便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

「大腸ゆらし」でねじれ腸を緩めれば便秘が改善

投稿日:

便秘にいいことをしているのに改善しない

便秘は、日本で最も多い病気です。国民の5人に1人、特に女性の約半数が便秘に悩んでいるといわれています。

便がなかなか出ないというのは、実につらいことです。そんな便秘の原因として思い当たるのは、生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなどでしょう。

しかし、「野菜や果物で食物繊維をとっているのに便秘になる」「毎日、ウオーキングをしているのにお通じがない」など、便秘にいいとされていることをしているのに改善しない人はたくさんいます。これは、どうしてなのでしょう。

実をいうと、日本人の腸は、多くが複雑にねじれているからなのです。

 

 

腸がねじれている人が8割もいる

おそらく皆さんは、腸の形というと、人体解剖図などで見た、大腸が小腸の周りをぐるりと取り囲んでいる四角い形を想像するでしょう。確かに、欧米人の腸は大方、この形です。ドイツで100人以上、大腸検査をしたときも、全員ほぼ解剖図どおりでした。

しかし、日本人の場合は、解剖図どおりの人はたったの2割程度です。つまり、大腸がところどころでねじれている人が、なんと8割もいるのです。

なぜ日本人にねじれ腸が多いのかというと、人種や遺伝が影響していると考えられます。親子の腸の形を調べてみると、ねじれ方まで、実によく似た形をしているケースが多いのです。

では、ねじれ腸だと、なぜ便秘になりやすいのでしょうか。

腸のねじれた状態を緩めれば便秘を解消することができる

それは、いったん便が硬くなると、ねじれて狭くなった部分にひっかかって、先に送りにくくなるからです。そして、便をため込むと、腸は長く太くなります。すると、腸はさらに複雑にねじれて便が出にくくなります。ため込んだ便の重さで、腸が骨盤にまで垂れ下がることもあるのです。

かといって、頑固な便秘を下剤に頼り切って解消するのは、お勧めできません。下剤で無理に腸を刺激して動かしていると、やがて腸は疲れ、腸の神経がダメージを受lナます。こうなると、腸が動かなくなり、下剤を飲んでも便が出なくなってしまうのです。

また、日本で多く使われているセンナなどの刺激性下剤を長期間毎日使うと、腸が真っ黒になり、ポリープやガンになりやすいことも報告されています。

そこでお勧めしたいのが「大腸ゆらし」という腸のマッサージ法です。これを行って、一時的にでも腸のねじれた状態を緩めてあげれば、便秘を解消することができるのです。

大腸ゆらしのやり方

では、大腸ゆらしのやり方をご説明しましょう。

腸がねじれて便秘の原因になる場所は、主に3カ所あります。1つめは、左腹部の下行結腸、2つめは、下腹部のS状結腸、3つめは、左上腹部になる横行結腸と下行結腸のつなぎ目の部分です。したがって、この3つの部分の大腸をゆらして緩めるようにします。

これらのうち、S状結腸と下行結腸をゆらすマッサージは、どちらも床にあおむけになり、リラックスした姿勢で行います。それぞれの位置を指でトントンと軽く叩き、おなかの上から大腸をゆらすようにします。

ただし、左上腹部にある横行結腸と下行結腸のつなぎ目は、肋骨の下にあるため、指で押してもゆらすことはできません。こちらは、立った姿勢で上半身を左右にひねることで、ねじれ部分の大腸をゆらします。

この大腸ゆらしを行うのにお勧めの時間は、起床直後と就寝前です。大腸は起床後に動き始め、朝食を食べるとさらに腸が動いて便が出やすくなります。この朝食後の排便を促すため、特に朝食前にマッサージを行うのがいいのです。また、2つのマッサージは寝たまま行うので、就寝時に布団に横たわったときも無理なく実行できます。

そのほか、入浴時に湯ぶねの中で行うのもいいでしょう。水中では腹筋の力がかからず、大腸がゆらゆらしているので、腸をゆらしやすくなります。

ぜひ皆さんも、大腸ゆらしを実行し、つらい便秘の悩みを解消してください。

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

力を抜いて、ゆっくり息を吐く「便秘呼吸」で重症便秘が改善

便秘呼吸で残便感が消えた佐賀県 66歳 会社社長 男性の方の体験談です。 事故で腸を傷つけ慢性便秘で悩んでいた 私は、30代最後の年の事故で、腸を傷つけてしまいました。それ以来、慢性的に便が出にくく、 …

落下腸の便秘の改善に効果のある「腸戻し」で便の通過もスムーズに

大腸内視鏡検査に30~40分もかかるケースがある ねじれ腸の患者さんがへった一方で、2014ごろからふえてきたのが、やはり重症便秘である「落下腸」の患者さんです。落下腺は、ねじれ腸に有効な大腸ゆらしも …

落下腸の人の便秘を改善する方法「腸戻し」のやり方

立つと下腹が出る人は要注意 ねじれ腸の患者さんがへった一方で、2014ごろからふえてきたのが、やはり重症便秘である「落下腸」の患者さんです。落下腺は、ねじれ腸に有効な大腸ゆらしも、運動も、あまり効きま …

便秘に即効性のある「股関節回し」の効果とやり方

50代の女性の身長が3cm伸びた! 今回は、腸を活発にして、便秘を解消する方法として股関節回しをご紹介していますが、実は、それ以外の健康効果も見逃せません。 骨盤や背骨のゆがみが調整され、筋肉のコリが …

原因不明の症状や不定愁訴をは便秘や下痢など腸の問題が原因

腸の問題の根本は「冷え」 突発的な痛みやだるさ、体の重さなど、不定愁訴といわれる症状で悩む人は少なくありません。不定愁訴がやっかいなのは、病院へ行ってもハッキリとした原因がわからず、投薬や治療でもなか …