便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ

便秘を予防するために

医者が教えてくれるちょっとした快便術

投稿日:

東邦大学医療センター大森病院、瓜田純久医師の便秘にならないためのヒントです。

適量のビールは便秘を防ぐ

お酒を飲むと、翌日におなかがゆるくなるという人がいます。これはおそらく、お酒が進んで水分摂取量が多くなり過ぎたためだと考えられます。ただ、適量のお酒、特にビールは、食欲の増進と消化活動の活性化につながるので、便秘予防にいいかもしれません。

ビールは胃壁を刺激し、ガストリンというホルモンを分泌させ、結果的に胃酸の量を増します。また、麦芽に含まれる成分に消化管の運動を促進する働きがあるともいわれます。

問題は、ビールを適量にとどめるのが難しいという点でしょうか(笑)。ビールばかり飲んでおなかいっぱいになってしまったり、逆に食欲が増進されて、食べ過ぎてしまったり…。

 

 

手足を冷たい水につける

腸の働きは、自律神経のうちの副交感神経(心身をリラックスさせる神経)が優位なとき、最も活発になります。一日の中では夜、寝ている間です。

起きている間は、食べた物を胃で消化し、小腸へ送っていきます。小腸で栄養を吸収した後、寝ている間に大腸で便が作られます。ですから、起床後の朝の時間帯が最も排便に適しているのです。

しかし、現代人はストレスの影響で交感神経(心拍数や血圧を上げるなど全身の活動力を高める神経)ばかりが優位になりがち。また、本来は副交感神経が最も優位になる深夜の時間帯に起きている人が少なくありません。

そこでお勧めしたいのが、寝る前や起床直後に、冷たい水で手や足などの局部を刺激することです。体の一部を冷たくすると、一時的に交感神経が優位になって血管が収縮します。しかし、前に振れたプランコが後に引かれるように、しばらくたつと副交感神経優位になって、今度は血管が広がります。

このような自律神経の振れ幅があることが大事で、手足を冷たい水につけることは、交感神経と副交感神経の活動バランスを整え、腸の働きをよくすることにつながります。

マンゴージュースを朝に飲む

牛乳に含まれる乳糖、マンゴーやパパイヤに多く含まれる果糖、ハチミツに含まれる糖類(果糖、ブドウ糖、オリゴ糖など)は、消化されにくく、穏やかな下剤作用があります。

しかも、これら糖類の作用は、ある程度の即効性も期待できます。

便秘で悩んでいる人は、マンゴーかパパイヤのジュースを、1日1杯200mlくらい飲むのがお勧めです。果物を食べても効果はありますが、液体のほうが腸に早く到達するため、効果が表れやすいでしょう。

牛乳をそのまま、あるいは適量のハチミツを加えて飲むのもいいと思います。

飲むタイミングは、朝起きてすぐがいいでしょう。朝こそ排便のゴールデンタイムですし、起床直後の空腹時であれば、早く腸に到達し、腸管の運動を刺激することになるからです。

過度な食事制限は便秘の大敵!

女性が便秘になる原因として多いのが、過度のダイエットや食事制限です。

食事量が減ると、必然的に作られる便の量も減ります。すると、排泄しようという働きが起こりにくくなります。

川が一定の速度で流れるには、ある程度の水量が必要なのと似て、腸が活発に働いて消化吸収や排泄がスムーズに行われるためには、ある程度の消化物が必要なのです。

過度の食事制限は便秘のみならず、さまざまな弊害を招きます。特に20代くらいまでの若い人は、1日に2000kcalくらいを目安に適切な量の食事を心掛けましょう。

 

 

-便秘を予防するために

執筆者:

関連記事

女優・夏樹陽子さんの便秘を防ぐ美腸ケア

いっそう腸の健康に配慮するようになった 今から6年ほど前のことです。当時、まだお元気だった俳優の三国連太郎さん(2013年逝去)に勧められたので、腹の内視鏡検査を受けたんです。すると、ポリープがいくつ …

過度の清潔志向が便秘や腸内環境を悪くする原因に

過度の除菌・抗菌で病気を招きやすくなる 最近になってようやく、「腸内環境」の重要性が、一般の人たちの間でも広く認識されるようになりました。実際に、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えると、腸内環境が悪化し …

排便時は決して無理をせず自然な便意にまかせて、リラックスして排便をしましょう

排便が2~3日なくても気にしない 「毎日、排便がないのは便秘でしょうか」 これは、医師が患者さんからよく受ける質問の一つです。「毎日規則正しい排便があるのが健康のバロメーター」というイメージを、多くの …

60代以上の高齢者にも便秘に陥る人は意外に多い

高齢者の便秘は早期の解消が必要 便秘というと、20~30代の若い女性がよく抱える悩みのように思われがちですが、60代以上の高齢者にも便秘に陥る人は意外に多いものです。しかも、高齢者では女性にかぎらず男 …

食事量を減らすのは、便秘解消には逆効果

3度の食事で腸を刺激し排便を促す 便秘で悩む人は、食事のたびに、食べるべきか、控えるべきか悩んでしまうことでしょう。そして、多くの人が、便が腸内にたまったりおなかが張ったりすることを気にして、食べる量 …