便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

足の裏マッサージでリラックスした状態になり腸の動が活発に

投稿日:

男女問わず便秘に悩む皆さんにお勧め

女性は、男性に比べると便秘になりやすいものですが、特に出産後は、その傾向が顕著になります。産後は腹壁がゆるみ、腹圧が弱くなるうえ、慣れない育児や、不規則な生活による精神面への影響もあり、便秘になりやすいと考えられています。

宝塚大学看護学部講師の木村静先生は、このような女性たちの悩みを少しでも解消したいと思い、ある実験研究を行いました。

それは、足の裏マッサージが、便秘に対して、実際どの程壁の効果をもたらすのか調べたものです。この研究の対象者は、女性だけでしたが、男女問わず便秘に悩む皆さんにお勧めしたいと思います。

今回行った足の裏マッサージは、反射区の考えに基づくものです。反射区とは、人間の体の各部、各臓器が足の裏に投影されているという考え方です。便秘の場合でいうと、対応する臓器は腸です。そこは、足裏の中央のややかかと側になります。

 

 

明らかにリラックスした状態になった!

主に両足のその対応部を、手の親指でギュギュッと指圧しました。指圧する強さは、押して「気持ちよい」と感じられる程度です。

実験研究は、2回にわたり行いました。1つめの研究では、便秘症状に悩む女性9名(平均年齢31.3歳)にご協力いただきました。対象者には、実験前にほぼ同じものを食べてもらうなど、調整できる条件は、なるべく同一にしたうえで行いました。

そして、足の裏マッサージを15分間行った日と、行わなかった日とで、腸の動きを比較したのです。具体的な数値として、リラックスの度合いを示す値と、腸音の値を調べました。

皆さんも経験があると思いますが、精神的に緊張しているときには、便が出にくくなります。ですので、リラックスした状況を作ることは、便秘解消には大切なことだといえます。そして腸音は、腸の活動状態を知るための指標です。腸音の数値が高くなれば、腸が活発に動いていることを示します。

結果は、足の裏マッサージを行うと、行わない場合より、リラックスの度合いを示す値、腸音の値ともに有意(明らか)に上昇していました。つまり、足裏マッサージを行うと、よりリラックスした状態になり、腸の動きも活発になることがわかったのです。

腸の動きが活発になった

続いて、木村先生は、前回とは異なり、産後間もない便秘症状のある女性18名(平均年齢詣28.3歳)にご協力いただき、2つめの研究を行いました。

ここでは、20分間にわたり足の裏マッサージを行いましたが、そのほかは、前回とほぼ同様の方法で実施しました。

その結果、やはり足の裏マッサージによって、腸の動きが活発になりました。

さらに、実験終了後しばらくの間に、排便や排ガスを認めた女性が、18名中7名もいたのです。

便意を催し、トイレに行きたくなった

マッサージ後に感想を聞くと、「気持ちよかった」「体や足が温かくなった」「おなかが動いた」という声のほか、「マッサージ中に便意を催し、トイレに行きたくなった」という人もいました。

これらの効果は、当初木村先生が予想していたよりも高く、正直驚きの結果になりました。。

木村先生は、施術のプロではないので、マッサージの技術は素人並みです。にもかかわらず、これほどの効果が得られたのですから、だれでも簡単に行える方法だということがわかります。

まずは、15分程度、足の裏の該当箇所を、自分でマッサージしてみてください。もしも自分でうまくできないというかたは、ご家族やパートナーなどにマッサージしてもらってもいいでしょう。

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

腸内にガスがたまると、腸のぜん動運動が妨げられ、便秘や下痢などを引き起こす

腸内のガスをうまく排出できないとガス腹に 皆さんは、おなかが張って苦しいという、ガス腹の経験をしたことがありませんか。 腹の中には、健康な人でも常に200mlくらいのガスがたまっています。それらのガス …

パンツをはいて寝ると自律神経のバランスが崩れる

睡眠障害はストレスから引き起こされる 五輪橋産婦人科の丸山淳二先生は、20年ほど前から、「脱パンツ睡眠」を提唱してきました。これは、下着を身につけずに眠る健康法です。 「寝つきが悪い」「眠りが浅い」「 …

腹横筋や肛門括約筋が鍛えられ、腸のぜん動運動が促進されるスクワット

便秘は腸内環境が悪化した状態 港区赤坂にある小林メディカルクリニックの便秘外来では、約7年間で、延べ1万2000人の患者さんが便秘やガス腹を改善しています。 いうまでもなく、便秘は腸内環境が悪化した状 …

腹式呼吸は吐く時間を吸う時間の2倍にする

半身浴をすると腸の働きが改善する 腹式呼吸はおなかをふくらましたり引っ込めたりして空気を出し入れするため、胸式呼吸に比べて腹筋をよく使います。 ヨガの呼吸法では、吸うよりも吐く時間が長くなっています。 …

排便するときは姿勢が大事。排便しやすい姿勢とは

トイレでがんばる時間はせいぜい3分 便秘にならないようにするには、規則正しい生活や睡眠、適度な運動、食物繊維の多いものをとるをど、毎日の生活習慣が大事です。とはいえ、忙しい現代では、なかなか思うように …

PR