便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ

便秘について

「ふんばり過ぎ」は危険!3分がんばって駄目だったらあきらめる

投稿日:

直腸が下に落ち込みやすくなる

便秘の人はなんとかして便を出そうと、トイレに長時間こもりがちです。

しかし、東邦大学医療センター大森病院総合診療科教授の瓜田純久先生は、「3分以上はトイレにいないように」とアドバイスしています。

というのも、トイレで便器をまたいで、きばる姿勢を長く続けていると、直腸(大腸の最下部)の一部が、肛門管(肛門の下線から、肛門粘膜が直腸粘膜に移行するところまでの長さ3cmほどの部分)にグッと入り込むような形になってしまうことがあるからです。

直腸の3分の1ほどは、周りの筋肉などで固定されていますが、上のほうは固定されずにプラプラしています。

排便時には腹圧がかかり、直腸が収縮し、内外の肛門括約筋(肛門を広げたり締めたりする筋肉)が弛緩します。これはつまり、直腸が下に落ち込みやすくなる状態です。

本来は、直腸が落ち込まないように「骨盤底筋」と呼ばれる筋肉群が下から支えています。

しかし、高齢になるにつれ、骨盤底筋群がゆるみ、支える力は弱まってきます。

3分であきらめ次を待つ!

女性では、出産を機に骨盤底筋群が弱ってしまうこともあります。

そして、落ち込んだ直腸が肛門管内に入り込むと、実際には便がないのに、いつも便意を感じるという状態になってしまうことがあるのです。

さらに、便失禁や出血、肛門痛などの原因となることもあります。

ですから、「ふんばり過ぎ」は危険なのです。

瓜田先生は、3分がんばって駄目だったらあきらめ、次の便意が起こるタイミングを待つように指導しています。

余談ですが、肛門括約筋や骨盤底筋群を鍛えることも、便秘に悩んでいる人には大事なことです。ふとしたときに、肛門をすぼめるなどの動作を意識的に行ってみるのもよいでしょう。

 

 

-便秘について

執筆者:

関連記事

便秘の改善には腸内環境をよくすることが大事

便秘には、3つのタイプがある 港区赤坂・小林メディカルクリニックの便秘外来は95%以上の改善率を誇りますが、現在、予約で5年待ちの状況です。ですから、今回は、小林弘幸先生の自分でできる便秘改善のポイン …

便秘解消に役立つ2つのトレーニングとマッサージ

普通の運動では刺激されない大腸 便秘解消のためには、運動やマッサージで、物理的に外から腸を刺激するのも大事です。 腸は、刺激を受けると、それに反応します。朝一杯の水を飲むと、胃に入った水の重みで腸が刺 …

便秘に影響する腸内環境は生活習慣によって大きく変化する

高齢でも若者以上に腸が若い人がいる 一般に腸は、加齢とともに衰えると考えられがちです。しかし、腸の働きは、腸内環境、つまり腸内細菌のバランスに大きく左右されます。腸内環境は、年齢よりもその人の生活習慣 …

60代以上の高齢者にも便秘に陥る人は意外に多い

高齢者の便秘は早期の解消が必要 便秘というと、20~30代の若い女性がよく抱える悩みのように思われがちですが、60代以上の高齢者にも便秘に陥る人は意外に多いものです。しかも、高齢者では女性にかぎらず男 …

排便時は決して無理をせず自然な便意にまかせて、リラックスして排便をしましょう

排便が2~3日なくても気にしない 「毎日、排便がないのは便秘でしょうか」 これは、医師が患者さんからよく受ける質問の一つです。「毎日規則正しい排便があるのが健康のバロメーター」というイメージを、多くの …