便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

手の甲刺激で冷えが取れ便秘や下痢が解消し腸の働きが回復していく

投稿日:

多くの慢性的な病態にも影響を及ぼす

手の甲心刺激は、大津接骨院院長である石橋輝美先生の経験から生まれたもので、これに患者さんへの治療経験を積み重ねて体系化した治療法です。その方法は、手の甲にある、全身に対応したポイントを刺激するものです。

ペイン・シフト理論に基づいた手の甲刺激は、首や肩の痛み、腰痛、ひざ痛など、さまざまな部位の原因不明の慢性痛に加え、ねんざなど原因がハッキリしている痛みにも有効です。さらには、痛み以外の、多くの慢性的な病態にも影響を及ぼし、高血圧や糖尿病、難聴、耳鳴り、偏頭痛、不眠などの症状を解消するのに有効です。

慢性的な病態や不定愁訴については、その根本にある冷えを取り去ることで効果を発揮します。

回盲部に冷えがたまっている人は、右手の中指へと続く手の甲の骨と、薬指へと続く手の甲の骨で作るゾーンを3等分した、指先に近いゾーンにコリコりした紐状のしこり(結締織)があります。人によって多少の上下のズレはありますが、左手の親指でこのゾーンを押すと、特異な痛みを感じるポイントがあるのでわかるでしょう。

 

 

このポイントを指先やペン先で刺激します。指先やペンを皮膚に対して直角に当てて、痛みを感じる程度の強い力でギュッと押します。指先なら5~8秒、ペン先などでは1~2秒、押します。ゴリゴリともむ必要はありません。

また、慣れないうちは、ポイントを特定するのが難しいため、ポイントより広いゾーンを指先で刺激するとよいでしょう。手の甲刺激は1日に何度行ってもかまいません。

そのほか、生米を使うのも効果的です。ポイントに生米を縦に置き、絆創膏で粘るのです。そのまま、2~3日おいてかまいません。

回盲部の冷えによる症状が、回盲部と同じ体の側(右側)、反対側(左側)どちらにあっても、右手の甲を刺激することで効果が得られます。

手の甲刺激を毎日持続的にくり返すことで、結締織がしだいにやわらかくなってきます。これは回盲部の冷えが取れてきたサインで、通過障害による便秘や下痢が解消し、腸の働きが回復していることを示しています。

その結果、全身に及んでいた悪影響が軽減し、さまざまな症状が改善してきます。簡単で、今すぐにでも始められる手の甲刺激を、ぜひお試しください。

→原因不明の症状や不定愁訴をは便秘や下痢など腸の問題が原因

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

その便秘は骨盤のゆがみが原因かも?「骨盤タオル」でゆがみを改善

骨盤のゆがみを調整するのに効果的なエクササイズ 便秘は、さまざまな要因によって引き起こされます。運動不足や、食生活の偏り、ストレスなどー。その中で、一般的にあまり知られていないのが、骨盤のゆがみです。 …

「股関節回し」で胃腸の調子をよくして便秘を改善

骨盤のゆがみを正し胃や腸を活性化! ふだんから姿勢が悪かったり、運動不足が続いたりすると、体にさまざまな悪影響が出てきます。 そうして起こる障害の1つが、骨盤のゆがみです。 そもそも、運動不足のかたや …

久しぶりにスルリと便が出た!「指ヨガ」で便秘が改善した例を紹介

1分でスルリと快便!毎朝りっぱなバナナ便 指ヨガの魅力は、持と指を押し合うだけで、体のさまざまな症状や悩みが改善する点でしょう。やせた、ボディラインが美しくなった、ひざの痛み、腰の痛みが軽くなった、高 …

翌朝の便通が快適になる「快便のツボマッサージ」

便がたまりやすい場所をマッサージする 強くいきみすぎるのは便秘を助長することになりますが、ほかにも思わぬ大病を招くことがあります。 それは、脳卒中や心筋梗塞です。強くいきむと交感神経が優位になり血圧は …

長年の悩みだった便秘や肩こり、腰痛などがすべて改善した「骨盤タオル」

便通が規則的にくるように 静岡県にお住いの鈴木陽子さん(仮名・37歳・主婦)は、昔から便秘と下痢に悩まされてきました。3日くらい便通がないことはあたりまえで、やっとお通じがあったかと思うと、今度は下痢 …

PR