便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ

腸内環境について

マイクロバイオームの研究で腸内環境が改善される

投稿日:

マイクロバイオームが人体に大きな影響を及ぼす

人は、一人ひとり顔も違えば、姿形、性格、健康状態、寿命も異なります。今までは、その違い (個性)を生むのは、約60兆個の細胞のもととなる、遺伝子だと考えられてきました。しかし、遺伝子の数は2万2000個ほどで、そのうち99・9%は、だれもが持つ共通の遺伝子だといいます。

だとすれば、約70億人いる人間一人ひとりの違いを、人体の遺伝子だけで説明するには無理があります。それ以外にも何か影響を与えているものがあるのではないか-そのような推測は以前からあったものの、具体的に解明されるには至っていませんでした。

ところが近年になって、ある研究の目覚ましい進歩により、その答えが明確になってきました。それは、人体に生息する無数の微生物集団(細菌叢)=マイクロバイオームの研究です。

細菌の培養が不可欠だった従来の研究方法から、2003年に、細菌叢からまとめて遺伝子を取り出し、解析する方法が開発されたことで、マイクロバイオームの研究は進歩しました。

その結果、マイクロバイオームが人体に多大な影響を及ぼしていることがわかってきたのです。

 

 

一人ひとりが持つ細菌の種類は違う

人の腸内や口腔内、皮膚など全身に生息している常在菌は、およそ1000兆個。その遺伝子の総数は300万以上に及びます。これだけの数の遺伝子と、人間の細胞の遺伝子の組み合わせパターンの膨大さを考えると、人間一人ひとりの違いにも説明がつきそうです。

しかも、個人の細菌叢は、母親の産道を通って生まれたときから、乳幼児期までにふれるさまざまな人、モノから付着した細菌によって形成されます。ですから、一人ひとりが持つ細菌の種類は、血縁関係であっても全く同じということはありえません。

DNA鑑定でも区別できない一卵性双生児でさえ、パソコンのキーボードなどから採取した細菌叢で、識別可能だといわれています。

つまり、個性とは、私たちの体に住む細菌が作り出すものといっても過言ではないのです。

便秘だけでなくガンが治る人も多数

マイクロバイオームが人体に与える影響について、わかってきたことを一部紹介しましょう。

1つは消化・吸収への影響です。人は、ある種の植物由来の炭水化物を消化することはできません。ところが、人間の体内では腸内の細菌がそれらを分解してくれていたのです。おかげで、私たちはその代謝物を栄養素として摂取できているというわけです。

人体が作ることのできないビタミンB群も、腸内の細菌によって作られることがわかっています。

さらに、日本人の多くは、ノリやワカメなどの糖類を分解する細菌叢を持っています。私たち日本人が海藻類から栄養やエネルギーを得ることができるのも、細菌のカあってこそといえます。

そして、マイクロバイオームは免疫系にも大きな影響を与えています。特に、全身の免疫細胞の約60%が存在する腸には、最も多くの細菌が生息しています。これらの細菌が、人の体を健康な状態にコントロールしているのではないかといわれています。

逆にいえば、細菌叢が乱れ、その機能が低下すると、人は健康が維持できなくなります。

大阪市淀川区にあるe-クリニックでは、主にガンの患者さんを対象に、インターネット上で代替療法(西洋医学に替わるさまざまな治療法)や生活習慣のアドバイスを行っています。

ガン患者さんたちを見ていると、確かに便秘など、腸の調子が悪い人が多くいます。そこで、生活習慣の改善とともに、腸内細菌のえさになる微生物(プロパイオティクス)を摂取してもらうと、便秘が改善するだけでなく、顔つきや性格まで明るくなります。

炎症性の腸疾患の改善にも役立つ可能性が期待できる

また、頭痛や腰痛などの不定愁訴、さらにはガンそのものまで治る人が数多くいるのです。

69~80歳の男女10名を対象とした試験で、プロパイオティクスを1カ月摂取したら、免疫力の指標となる体温やリンパ球数が有意(偶然ではないこと)に上がったという結果も得られています。

ここで用いたプロパイオティクスは、乳酸菌・エンザミン(有用微生物植物発酵代謝物)・フラクタミン(納豆菌類)という3種を合わせたサプリメントです。これらの菌は、人体に生息する腸内細菌のえさになったり、細菌の活動を刺激したりするものです。

共生している細菌の種類は人によって違うので、特定の菌を体内に入れてもその人に合うかどうかはわかりません。それよりもえさや刺激となって、その人が持つ腸内細菌自体の活動を高めてあげることが有効なのです。

マイクロバイオームには、リンパ球をふやし免疫力を高める働きのほか、炎症をおさえる働きを持つ制御性T細胞を活性化する作用も示唆されています。そのため、炎症性の腸疾患の改善にも役立つ可能性が期待できるでしょう。すでに、プロパイオテイクスを摂取して、クローン病という難病が改善したという論文も発表されています。

抗生物質や添加物には注意が必要

マイクロバイオームの恩恵を受け、健康に生活していくために、日常生活でできることもあります。いちばんのお勧めは、腸内細菌のえさとなる発酵食品をとること。キムチや納豆を食べたり、みそ汁を飲んだりするのもいいでしょう。バナナやリンゴ、キノコ、野菜、海藻類などに多く含まれる食物繊維も、腸内細菌のエサになります。

一方で、カゼをひいたときなどに処方される抗生物質は、病原菌だけでなく、体内の常在菌まで殺してしまうので注意が必要です。同様に、添加物を多く含む加工食品も、できるだlナ控えたほうがいいでしょう。疲れやストレスをためず、規則正しい生活をすることも大切です。

今後、マイクロバイオームの研究がさらに進めば、新たな病気の原因の究明や、治療にも大いに役立つはずです。

 

 

-腸内環境について

執筆者:

関連記事

自分の腸と相性がいい乳酸菌を見つけることが便秘の解消には重要

死んだ乳酸菌は腸内の乳酸菌のエサとなる 便秘と無縁の腸内環境を整えるには、善玉菌を増やして悪玉菌を抑えるのが重要です。そのためには、善玉菌の援軍となる乳酸菌を積極的にとりたいものです。 最近では、ヨー …

腸内環境が乱れているとメタボになりやすい!改善策は多品目の食品を摂取すること

肥満になるかならないかは、腸内フローラが決めている 腸内で腸内細菌が形作る環境を、腸内フローラと呼びます。善玉菌も悪玉菌も含めた、腸内細菌叢の別称です。そして、実は「肥満は感染する」のですが、それには …

腸内環境を良くすれば心の病気も改善する

病巣は人間の根っこである腸にあった! 日本の登校拒否児童(小・中学校)は約17万5000人、うつの患者は約97万人。なぜ、これだけ医療が発達しているのに、うつやひきこもりを治せないのか。アルツハイマー …

便秘の漢方薬は、効きめが緩やかで副作用も少ないわけではない

服用後に腹痛や下帝を起こすこともある 医療の現場では、さまざまな場面で漢方薬を使うことが増えています。漢方薬は、その人の体質・病状・現れている症状などから病気を総合的に判断し、いくつもの生薬(植物や動 …

便秘改善のために下剤を常用するとクセになってしまう

下剤の常用で便秘を悪化させる人が多い 便秘がなかなか改善しないと、つい下剤に頼って排便を無理に促してしまう、という人はいます。そんな人は要注意です。便秘外来を受診する患者さんの中にも、下剤を常用してい …