便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

便秘に即効性のある「股関節回し」の効果とやり方

投稿日:

50代の女性の身長が3cm伸びた!

今回は、腸を活発にして、便秘を解消する方法として股関節回しをご紹介していますが、実は、それ以外の健康効果も見逃せません。

骨盤や背骨のゆがみが調整され、筋肉のコリがほぐれることで、腰痛や肩こり、背中のコリなどが改善します。疲労感や不眠などの解消にも役立ちます。

また、全身の新陳代謝も高まりますから、ダイエット効果も上がりやすくなります。股関節回しを行うことで、おなか、背中、ヒップ、太ももなども引き締まるでしょう。

さらに、股関節回しを行ったとき、顕著に現れる効果の1つが、身長が伸びることです。

 

 

試しに、片足だけ股関節回しを行ってから、うつぶせになって両足を伸ばし、足の長さを比べてみてください。すると、股関節回しを行ったほうの足だけが長くなっているのが、確認できるでしょう。それくらい股関節回しは効果があるのです。

これをくり返すことによって、中高年のかたでも身長を伸ばすことが可能になります。60代の女性が身長を3cm伸ばしたという記録もあるくらいです。

また、股関節を大きく回すと、股関節の近辺にあるリンパ節の刺激にもなります。リンパ液の循環がよくなることで、免疫力もアップして元気になり、カゼにかかりにくくなるでしょう。

股関節回しのやり方

では、次に、股関節回しのやり方を説明しましょう。

①うつぶせになり、左足をまっすぐに伸ばします。右ひざを曲げて、右足の裏を左足の太ももの内側、ひざの上辺りにつけます。

こうすると、右側の股関節周辺がストレッチされるのが実感できるでしょう。

反対の足でも同様に、ストレッチを行います。

②体の右側を下にして、両足をそろえて横になります。左腕は力を抜いて楽にし、右腕は頭の下に枕のように当てます。ひざをしっかり伸ばします。

③ひざが曲がらない程度に、左足を後方に持ち上げ伸ばします。腹式呼吸をしながら、左足を、右回りに5回、左回りに5回回します。

このとき、足だlナではなく、お尻の筋肉をともに動かして、できるだけ足を大きく回すと、より効果的です。足先で直径30cm程度の大きな円を描くつもりで行うといいでしょう。

④もう一度、①の動作をして、右足も同様に回してください。

便秘に即効性あり

注意点として、腰が痛いときには行わないこと、やっている最中に違和感を覚えたら直ちに中止すること、うまく回せなくても無理をせず、できる範囲で行うことを挙げておきます。

股関節回しは、起床後や就寝前の朝晩1回ずつ行うといいでしょう。1セットで、約3分程度かけて行うのが、1つの目安になります。

便秘などで悩んでいるかたは、ぜひ試してみてください。股関節回しは、かなり即効性が高く、気持ちのいい体操です。実際に股関節回しをやっているうちに、便意を催すということも少なくありません。

→「股関節回し」で胃腸の調子をよくして便秘を改善

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

高齢者の便秘を改善するための腹筋強化にはウォーキングもおすすめ

腹筋とともに全身の筋肉がバランスよく鍛えられる 腹筋の衰えは、さまざまな意味で便秘の発症や悪化を促します。高齢者が転倒などで一時的にでも寝たきりになり、腹筋などの全身の筋肉が急激に衰えると、それまで便 …

「便出しポーズ」で排便を促し頑固な便秘を改善

いきみすぎると逆効果 トイレの便座に座ってみたけれど、なかなかスッキリと排便できないという人は多いのではないでしょうか。そこで、少しでも排便がスムーズにいくように、排便時に役立つお話をしたいと思います …

「大腸ゆらし」でねじれ腸を緩めれば便秘が改善

便秘にいいことをしているのに改善しない 便秘は、日本で最も多い病気です。国民の5人に1人、特に女性の約半数が便秘に悩んでいるといわれています。 便がなかなか出ないというのは、実につらいことです。そんな …

便秘を改善する呼吸法「おじぎ呼吸」でスタイルも良くなる

1~2分で便通に効く! ボイストレーナーで洗足学園音楽大学講師の安ますみ先生は、ミュージカル、ポップス、オペラ歌手、俳優、声優、狂言師といった「声を使うプロ」に対し、ボイストレーニングを長年続けてきま …

手の甲刺激で冷えが取れ便秘や下痢が解消し腸の働きが回復していく

多くの慢性的な病態にも影響を及ぼす 手の甲心刺激は、大津接骨院院長である石橋輝美先生の経験から生まれたもので、これに患者さんへの治療経験を積み重ねて体系化した治療法です。その方法は、手の甲にある、全身 …

PR