便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する食べ物・飲み物

友人に勧められた「バナナ茶」で翌日にはもう便意が

投稿日:

バナナ茶で便秘薬と緑が切れて性格も明るくなった静岡県 54歳 パート勤務 女性の方の体験談です。

時間がたつにつれ効き目がなくなる

私は、若いときから便秘に悩んでいました。最高記録で10日間出ないこともあったので、便秘薬に頼っていました。ところがテレビの健康番組で、便秘薬を長年使用していると、腸が動かなくなると知って、薬はやめたいと思うようになりました。

そこで、薬局にある便秘にいい健康食品やお茶を試したのですが、時間がたつにつれ、効き目がなくなるのです。

そんな話を愚痴交じりに知人にこぼしたところ、「バナナ茶」を勧められました。私は、バナナが大好きなこともあり、すぐに試すことにしたのです。

初めて飲んだときは、コーヒーカップにバナナ茶1パックを入れてお湯を注ぎ、濃い目のお茶にしました。翌朝、今までにない便意がありました。急いでトイレに行くと、スルリと大きな便が出たのです。

 

 

「40代のころより断然若いよ!」

1カ月後には、朝食後に必ずお通じがあるというリズムができました。そこで、私は飲み方を変えました。バナナ茶1パックを2リットルのお湯で煮出して冷蔵庫で冷やすのです。それを毎朝コップ1杯飲むだけです。それでも快便は続きました。

体重はみるみる減り始め、3カ月後には、9kg減。74kgから65kg(身長は172cm)になったのです。

パート仲間たちからは「生き生きしている」と言われています。私自身、便秘で太っていたときは、何に対しても興味が持てず、イライラを家族にぶつけていました。最近では、パソコンを習いたいとか、スポーツをしたいとか、好奇心がわいてきたのです。今では、パソコン作業の腕も上がり、私を取り巻く世界が急速に広がりました。

太っているときは、暗い色の洋服ばかりを着ていましたが、明るい色を選ぶようになりました。娘からは「40代のころより断然若いよ!」と言われ、夫も「性格が明るくなったな」と喜んでいます。

今では、食事の後、腸がギュルギュルと動いていることを実感しています。便秘薬とも嫁が切れました。これからもバナナ茶を続け、人生を楽しみたいと思っています。

明治薬科大学元理事・薬学博士 本橋登先生の解説

バナナ茶には、漢方薬にも用いられる羅漢果(らかんか)、健康茶で有名なルイボスティーも含まれています。両方とも、強力な抗酸化作用を持ち、過剰な血中コレステロールの除去、便通や新陳代謝の促進効果が期待できます。

 

 

-便秘を改善する食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

バナナ茶で便秘が解消し、くすみやたるみも取れた!

3か月後には9kg体重が減った 和田さんは、バナナ茶をやかんで煮出してパックを取り出し、冷蔵庫に冷やして保存するようになりました。それを、朝起き抜けと夕食後にマグカップで1杯ずつ飲みます。 すると、朝 …

「メカブ納豆」がにおいのもとを断って、便臭やオナラ臭ばかりか、体臭や口臭までへらすことができる

善玉菌をふやして腸内環境を改善する 便やオナラや体臭のにおいの元を絶つには、どうしたらいいでしょうか。次の3つが重要だと思います。 ①腸内の善玉菌をふやし悪玉菌をへらす。 ②便秘にならない。 ③におい …

納豆のマグネシウムが便秘解消に効果あり!

弛緩性便秘の改善・解消にマグネシウムの摂取は重要 納豆の第二の快便栄養として注目したいのが、マグネシウムというミネラル(無機栄養素)です。 マグネシウムには、腹の中の水分が体内に吸収されるのを防ぐ役割 …

桑の葉ふりかけは便秘だけでなく、高血糖や糖尿病の予防・改善に役立つ

1日に6gを目安にとるだけ 「桑の葉ふりかけ」は、おいしくて、便秘解消や、血糖値のコントロールに役立つと人気を集めています。 さらに、「桑の葉ふりかけをとったら、病院の薬でも改善しなかつた血糖値が1ヶ …

納豆に植物油を加えてとると便秘解消の効果が高まる

油が便のすべりをよくして排便をうながす 弛緩(しかん)性便秘の改善・解消には、納豆菌やマグネシウム、食物繊維、オリゴ糖などの快便栄養を豊富に含む納豆の常食が有効です。ただ、その効果をさらに高める方法と …

PR