便秘が治らない

なかなか便秘が治らない人にお役に立つブログ

便秘を改善する運動・動作

落下腸の便秘の改善に効果のある「腸戻し」で便の通過もスムーズに

投稿日:4月 4, 2017 更新日:

大腸内視鏡検査に30~40分もかかるケースがある

ねじれ腸の患者さんがへった一方で、2014ごろからふえてきたのが、やはり重症便秘である「落下腸」の患者さんです。落下腺は、ねじれ腸に有効な大腸ゆらしも、運動も、あまり効きません。それだけに、患者さんの悩みも深刻です。最近は、国立病院機構久里浜医療センターの水上健先生の外来の便秘の患者さんの約8割を占めています。

水上先生がねじれ腸や落下腸を発見したのは、内視鏡の検査がきっかけでした。水上先生は、ドイツでも100人以上の大腸内視鏡検査を行いましたが、ドイツの人たちに比べ、日本人はとても内視鏡が入りにくい。

大腸内視鏡検査は、熟練した医師なら、通常は2~3分で、最も奥の盲腸まで到達しますが、30~40分もかかるケースがあるのです。

そのようなケースの人たちの大腸は、例外なくねじれており、ひどい場合は骨盤内にひとかたまりになっていました。これでは、内視鏡が入りにくいわけです。

そこで水上先生は、内視鏡検査のときに、患者さん自身に腸を持ち上げてもらいました。落下腸の場合、下からしっかり腸を押し上げ、固定してもらうと、内視鏡がスムーズに入り、10分前後で終わります。

これを基に、水上先生が落下腸の便秘の改善に考案したのが、「腸戻し」です。内視鏡がスムーズに入るということは、便の通過もスムーズになるということですから、便秘の改善には大いに役立つと考えられます。

この腸戻しを、あるテレビ番組で、落下腸の便秘の人にやってもらったところ、その効果がハッキリと現れました。

一週間の腸戻しで下腹が15cm細くなった

Aさん(35歳・女性)は30年来の便秘。1週間ほど便秘が続き、おなかが苦しくなると、下剤で対処するという状態でした。レントゲン写真で診ると、大腸が下のほうに折り重なり、明らかに落下腸です。

通常、大腸の長さは80cmくらいですが、Aさんの大腸はたまった便の重みで170cmまで伸びていました。そして、ポッコリ飛び出した下腹部周りのサイズは111cm。「便が出ないときはズボンをはくにも四苦八苦」とのことでした。

Aさんには腸戻しを1日2度、朝食前と寝る前にしてもらいました。1日めの夜にはおなかがポコポコいい始め、2日めの夜は早くも便意を感じて、排便があったそうです。そして、4日め以後は、毎日お通じがつくようになりました。

1週間後、Aさんは体重が4kgもへり、下腹部周りのサイズは95・5cmに。15・5cmも細くなって、大喜びでした。

落下腸の人は、立っている状態ではおなかの下のほうに腸が落ちますが、逆立ちすると腸が上がり、本来の形に近づきます。Aさんも、やはりそうでした。

→落下腸の人の便秘を改善する方法「腸戻し」のやり方

 

 

-便秘を改善する運動・動作

執筆者:

関連記事

ねじれた腸が原因の便秘には「腸ゆらし」が有効

便秘の大きな原因の一つ 日本人の約5人に1人、女性は半数以上が便秘だといわれています。その大きな原因の一つが、日本人特有の「ねじれ腸」にあることが、最近わかってきました。 人体模型や人体解剖図で見る大 …

志室のツボ刺激で腸閉塞が改善!腸がゴロゴロとして活発になった

たまたま腸閉塞を防ぐツボ発見できた 腸閉塞は、なんらかの原因で腸の内容物が停滞し、詰まってしまう病気です。腸閉塞になると、激しい腹痛や腹部の膨満感に襲われ、治療には大変な苦痛を伴います。 腸閉塞になる …

美人女医も実感!便秘を改善する「腸マッサージ」」と「腰回し」

便秘が引き起こす症状も悪化していた 桶狭間病院精神科医の高木希奈先生の便秘歴は、医学部に進学した18歳のころにまで、さかのぼります。その主な原因は、1人暮らしを始めて食生活が乱れたことでしょう。 高木 …

手の甲刺激で冷えが取れ便秘や下痢が解消し腸の働きが回復していく

多くの慢性的な病態にも影響を及ぼす 手の甲心刺激は、大津接骨院院長である石橋輝美先生の経験から生まれたもので、これに患者さんへの治療経験を積み重ねて体系化した治療法です。その方法は、手の甲にある、全身 …

毎日きちんと「股関節回し」すると、便秘や肩こりも解消し、肌の調子もよくなってきた

股関節回しで6kgやせてウエストが7cm締まった静岡県 54歳 主婦の方の体験談です。 1週間便通がないことも珍しくなかった 島田市にある、田村章二先生が指導している「股関節回し」の教室に、私が通い始 …