便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ

腸内環境について

腸内環境を良好に保てば幸せになる

投稿日:

腸内環境の悪化により、幸福ホルモンが出にくい人が増えている

「どうすれば幸せになれますか?」

人類の永遠のテーマとも呼ぶべきこの質問に対する一つの解答が、最近ようやく見つかりました。その答えとは、「お金」でも「地位」でも「名誉」でもありません。ズバリ「腸内環境を良好に保つこと」です。

腸内環境がよければ、脳のニューロン(神経細胞)どうしをつなぐシナプス(接合部)から、セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質が放出されやすくなることがわかっています。実際に、動物試験でも、セロトニンやドーパミンの前駆体(もとになる物質)が腸で作られることが確認されています。

脳には無数のニューロンがあり、さまざまな神経伝達物質を介して情報のやり取りをしています。このうち、セロトニンとドーパミンを介したとき、私たちは幸福感を覚えるのです。

これら幸福ホルモンの働きは多様で、セロトニンには、怒りやストレスを感じたときに気持ちを鎮めるほか、脳や体を覚醒させて落ち込みを解消したり、心身に活力を生み出したりする働きがあります。一方のドーパミンには、歓喜・快楽・興奮を高めて幸福感を増幅したり、気持ちを前向きに切り替えたりする働きがあるのです。

 

 

ところで今、日本人には、心を病む人が増えて大きな社会問題となっています。日本は自殺者数が世界でも極めて多く、毎年3万人前後がみずから命を絶っています。なぜ自殺者がこれほどまでに多いのでしょうか。

原因はいろいろありますが、その一つは、腸内環境の悪化により、幸福ホルモンが出にくい人が増えているせいではないか、と推測されています。

幸福ホルモンが出にくくなると、不眠やウツに陥りやすくなります。ウツは自殺を招く直接の引き金になります。さらに、脳内で幸福ホルモンが不足すると、自制心を失って急に逆上することがあるほか、意欲が低下して認知症(ボケ)が起こりやすくもなるのです。

腸内環境の良し悪しは、善玉菌を増やす土壌となる食物繊維を日々の食生活でいかにたくさんとるかにかかっています。現在の日本人の食物繊維の摂取量は、戦前と比べて半減しています。そのせいで、腸内環境が表えて自殺者が激増したと考えられるのです。

世界で食物繊維を最も多くとる国はメキシコで、日本の3倍です。同時にメキシコは、自殺者が世界で最も少ない国でもあります。毎日の食事で食物繊維をたっぷりとるメキシコ人の腸は健康で、心が幸福感で満たされているのかもしれません。

 

 

-腸内環境について

執筆者:

関連記事

腸年齢が衰えている人は腸年齢の若返りに取り組むべき

善玉菌が多ければ腸は若くて健康 私たちの腸内には、無数の腸内細菌が住み着いています。腸内細菌は、ビフィズス菌のように私たちの健康にプラスに作用する善玉菌と、ウェルシュ菌のように体に弊害をもたらす悪玉菌 …

過度の清潔志向が便秘や腸内環境を悪くする原因に

過度の除菌・抗菌で病気を招きやすくなる 最近になってようやく、「腸内環境」の重要性が、一般の人たちの間でも広く認識されるようになりました。実際に、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えると、腸内環境が悪化し …

原因不明の症状や不定愁訴をは便秘や下痢など腸の問題が原因

腸の問題の根本は「冷え」 突発的な痛みやだるさ、体の重さなど、不定愁訴といわれる症状で悩む人は少なくありません。不定愁訴がやっかいなのは、病院へ行ってもハッキリとした原因がわからず、投薬や治療でもなか …

ふだんからダイズ食品を積極的にとるようにして腸内細菌を活発に

イソフラボンをとるだけでは効果はない 近年、ダイズに含まれるイソフラボンが、女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用があると注目されてきました。肌や髪を若々しく保ったり、血管や骨を丈夫にしたり、更年期障 …

腸内環境を良好に保てば中高年の健康不安を一掃する

腸内環境を良好に保つことが健康維持には欠かせない 腸こそ私たち人間の体のいわば根源的な臓器であり、腸内環境の良し悪しこそ心と体の健康状態を大きく左右する決め手であるのです。 つまり、腸が若々しく丈夫で …