取すること

肥満になるかならないかは、腸内フローラが決めている 腸内で腸内細菌が形作る環境を、腸内フローラと呼びます。善玉菌も悪玉菌も含めた、腸内細菌叢の別称です。そして、実は「肥満は感染する」のですが、それには …

腸内環境由来の肌トラブルは腸内の善玉菌を増やさないと解決しない

悪玉菌が増えると肌にシワ、シミ、クスミが増加 全身の健康状態を大きく左右する腸の働きは、当然「美容」にも深くかかわっています。 腸内には善玉菌と悪玉菌が住み着いており、どちらが優勢になるかによって健康 …

原因不明の症状や不定愁訴をは便秘や下痢など腸の問題が原因

腸の問題の根本は「冷え」 突発的な痛みやだるさ、体の重さなど、不定愁訴といわれる症状で悩む人は少なくありません。不定愁訴がやっかいなのは、病院へ行ってもハッキリとした原因がわからず、投薬や治療でもなか …

腸壁にこびりついた古い便を掃除する

水分を多くとる 便秘外来にやってきた患者さんには、腹部に超音波をあてて検査をします。すると、腸壁に古い便がこびりついているのがわかります。 乳酸菌の多い食品や水分を多くとったり、便をふやかす作用のある …

PR