便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ


便秘を改善する運動・動作

その便秘は骨盤のゆがみが原因かも?「骨盤タオル」でゆがみを改善

投稿日:

骨盤のゆがみを調整するのに効果的なエクササイズ

便秘は、さまざまな要因によって引き起こされます。運動不足や、食生活の偏り、ストレスなどー。その中で、一般的にあまり知られていないのが、骨盤のゆがみです。

整骨院に来院する患者さんをみると、肩こりや冷えに悩むかたは、同時に便秘にも悩んでいるケースが多いことがわかります。これらのかたに共通しているのが、骨盤のゆがみなのです。

骨盤がゆがむと、下腹部の血行が悪くなり、下半身が冷えがちになります。それにより、腸機能が低下してしまうのです。

便秘を治すには、骨盤を正しく整えることが重要といえます。下痢やガス腹、便臭なども、同様のことがいえます。

この骨盤のゆがみを調整するのに効果的なエクササイズが、静岡県藤枝市にあるさくら堂はり灸指圧整骨院院長の八木愛子先生が勧める「骨盤タオル」です。

 

 

便秘解消に対し、相乗的な効果が望める

早速、そのやり方をご紹介しましょう。

まず、フェイスタオルを3本用意してください。そして、1本のタオルを横にして置きます。そのタオルの中央からこぶし1つ分離れた左右に、縦半分に折った残りのタオルを、縦にしてそれぞれ置きます。重なった部分を結び、大きな結び目が2つある「ふたコブタオル」を作ります。

これを使い、次の2種類の動作を行います。

まず、骨盤を左右にひねる動作です。ふたコブタオルを床に置き、両ひざを立てて、その上にあおむけに寝ます。このときタオルのコブが腰に当たるようにしてください。骨盤と肋骨の間の位置です。

そして、ひざが床につくように、左右交互に倒します。左右1往復を1回として、1日に20~30回行いましょう。

ひざは、無理のない範囲で、ゆっくりと倒してください。左右のどちらか一方だけ、ひざが倒しにくい場合があると思います。それは、骨盤のゆがみがひどい証拠なので、毎日繰り返すことで、しだいに改善していくでしょう。

ひざを倒したときに、コブに体重が乗り、腰が刺激されます。このとき、腰にある大腸兪(だいちょうゆ)というツボも刺激されます。大腸兪は、名前からもわかるように、消化器の働きを整える特効ツボなので、便秘解消に対し、相乗的な効果が望めるのです。

朝の時間帯がお勧め

次に、お尻をほぐす動作です。いすの上にふたコブタオルを置き、コブがお尻に当たるようにして座ります。タオルの両端を手に持ち、お尻を片方ずつ交互に浮かせます。お尻で足踏みをするようなイメージです。

左右行って1回とし、1日に20回行いましょう。

この動作は、①骨盤のゆがみの矯正、②腸への適度な刺激、③お尻の筋肉のマッサージなどに役立ちます。

これら2種類の動作による骨盤タオルは、基本的にはいつ行ってもかまいませんが、特に朝の時間帯がお勧めです。朝が、腸がいちばん元気に働く時間帯だからです。

そして起床後に、まず1杯の水を飲んでから行うと、さらにいいでしょう。朝いちばんの水が刺激となり、腸が活発に動き出します。

腰痛の改善効果も期待できる

そして、なにより毎日続けることが大事なので、時間帯は余り意識せずに、とりあえず毎日続けましょう。

もともと、八木先生自身も便秘がちだったのですが、骨盤タオルを行ううちにすっかり改善しました。皆さんも、始めてから3日日ぐらいで効果を実感される場合が多いようです。

また、背骨の腰椎の下に位置する仙骨(せんこつ)と、いわゆる腰骨である腸骨(ちょうこつ)とを連結している関節を、「仙腸関節」といいます。

骨盤がゆがんでいる人は、この仙腸関節にもゆがみが生じています。骨盤タオルを続けていけば、この仙腸関節の調整にも役立ち、腰痛の改善効果も期待できるでしょう。ただし、強い痛みを感じたり、炎症が起こっていたりするときは、骨盤タオルは控えてください。

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

毎日きちんと「股関節回し」すると、便秘や肩こりも解消し、肌の調子もよくなってきた

股関節回しで6kgやせてウエストが7cm締まった静岡県 54歳 主婦の方の体験談です。 1週間便通がないことも珍しくなかった 島田市にある、田村章二先生が指導している「股関節回し」の教室に、私が通い始 …

落下腸の便秘の改善に効果のある「腸戻し」で便の通過もスムーズに

大腸内視鏡検査に30~40分もかかるケースがある ねじれ腸の患者さんがへった一方で、2014ごろからふえてきたのが、やはり重症便秘である「落下腸」の患者さんです。落下腺は、ねじれ腸に有効な大腸ゆらしも …

翌朝の便通が快適になる「快便のツボマッサージ」

便がたまりやすい場所をマッサージする 強くいきみすぎるのは便秘を助長することになりますが、ほかにも思わぬ大病を招くことがあります。 それは、脳卒中や心筋梗塞です。強くいきむと交感神経が優位になり血圧は …

「足の三里」のツボへの刺激が便秘にも下痢にも効果を発揮

過敏性腹症候群の改善効果も期待できる 「足の三里」は、ひざ下の、すねの外側部分に位置します。便秘や下痢などをはじめとした胃腸の不調や、ひざ痛などの足の不調を改善するとともに、全身を元気にするツボです。 …

長年の悩みだった便秘を解消することができたと好評の「足首つかみ」

日本人に多いねじれ腸を正す! 会津若松市にあるえんどうクリニックでは、1994年の開業時から、月に2回、予約制の「便秘外来」を設けています。便秘外来の目的は、頑固な便秘に悩む患者さんの、便秘の原因を突 …

PR